30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

2016.1.26 公開 | 2017.3.15 更新

mv114

こんにちは。転職エージェント研究所のアイです。
30代の転職は、20代の転職と違いこれまでの経験や実績を最大限生かした転職となります。今のお仕事で成果を出し、チームを指揮する立場にいる人も少なくないでしょう。そういった経験を生かし、新しいチャレンジを行う方は多くいます。

ただ、企業が30代の方を採用する際は即戦力を求めるため、全く違う業界・職種の転職は少し難しくなってきます。
家庭や両親の介護などのプライベートが仕事に大きく影響することもあります。
20代のころは自分の時間の多くを仕事に割けるのに、30代に入ってから、他のことに時間を割かなければならなくなる。そんな中で30代の方はどんな転職をしているのでしょうか。

30代の転職について、私たちが運営している「転職ファインダー~転職エージェントの真実を除く~」というサービスに寄せられた転職体験記から、徹底分析をしていきます。
実際に30代で転職をした2430人の平均年収アップ額も大公開。転職をする前に、周りの30代の転職歴を覗いてみてください。

  • 転職ファインダマン

    転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

  • アイさん

    ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

  • 鈴木一郎

    転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを、毎回研究所に持ってくる。

30代は転職のハードルがたくさん?

前、20代の転職についていろいろ教えてもらったんですが、30代になると全然違うんですか?
30代だと大きく転職が変わってくる。ひとえに30代と言っても、30代前半と後半、家庭を持つ人もたない人、異業種と同業種の転職など、場合分けをすればそれぞれ全然違う転職体験をしているんだが、一つ言えることは、20代とは全然違う!ということだ。
確かに30歳の人と39歳の人は全然違いそうですね。でも家庭を持つ人と持たない人って、仕事と何の関係があるんですか?
一概には言えないが…家庭を持つと、安定や安心を求める傾向が強い。
「年収が下がったり、地方への長期出張があったりする企業に転職をすることを奥さんに止められた」という話もよく聞く。
家庭を持つって大変ですねぇ…。
まぁそんな中でも、生まれて間もないベンチャー企業に転職をする人、まったく異業界へ転職をする人もいる。
よし、今日は30代の転職について調べてみよう!来年は鈴木さんも30歳だしな。

30代の転職経験者は、平均年収〇〇円アップ!?

『20代の転職経験者は平均して50万円アップしていた。では、30代はどうなるのか?それがわかるこのグラフを見てくれ。転職エージェントを使って実際に転職をした2430人の30代の人たちの転職前後の平均年収比較をグラフで表したものだ。』


むむ・・・!転職後の年収が増えてますね!

『そうなんだ。30代の場合、平均年収は約55万円アップしている。
実は、30代の転職で年収をアップさせる人には、だいたい決まったパターンがあるんだ。そのパターンとは何か、詳しく説明しよう。』

それは、ぜひ知りたいです!

企業が欲しがる「強み」を持っている人は年収が上がる

『まずは、企業が欲しがる「強み」を持っている人は、ほとんどが転職で年収を上げることができる。

「強み」?それは、どんなことですか?

『うん。それは、例えば、次のようなことだ。

・企業が必要としている資格を持っている
・仕事に役に立つ技術やスキルを持っている
・実務の実績や経験をふんだんに持っている

企業としては仕事に必要な資格を持つ社員がいなければ、その資格を持っている人を中途採用で欲しがるのは自然な流れだ。
その企業にとって必要な資格を持つ人なら、「今の職場よりも高い年収を出ししますよ」ということになる。だから、企業が必要な資格を持っている人は、転職には強いんだ。

しかし、誤解してほしくないのは、「資格があれば転職後に必ず年収が上がるわけではない」ということだ。
ここでいう「強み」の本質とは、「資格」ではない。「企業が必要としている」という部分なんだ。
だから、いくら取得が難しい資格を持っていても、目指す企業にその資格保有者が大勢いれば、その企業から必要とされる資格ではなくなる。』

需要と供給のバランス、ということなんですね・・・。

『そういうことだ。
一方、仕事に役に立つ技術やスキルは実に幅が広い。
エンジニアのものづくりの技術や専門的な技術から、経営の知識、事務処理能力、営業手腕、人間関係を円滑にするヒューマンスキルだって必要としている企業はある。』

でも、企業が欲しがる「強み」がどんなものかって、よくわからないな・・・。
企業が欲しがる人材像と、その条件に合致する転職者の出会い、それが転職活動で最も重要なことなんです。
欲しい人材を探すために、企業の人事部はとても苦労しています。そこで、企業と転職者の橋渡しをする大事な役割を果たすのが、転職エージェントです。
へぇ・・・。転職エージェントがその辺を何とかしてくれるの?

転職エージェントを上手に活用して年収アップ!

