初めての転職、年収アップ額大公開!

2016.3.1 公開 | 2017.3.17 更新

mv117

こんにちは。転職エージェント研究所のアイです。

誰もが一度は通る道初めての転職活動。いくら自分に自信があっても、多少の不安はあるはず。
私は転職活動を行ったことがないので、皆さんの気持ちが100%分かるわけではないのですが…転職ファインダーに寄せられた様々な転職の体験談から、初めての転職について徹底分析してみました。

どんな理由で初めての転職を決意したのか、初めての転職は何歳に行ったのか、そこで年収は上がったのか…初めての転職を考えている人にとって、絶対に知りたい情報を盛り込んだ、調査結果になっているので、ぜひご覧ください。

  • 転職ファインダマン

    転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

  • アイさん

    ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

  • 鈴木一郎

    転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを、毎回研究所に持ってくる。

初めての転職で悩むあなたへ

ふと、転職活動してて思ったんですけど…みんなこんな大変な思いをしながら転職ってしてるんですかね…?初めての転職活動だから、自分のやり方が正しいかどうかよくわかんないんですよ。
大変か大変じゃないかは、やっぱり人それぞれだな。楽しんで転職活動をしている人もいれば、悲壮感を漂わせながらおこなっている人もいる。ただ、初めての転職はほとんどの人が手探りで「本当にこれでいいのかなぁ?」って感じながらやっているんだ。
中途採用の面接や職務経歴書など、初めてのことばかりですもんね。不安になるのも分かります。
んー…そういった初めての体験だから不安ってのもあるんだけど、周りの転職している人がどうやって転職したか分からないから、周りと違う転職活動をしていないかどうか不安なんですよねー。自分の選択があってるかもわからないし。
ほう。具体的にはどんなこと?
たとえば、本当に今の年齢・立場で転職していいのか?もしかしたら初めての転職なら周りと比べて遅いんじゃないか…?、転職で年収が皆上がっているのか…?初めての転職で異業界に行くのってどうなんだろうか…?あぁ心配が止まらない…。
なるほど。じゃあ転職が初めての1628人の体験談から、初めての転職の実情を探っていこう!

初めての転職は何歳に経験する?

『鈴木さん、初めての転職はみんな何歳くらいにするか、わかるかい?』

どうなんだろう?やっぱり、みんな20代のうちに転職するのかな?

『ではさっそく、1628人の初めて転職した時の年齢のグラフを見てみよう。』

Graph Nowloading…

やっぱり、20代で初めて転職する人が多いんだ~。と、思ったら!30代で初めて転職する人もすごく多いですね!

『そうなんだ。確かに20代で初めて転職する人は多いが、30代以降になってから初めて転職するという人は、いくらでもいるんだ。
実は、「転職したい!」という気持ちが高まる転職のピークの時期は、みんなだいたい決まっているんだ。最初のピークは、入社1年目の23歳だ。』

確かに・・・、入社してすぐ辞める人って、結構いたかも・・・。

『そして、入社3年目くらいの25歳で2回目のピークが訪れる。3回目のピークは27歳だ。それを過ぎると、家庭の事情や会社の業績悪化など、転職の機会は人それぞれだ。』

23歳、25歳、27歳と、3回もピークが訪れるんですね。

『そうなんだ。では、それぞれの転職のピークの時期について、詳しく説明しよう。』

入社一年目の23歳

『入社一年目は、最初の転職のピークなわけだが、なぜだと思う?』

う~ん。やっぱり、自由に遊びまわっていた学生時代から、一気に社会人になるのが難しいのかな?俺も、社会人になったばかりのころは、朝起きられなかったしなぁ~。

『そのとおりだ。鈴木さんも、入社一年目に苦労したんだね。
学生時代ならちょっと授業に遅刻したり休んでしまったりしても、よかったかもしれない。でも、社会人になると、そんな生活を続けるわけにはいかないからね。
また、社会人になって初めて挫折を味わう人もいる。仕事に失敗して先輩や上司に怒られたり、初めて経験する接客や電話対応がなかなかうまくできなかったりすることもあるだろう。そういったストレスから逃げたいと思って、入社一年目で転職を考える人も多いんだ。』

確かにそうかもしれないですね~。・・・でも、それで転職してしまうと・・・。

『そうなんだ。そこで転職してしまうのは、とても危険だ。入社一年目の転職のピークに、軽はずみに転職してしまうのはおすすめできない。社会人経験がほとんどない状態で転職をしても、条件が下がってしまう場合がほとんどだからだ。
仕事で悩むことがあったら、会社の先輩や信頼できる友人に話を聞いてもらって、じっくりとよく考えた方がいいね。もちろん、しっかりと考えた上で転職して、若くても成功する場合もある。』

