仕事が辛いと思った時にするべき思考法

2017.2.27 公開

re_pixta_15459308_L

仕事が大変すぎて逃げたいと思ったり、辛いと感じている方向けに、仕事の辛さを解決する方法を伝授します。

仕事が辛いと感じている時は誰しもあるかと思います。
そんな時に、どうすれば良いか頭の中がパンクしそうなときもありますよね。

本記事では仕事が辛いと思った時に、辛さを解消するための思考法をご紹介します。

仕事が辛い事は良い事だと理解する

まず、仕事が辛いと思う事はとても大事であることを理解しましょう。
仕事をするうえで辛い事は誰でも経験する事ですし、辛い事は乗り越えるためにあるものです。
ここでは、辛いと思っている事にどういうメリットがあるのかをご紹介します。

気遣いができる人である

仕事が辛いと感じるのは、とても良い事なのです。
辛いと感じるのは、会社やお客さんの期待に応えようと思っているからです。
周りの事を良く考え、自分の貢献度が会社に直結している事をよく理解しており、自分が終わらないと会社に迷惑が掛かってしまうと心のどこかで考えているはずです。

その優しい気遣いができている事で、仕事が辛いと感じてしまっているのかもしれません。

しかし、気遣いをしすぎる事で、疲れてしまいますよね。
そのような時は、人にしている気遣いを、自分にもしてあげる事が重要です。
そのため、自分を褒めてあげる事がとても大切です。

誰よりも努力をする人である

仕事を辛いと感じるのは、自分の限界を超えて仕事をしているという事です。
つまり、自分をもっともっと高めたいと思う気持ちが、仕事に辛さを感じているのかもしれません。
それにより、仕事への辛さを考えているあなたは、とても努力家であり、いつか必ず大きな成果を手にできるはずです。
今の仕事への辛さは、必ず今後に活きてきます。
そのおかげで、自分を追い込み、仕事に辛さを覚えているのかもしれません。

仕事に対して強く責任感を持てている人である

仕事に辛さを感じているのは、全部自分のせいだという強い当事者意識があるからです。

1つ1つの仕事の大事さを、自分で理解しており、達成しない事で、自分の納得しない結果になると分かっているのです。

そのため、仕事に対する責任感を人一倍強く感じているのかもしれません。

しかし、それは素晴らしい事であり、責任感を強く持つことは社会人には必須のスキルです。
1つの仕事に責任感を強く持ち、最後まで諦めない姿勢でいれば、どんな仕事にも今後対応できるはずです。

仕事が辛いと感じた時の思考法

辛いと思った事は、実は良い事だと説明しましたが、常に辛い感情を抱えたまま仕事をするのは大変苦しいかと思います。
ここでは、辛いと感じた時にするべき思考法をご紹介します。

辛い事を全部メモに書き出す

仕事がつらいと感じた時は、何に辛いと感じているのかを全てまとめましょう。
今辛いのはなぜだろう、辛い事を解消するにはどうしら良いだろうなど、思うままに自分の辛いと思っている事などを書き出してみるのです。

普段は考えがちですが、書いてみる事で、辛い事を可視化できるので、頭の中の不安を取り除く事が出来ます。

頭の中で辛さを抱えていると、仕事に集中できませんよね。
頭の中の辛さを、全部書き出し、一旦思考をクリアにする事はとても大事です。

ファイルに入れたら、しばらく見ない

一通り自分の辛さを書き出したら、ファイルにしまい、しばらく見ないで置きましょう。
書いた後に見返すと、辛さを再度思い出してしまうため、メモに全て書き出したら、ファイルにしまい、しばらく放置しましょう。
これをよく<強調>思考の発酵と言いますが、考えたことをしばらく寝かせると、気付いた時に斬新なアイデアが出ます。
例えば、昨日考えていた事がどうしても解決できない時に、翌日の朝になっていると簡単に解決しまったという経験はありませんか。
思考の発酵を活用して、仕事の辛さを一旦寝かせて、辛さを緩和しましょう。

時間が経ったら見返す

ファイルにしまったメモを、自分の気持ちに余裕がある時に見返してみましょう。
時間が経ってから見返す事で、自分の書いたことを俯瞰してみる事ができ、当時の心情を見る事で、辛い時はどんな時かを知れる良い時間になります。

辛い時にどんな事を思い、辛くなった時にどう対処したかを知る事ができれば、また同じような機会に出会った時に難なく対処できますよね。
これを繰り返し行う事で、<強調>自分が辛い時の対処法を自分自身で作る事ができます。

最後に

いかかでしたでしょうか。
仕事で辛い事は自分にとって良い事だという事をご紹介しました。
加えて、本記事を参考に、辛い事をメモに書き出し、解決法を考えるために、ファイルで長期間寝かせ、見返す事で自己解決能力に非常に役立ちます。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る