転職エージェントは転職者の年収が上がれば上がるほど、もうかる仕組みになっている。エージェントと転職者の利害は一致しているわけだ。
だから、転職者は思う存分、エージェントを利用していいんだ。

エージェントは転職後に年収を上げるための様々なノウハウを持っている。
例えば、エージェントは企業が欲しい人材の情報を把握している。だから、アイさんの言う通り企業と転職者をうまくマッチングさせることができるんだ。
自力で転職活動をする場合は、企業が欲しい人材を知るためには企業のホームページなどから中途採用情報を見ることになるだろう。もちろん、自力で転職活動をするのは決して悪いことではないが、それだと本当に欲しい人材の情報が表面的にしかわからないこともあるんだ。

しかし、転職エージェントは企業と直接つながっているから、より詳しい企業の情報を教えてくれる。そして、多くの企業の求人情報を保有しているから、それぞれの転職者に合った企業を紹介してくれるというわけなんだ。』

転職エージェントって使えるんですね~。でも、自分の「強み」は何?って聞かれても、いまいちわからないんですよね。
自信を持って「これです!」って言えることなんかないかも・・・。どうしよう・・・。

『そんなことはないぞ。鈴木君は、確か7年くらい今の職場で頑張っているんだろう?だったら、営業のノウハウや経験は、その分きっと身についているはずだよ。』

そうかな・・・。

『転職エージェントを使うことで年収アップにつながる理由は、そこにもある。
自己分析のやり方を教えてくれたり転職希望者にヒアリングしたりすることで、それぞれの「強み」を引き出してくれるんだ。今まで何人もの転職者にヒアリングしたノウハウがあるからね。
転職エージェントは「企業と転職希望者との橋渡し」「転職希望者の強みを引き出す」という転職における重要な役割を果たしてくれるんだ。

転職エージェントを使わない手はないんですね!

転職ファインダーでエージェントを探す

30代前半・後半それぞれの転職理由とは?

『では次に、30代の転職者の転職理由について、見てみよう。20代に比べると、だいぶ変わってくるんだ。それはどんなことか、見てみよう。』

30代の転職理由1:収入をもっと増やしたい

『鈴木君は、収入をもっと増やしたいと思っているかい?』

そりゃあもう!いつも、飲みに行くお金がなくて、カツカツですよ~!

『はっはっは!そうだよな!
だが、30代になると、収入アップを目指す理由が他にもいろいろ出てくるんだ。』

そうなんですか?

『そうだ。やはり、家庭を持つということが、一番大きいね。
30代と言えば結婚して子供がいてもおかしくない年齢だ。
人によっては、マイホームを持つことも考え始めている人もいるだろう。そうなると、やはり安定した収入を得られるようになりたいと思うはずだ。

・扶養手当や家族手当などの福利厚生制度が整った企業に転職したい
・収入が安定していないのは不安だから、安定させたい
・今の雇用形態は非正規雇用だから、正社員になりたい
・そもそも今の職場は収入が低すぎる

などという理由で転職する人は多いんだ。
それに、配偶者の都合というものもある。例えば、

・今は転勤が多い職場だが、妻に仕事を辞めてほしくないから転職したい
・子供ができたから育児休暇が取れる職場に移りたい
・夫や妻の実家に近い場所に引っ越したい

などという、配偶者や子供のことを考えて転職を考える人もいるんだ。』

30代の転職理由2:会社の将来に不安がある

『30代になると、20代ではわからなかった会社や業界のことがよく見えてくる。
若いうちには関係なかった社内での派閥争いや会社の経営悪化など、30代に入るとダイレクトに関係してくる。

もちろん、会社の経営については20代でも関係あるのだが、若いうちはあまり会社の将来というものについて深く考えない人が多いものだ。
また、30代になると、家庭を持つ人も多い。だから、沈みゆく船のような会社に居続けて家族もろとも沈没するわけにはいかないんだ。』

確かに・・・、若い頃はあんまりそういうこと考えてなかったかも・・・。っていうか、今もあまり考えてないですけどね!
そういうこと、もっとまじめに考えた方がいいと思いますけど・・・。
・・・。

30代の転職理由3:キャリアアップしたい

『30代になると、将来のことを考え始める。20代ではがむしゃらに仕事を頑張ってきたが、30代になると仕事をしっかりこなせるようになり、部下を指導する立場になる人も多い。
そして、自分や周りの環境がよく見えてくるようになると、

・今の仕事のスキルは一通り身についてしまったから、ステップアップしたい
・もっとやりがいがある仕事を見つけた
・自分のスキルがあれば、もっと稼げる職場に移れるはずだ

といった、将来に向かってキャリアアップしたいという思いが出てくるのは当然のことなんだ。
今の職場でキャリアアップができればそれにこしたことはない。
しかし、それができない場合は、転職を考えなければならない。』

むむ・・・。大人の階段を上ったということなんですかね~。

「大企業の歯車として働いているだけではやりがいが感じられない」と中小企業やベンチャー企業にあえて転職する人もいる。
逆に、安定を求めて大企業に転職する人もいるしね。

会社の規模だけではなく、違う業種や職種に挑戦したいという人もいる。30代は異業種や異職種に挑戦する最後のチャンスだからね。
長い人生を考えると、自分に合った会社でキャリアアップを目指したいと考える人が多いんだ。』

30代の方はどうやって転職活動をすべき?30代の転職成功ガイド

30代になると、転職事情は20代の頃と比べて全然変わってくるんですね。俺ももうすぐ30だし、30代で上手に転職活動する秘訣を教えてください!