独断で決めてしまうのは危ないってことですね。

『その通りだ、入社一年目の転職は、なお一層慎重に考えて欲しい。』

入社三年目の25歳

『次の転職のピークは入社三年目の25歳だ。3年間やってみて、「自分がこの仕事に向いていない」、「この会社は自分に合わない」などと思った時に、転職を考えるようになる。今の仕事がどうしても好きになれない、または、自分に向いていると思えないと感じたら、転職を考えてもいいのかもしれない。
ただ、25歳という年齢はまだ若く、これから新しいことを始めようとするには向いているかもしれないが、社会経験が足らず自分や周りがよく見えていないせいで、転職に失敗してしまうこともある。
まずは、社内で異動を願い出て、転職せずに環境を変えてみるという手もある。それでもダメだったら、転職を本気で考えてみても良いのかもしれないね。』

なるほど。まずは社内で環境を変えてみると、違うことが見えてくるかもしれないなあ・・・

入社五年目の27歳

『三年目のピークを乗り切ると次に訪れるのが、27歳の時だ。5年も仕事をしていれば、自分自身や周りがよく見えてくる。「定年までこの会社で働きたいと思えない」、「もっと条件の良い会社で自分のスキルを活かしたい」など、しっかりと目的意識を持って転職を考え始める頃なんだ。
逆に、この時期になっても自分の姿や周りの状況を把握しないで、ただ「今の仕事が嫌だから、転職したい。」と思っているようでは、転職しても成功をつかむ確率は低いのではないだろうか。』

なるほど・・・、20代は悩みが多いんですね・・・。それで、30代になると、どうなるんだろう?

30代以降にも転職の機会はやってくる

『20代に訪れる転職のピークを乗り切って30代になっても、油断はできない。
30代になると、すでに結婚して子供が生まれたり、家を持ったりする人が多くなる。すると、
・子供の学費や家のローンなどを考えると、今の年収ではやっていけない
・夫や妻の実家の近くに家を建てたい
など、自分の都合だけではなく、家族の都合で転職を考えなければならなくなることもある。
もちろん、
・もっと良い条件の会社に転職したい
・自分がやりたい仕事ができる会社に転職したい
など、ステップアップを目指して転職する30代もいる。』

そうか・・・、むしろ、年を取ればとるほど転職理由が増えていく感じがしますね・・・。

『ただ年齢が増すにつれて転職求人数が限られてくる傾向にあるから、気を付けよう。』

う~ん。シビアに考えていかなければならないことばかりだ・・・。

初めての転職で気を付けるべきことは?

初めての転職って、何をどうしたらいいのか全く分からないんですけど、気を付けた方がいいこととか、教えてくださいよ!

『もちろんだとも!
誰でも、初めての転職をするときには、勝手がわからないものだ。だからこそ、転職についての情報をしっかりと調べて、失敗しないようにしっかり準備するのが大事なんだ。』

そうなんだ!どんなことを準備したらいいのか、教えてください!

今の自分の状況を客観的に見よう

『転職をする前に、まずは、今の自分の状況を客観的に見ることができているかが重要だ。
例えば、
・仕事内容に対する満足度
・給与や待遇に対する満足度
・人間関係に対する悩みはないか?
など、自分の今の状況をしっかり把握することが大事なんだよ。』

それは、なぜなんですか?

『うん。自分の状況を正しく把握していないということは、地に足がついていないのと同じことだ。自分の状態を把握しなければ、現状を改善することはできない。
例えば、「もっと年収をアップしたい!」と思ったとする。でも、ただやみくもに年収アップしようと思っても、ダメなんだ。自分の実力、今の会社の待遇、業界内の給与水準がわかっていないと、「自分の実力で今の給与が妥当か」「転職した時に給料が上がるのか」ということがわからない。
「仕事がきつい」という理由で転職したい時も同じだ。今の仕事量が妥当なのかそうでないのかということを把握しなければ、結局転職しても同じ仕事量になるかもしれない。』

なるほど、そうか~・・・。

『わからなくなった場合は同業の先輩や友人に相談してみるといい。』

第三者からの意見も大切ですね。

『転職エージェントのコンサルタントに聞いてみるのも一つの手だ。彼らは何人もの転職理由を聞いてきているプロだから、的確にアドバイスしてくれることが多い。』

ここでエージェントを活用するのもアリなんですね。

企業情報をしっかり調べよう!

『次に重要なのは、企業情報をしっかり収集することだ。』

ふむふむ・・・。

『転職する側としても、自分に合った企業に入りたいはずだ。だから、企業の情報をしっかりと収集することは、企業にとっても転職する側にとっても非常に重要なんだ。それに、面接を受ける企業のことを何も調べないで面接に来た人を採用する面接官などいないよな。』

でも、どんな情報を調べればいいんですか?

『まずは、企業の基本情報だな。企業理念や社風といったことももちろん重要だし、業務内容や扱うサービスや商品についての知識ももちろん必要だ。
そして、一番大事なのは中途採用情報だね。その企業がどんなスキルや役割を求めているのかを把握しなければならない。どんなにすばらしいスキルを持っていても、企業が求める人材とは異なるスキルだったら、いくらアピールしても無意味だからね。
企業のホームページなどでしっかり下調べすることが重要なんだ。』

確かにそうですね。

人脈を作って、人に相談しよう!

