転職を悩んでいる人必見!転職を決意した人のきっかけから見る適切なタイミングとは?

2017.5.17 公開

re_ixta_28152376_L-min

心のどこかで『転職したい』と思っていても、なかなか踏み出せない人は多いのではないでしょうか?

転職はプラスの面もあれば、マイナスの面もあるので慎重にいきたいですよね。
ここでは、転職を決意するきっかけと、転職の適切なタイミングを紹介します。

転職を決めるきっかけ

現状は転職する程なのか自己判断するのは難しいと思いますが、ここで紹介するきっかけに該当するなら、思い切って転職に踏み出しても良いかもしれません。
是非参考にしてみてください。

職場の人間関係

転職を決意するきっかけとして非常に多いのが職場の人間関係です。
人間関係は仕事をしていく上でもとても重要な要素でもありますよね。

どんなにやりがいを感じる仕事であっても、人間関係がうまくいってなければ、気持ちよく仕事ができずにストレスが溜まってしまいます。

特に上司との人間関係に悩んでいる人が多く、精神的に追い詰められた結果、うつ病になってしまう人もいます。
このように、職場の人間関係は転職を決意する大きなきっかけとなるのです。

給料や待遇への不満

給料や待遇に対して不満があり、納得がいかないという理由で転職を決意する人も多いです。
給料や待遇は仕事に対するモチベーションにも繋がりますし、生活の質にも影響を与えます。

成果を残したにもかかわらず、それ相応の賞与や昇給がなければ納得できないですし、モチベーションも低下してしまいます。

頑張りを認めてもらえず、正当な評価をされないことで、転職を決意する人も多いのです。

事業内容の変化

会社が生き残っていくために事業方針の見直しを随時行っているところもあると思います。
社員には納得してもらいたいところですが、変化について行けない、賛同できないという社員も存在します。

事業方針の見直しによって、突然の人事異動も起こるかもしれません。
こうした人事異動では望んでいない部署に配属されることもあるでしょう。

入社当初に自分が希望していた職種や事業方針となれば、それが転職へのきっかけとなり得るのです。

勤務時間への不満

最初の頃と比べ、勤務時間が大幅に増えたり、毎日残業しても仕事が終わらず、休日も出勤を強いられる会社も存在します。

また、激務をさせられているのに残業代が支給されないケースもあります。
プライベートの時間を侵略され、自分が追い詰められてしまうのでは何のために働いているのか分からなくなりますよね。

こうした勤務時間の不満も転職を決意するきっかけとなるのです。

他にやりたいことがある

転職を決意するきっかけはネガティブな理由ばかりではなく、ポジティブな理由もあります。
それは他にやりたいことが見つかった場合です。

仕事をしていく中で自分の適性に気づき、他の仕事をしてみたいと思うようになったり、昔からの夢にもう一回挑戦しようと考えるようになって転職を決意する人もいます。

転職する適切なタイミング

いざ転職の決意がついたとしても、焦ってはいけません。

転職には必ず押さえておかなければならない適切なタイミングがあります。
そのタイミングを誤ってしまったら、望んでいたような良い形で転職ができない可能性があるので注意しましょう。

春と秋がおすすめ

おすすめのタイミングは3~4月の春時期と、9~10月の秋時期です。

この時期は年度切り替えの時期で、退職者が出やすく、それに伴って後任者の募集を多くかける傾向にあります。

また、新規プロジェクトが始まる時期でもあるので、中途採用の求人数も増加してくるのです。

勤続年数が最低でも1年以上が理想

転職する際には勤続年数も重要な要素となります。

勤続年数3年以上であれば、忍耐力や継続力があると一定の評価を得ることができるでしょう。

近年は、勤続年数にあまりとらわれない採用を行っている企業も増えてきてはいるようですが、まだまだ勤続年数が短い人に対する厳しい声もあります。

勤続年数が短い場合は”早期離職”を懸念されてしまい、マイナスの印象を与える可能性もあるので、勤続年数は最低でも1~3年以上になったタイミングで転職活動を始めてみましょう。

ただ、やむを得ない事情があって、1年未満で転職を余儀なくする場合もあるかと思います。
そういった事情を理解してくれる企業もありますので、無理して仕事を続ける必要はありません。

第二新卒も狙い時

第二新卒とは、新卒で入社して、継続年数が3年未満の人のことをいいます。

第二新卒であれば、まだ会社の色に染まりきっていないということが大きな要素となります。

勤続年数が少ないとはいえ、社会人経験が多少なりともあるので、育成もしやすいと、年々需要が増してきている傾向にあります。

転職の決意ができない人は

転職を決意するきっかけを紹介しましたが、それでもあと一歩のところで決意できない人もいると思います。
そんな人は、考え方を少し変えてみることで踏み出すことができるかもしれません。

動機をポジティブに

転職する動機がネガティブだと、決意に至るまでが遠くなってしまいがちです。

『今の会社にもいいところはあるかも・・・』
『辞めて本当にいいのか、うまくいくのか・・・』

このように少しでもネガティブな考えがあると、何度も足踏みをしてなかなか転職には踏み切れません。

転職することは『逃げ』だと思っている人もいるかもしれませんが、それでもいいのです。
満足度の低い今の会社で時間を費やす必要はありません。

『新しい会社の方が自分にとって得だ』とポジティブに思うことができれば自然と決意はできるものです。
大事なのは自分の弱さに打ち勝つことです。

成長しているかどうか2年後をイメージ

転職に迷っている人は、今の会社にいてスキルアップしているか、自分が成長できているかどうかを考えてみてください。

また、2年後の自分はどんな風になっていたいのかをイメージしてみるのもいいでしょう。
イメージした自分になるには、今の会社のままでいいのか、それとも転職した方がいいのか。

なりたい自分になるための選択肢のひとつが転職です。
転職は自分自身が変わるきっかけでもあるのです。

転職で迷った時は、いろんな要素を総合的に考えるのも大事ですが、自分が成長できている実感を得られているかどうかが最も重要な要素といえるでしょう。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職準備や気持ちを整えよう

ブラック企業を回避して転職をする方法

あなたに合う転職情報、届けます

IT業界未経験者向け転職マニュアル!IT業界の基本と転職術

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職準備や気持ちを整えよう

「仕事辞めたい」と検索するあなたへ

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る