『もちろんだとも!』

30代転職の秘訣1:仕事の実績をアピールせよ!

『30代の転職で重要なのは何といっても、「仕事の実績をアピールすること」だ。
20代では実績がなくても「素直さ」と「体力」と「やる気」があれば、なんとかなったかもしれない。
しかし、30代ではそれは通用しないんだ。30代になると「仕事ができて当然」と思われるからね。

仕事の実績を上手にアピールするためにはどうしたらいいか?
それは、実績を具体的な数字を使って説明することだ。
「○○円規模の契約を取った実績があります」「新規契約を○社獲得しました」「○○人が所属するプロジェクトを統括していました」
など、同業者が聞けば「なるほど、それはすごい」と思うような数字を出せば、一発で実績のすごさを認めてもらえるだろう。

ただ、数字だけでなく、それに至った過程を伝えることも必要だ。
その実績を出せたのがたまたまなのか、実力を持って実績を出せたのかは、その数値に至るまでの過程を知らなければ把握できないからね。
数字だけで自慢のように面接で話してしまうと、うそ臭く感じられてしまうこともある。』

30代転職の秘訣2:リーダーとしての資質をアピールせよ!

『30代の転職で重要なのは実績だけではない。30代ともなると、若い人たちをまとめるリーダーになる世代だ。
30代を過ぎてもずっと現場の作業者として働き続けられる人はあまりいないだろう。リーダーとして部下を引っ張れる人材を求めている企業はとても多いんだ。だから、

・若い人を教育した経験
・部下を取りまとめてチームを率いた経験
・一定期間プロジェクトの責任者になった経験

などを、具体的にアピールして、リーダーとして働けると思われることが大事だ。

30代転職の秘訣3:入念な情報収集をせよ!

『そして、なんといっても重要なのが、入念な情報収集だ。
「転職を衝動的に思い立って、とりあえず転職する」などということは、絶対にしてはいけない。

「収入が下がった」「待遇が悪化した」など、ただでさえ転職にはリスクが付きまとうものだ。
それなのに、情報収集をしないまま衝動的に転職などをしてしまっては、失敗するのはわかりきっていることだ。
転職活動を成功させるためには、企業の情報をしっかり収集することが大事だ。

だが、働きながら転職活動をすることが多い30代は、なかなか情報収集する時間が取れない。だから、転職エージェントは忙しい30代の転職活動の良きパートナーになってくれるんだ。』

転職エージェントは求人情報を提供してくれるだけではありません。
求人情報の中でわからないことがあれば、直接企業に問い合わせてくれます。だから、所長がおっしゃるように入念な情報収集をするにはピッタリなんです。
そうなんだ~。じゃあ、早速転職エージェントのことをもっと詳しく教えてください!できれば、年収アップした人が多いところを教えてほしいな!

30代の方が実際に使った人気の転職エージェント

『では、実際に使った転職エージェント30代の利用者数と、平均年収アップ額のデータを見てみよう。』

『この中から、平均年収アップ額が高い転職エージェント3つを紹介しよう。』

type転職エージェント

『求人数は約1万件以上、このうち非公開求人は約7千件以上と求人数は他に比べると少ないが、IT・通信業界、メーカー、クリエイティブ職への転職実績には定評がある。
利用者の年収アップに力を入れており、30代の平均年収アップ額は57.75万円と高いものになっている。』

type転職エージェントをチェック

リクルートエージェント

『リクルートエージェントは最大手の転職エージェントだ。求人数は約13万3千件以上、このうち非公開求人は約11万4千件以上とその規模は多い。30代の平均年収アップ額は57.43万円だ。出会える求人も多く年収アップ率も高いから、やはりはずせないエージェントの一つだろう。』

リクルートエージェントをチェック

マイナビAGENT

『マイナビAGENTの求人数は約2万5千件以上、そのうち非公開求人が約2万2千件以上と大規模な転職エージェントには及ばないかもしれない。しかし、IT業界、営業職、メディカル職、クリエイティブ職にとても強い。だから、これらの業界や職種を目指す人は登録必須のエージェントだ。
30代の平均年収アップ額は53万円と高いのも、見逃せないな。』

マイナビエージェントをチェック

ふむふむ・・・。
転職エージェントの重要な役割として、転職希望者に代わって企業と年収交渉をしてくれるというものがあります。
年収交渉が苦手という人は多いですから、年収交渉してくれる転職エージェントは使った方が得だと思います。
年収交渉なんて俺には向いてなさそうだし、誰かがやってくれるなら、ぜひお願いしたいね。

『仕事をしながら転職活動をするというのは、至難の業なんだ。
だから、日程調整などの雑務を請け負ってくれたり年収交渉をしてくれたりする転職エージェントは、忙しい30代の転職をしっかりサポートしてくれるだろう。』

転職ファインダーでエージェントを探す

年齢別の転職情報に関しては、以下の記事もあるので、チェックしてみてくださいね。
転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

【女性の転職白書】年収の生データも大公開

4200人の年収アップ額も大公開

初めての転職、年収アップ額大公開!

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る