『そして最後に、転職で重要なのは人脈だ。』

それって、転職先を紹介してくれる人脈を作れってことですか?知り合いはいるかもしれないけど、転職先を紹介してもらうほどじゃないなぁ・・・。

『もちろん、転職先を紹介してもらえるほどの人脈があれば、それにこしたことはない。しかし、若いうちはなかなかそんな人脈は作れないよな。
鈴木さんには、学生時代の同期や先輩・後輩に、他の企業に就職した知り合いはいないのかい?』

あ、それならいますよ。あいつら、元気にしてるかなぁ~?

『その中に、転職したいと思っている企業にいる知り合いがいれば、その企業の生の情報を仕入れることができる。希望の企業に知り合いがいなくても、他の企業で働く人の話を聞けば、転職活動に役に立つ情報を得ることも多いはずだ。
そして、転職活動で意外と重要なのが、一人で転職活動をしないことだ。一人で考え込んでしまうと、どうしても独りよがりの考え方になったり、ネガティブな思考に陥ったりしがちだ。そうならないためにも、誰か相談する相手がいた方がいいんだよ。』

よし!俺も同期と連絡を取って、飲みながら相談するか!

『鈴木さんには、アイさんという頼りになる後輩がいるじゃないか!』

私で良ければ、相談に乗りますよ?
あ、はい・・・ありがと・・・。

初めての転職でも大幅年収アップ?実態と年収アップのコツ

でも、転職するからには、絶対年収アップさせたいんですよね~。年収をアップさせるコツとかないんですかね?

『もちろん、ある。
まずは、初めての転職で年収がどれだけ上がったのか、または、下がったのか?をあらわすグラフを見てほしい。』

おぉ!ほとんどの人が上がっていますね!
初めて転職した人1628人の平均年収アップ額は49.4万円、年収がアップした人は全体の81%というデータが出ています。
すごい・・・、初めての転職でも、ほとんどの人が年収アップしてるんだ!

『では、初めての転職でも年収をアップさせるコツを教えよう!それはずばり、
・年収アップの具体的な目標額を決める
・年収額の最低ラインをはっきりと提示する
・年収アップの根拠を明確にする
・企業が求めるニーズを把握する
ということだ。
結局、転職で年収アップするためには、企業側と年収交渉を重ねるしかない。だから、その時に効果的に交渉できるかどうかということが、最も重要なんだ。
年収交渉をする際に、具体的な額を示さずにただ何となく「年収アップしたいんです!」などと言っても、無意味だ。「○○万円アップさせたい。その根拠は、△という資格をもっていることです。」と、企業のニーズを把握したうえで、具体的な年収交渉をすることが絶対に必要なんだ。』

そ、そうなんだ・・・。でも、年収交渉なんて、したことないしなぁ・・・。
初めて転職する人は、ほとんどが年収交渉を苦手としています。ですから、転職希望者の代わりに年収交渉をしてくれる転職エージェントを使うのが、おすすめなんです。
転職エージェントが代わりに交渉してくれるんだ!それは、ぜひお願いしたい!

初めての転職人気の転職エージェント

でも・・・転職活動をしたことがないから、どんな転職エージェントを使ったらいいのか、わかりません!どうしたらいいんですか!?教えてください!所長!

『もちろんだとも!利用者が多いリクルートエージェントとマイナビAGENTのような大手の転職エージェントは、やはり外せないね。大手の特徴としては、
・求人数が多い
・求人の種類が幅広い
・ベテランのエージェントが多数在籍している
・転職初心者向けの面接リハーサルなどのサービスが充実している
という、初めての転職者にとってうれしいメリットがたくさんあるんだ。

大手ではないエージェントを使うメリットも、もちろんある。それは、
・得意な業界や職種に特化したエージェントで、そこにしかない求人を探すことができる
・そのエージェントにしかないサービスもある
というメリットだ。

業界や職種が絞れている場合は、希望の業界や職種に特化したエージェントを選ぶのもいいと思う。
また、転職エージェントは一社だけしか使えないというわけではない。むしろ、何社も登録しておいた方がいいんだ。なぜなら、複数のエージェントに登録することで
・自分に合ったエージェントを選ぶことができる
・それぞれのエージェントの良いとこ取りができる
というメリットがあるからだ。
大手のエージェントを2つほど登録して、それ以外に自分の好みのエージェントをいくつか登録するのが、転職エージェントを使う時の王道なんだ。』

なるほど!早速転職エージェントに登録だ!

転職ファインダーでエージェントを探す

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

【女性の転職白書】年収の生データも大公開

4200人の年収アップ額も大公開

初めての転職、年収アップ額大公開!

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る