グループディスカッションのコツと効果的な練習方法3選

2017.2.26 公開 | 2017.5.8 更新

re_pixta_28098569_L

就活で、グループディスカッションで失敗して、苦い思いをしたことがありませんか?
また、グループディスカッションが難しそうなイメージがあり、練習しておきたいと言う方も多いと思います。

企業も採用する学生を決める選考過程のひとつとして重要視しているグループディスカッション。
ぜひとも選考通過したいですよね。

そこで今回は、グループディスカッション を通過するためにやっておくべき練習方法をご紹介します

グループディスカッションの評価軸

企業は、グループディスカッションを通して、対人能力を見ています。
この場合の対人能力とは、「協調性」「リーダーシップ」「傾聴力」です。

つまり、これは入社してからどんな社員になってくれるかを推測する際に、とても役立つ情報になるのです。

ですが、もちろん対人能力だけが高ければいいという訳ではありません。

論理性、知識といった個人の資質も必ず見られています。

「対人能力」「個人の資質」、どちらを重要視するかは、企業によって異なりますので、できるだけどちらも意識しておいたほうがよいでしょう。

グループディスカッションのコツ

グループディスカッションは、3名~7名程度の学生がひとつのグループを組んで特定のテーマを討論をする、というのが一般的です。

討論とはいっても、グループのメンバーはライバルではありません。

ライバル視して、相手の意見を聞かなかったり、自分の意見ばかり通そうとしたりする人がいることで、ディスカッションがうまく進まない状況が起きたら、それはだれも合格できないという結果に結びついてしまうのです。

つまり、協調性を発揮し、「ライバル」ではなく「仲間」だということをしっかり理解してグループディスカッションに参加することは、コツの1つ言えます。

実際のグループディスカッションは、どうすすめていけばいいのか。
私が実際にやってみた方法をこちらでご紹介します。

1.仲間とのコミュニケーションは事前にとっておく

面接官が入ってくる前は、就活生ばかりで静寂な部屋にいることになります。
ここで、挨拶から軽い会話をしておけば、緊張感も溶けて確実に場の雰囲気はよくなります。

2.話す量(時間)は、バランスをみる

グループディスカッションは時間に制限があります。

誰か一人だけが長時間話す、または発言をまったくしていないような事態は議論が活性化されないため、バランスをとる必要があります。

発言できない人には「●●さんはこの意見をどう思いますか?」などの質問を投げかけたりして、発言を促しましょう。

長時間話し続けている人は、多くは言いたいことがまとまっておらず、話が長くなってしまっている状態です。

「つまり、こういうこと?」と話をまとめたりすることで、ストップをかけましょう。
また、先ほどと同じように、他の人に意見を求めるのも一つの手です。

3.意見を言うときは、言い方に気をつける

同意する意見を言うのは比較的簡単ですが、反対意見が出たときにどう対処するかは「対人能力」の評価ポイントになります。

反対意見が出たらまず一言「なるほど」と言って冷静になりましょう。
「意見の違いを探る」「多数決をとる」などの対応方法を念頭にいてれおくと対処しやすいです。

4.意見の集約と軌道修正をする

グループディスカッションでは、様々な意見が出たり、時には脱線してしまい、何の話をしていたのかわからなくなってしまうことも多々あります。

それに気づいたのなら、「話が本題から逸れてしまっているので、もとに戻しましょう」というような発言をすることも必要でしょう。

また、意見が出すぎてまとまっていない場合は、一旦集約して次の段階へ進ませることも必要です。

グループディスカッション練習方法3選

1.知らない人に話かける

唐突かと思われるかもしれませんが、いきなり初対面の人達の中で議論をするというのは、想像しているよりも難しいものです。

グループディスカッションで自分の意見が言えなかった…と悔やまないためにも、初対面の人にも積極的に話しかける練習をしていきましょう。

例えば、近所の人との挨拶や、説明会で隣になった人に話しかけたりすることでも練習になります。

2.結論と理由を考える力を身につける

話す練習をして遠慮なく発言できるようになったら、次は自分の意見を作る練習です。

一人で議題を解決策まで持っていけるだけの思考力を身につければ、どんなグループディスカッションに参加しても対応できるはずです。

グループディスカッションの過去に出題されたテーマを調べて、自分の中で結論と、なぜそう思うかという論理を考える力を身に着けられるよう、日々練習してみてください。

3.グループディスカッションセミナーに参加する

やはり、社会人から指導を受けるのが一番の上達への近道です。

ベンチャー企業などがグループディスカッション講座をやっているので、ネット等で調べてみて、その講座に参加しましょう。

専門家からアドバイスを受ければ、上達のスピードがあがります

グループディスカッションに苦手意識を抱いている学生の多くは、ディスカッションに慣れてください。

今回は練習方法を3つ紹介しました。
是非参考にして、グループディスカッションの練習をしてみてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る