就活を成功させるために押さえておきたい自己分析のポイント

2017.2.26 公開 | 2017.4.25 更新

re_pixta_27577627_L

「就活には自己分析!」と言われても、苦手意識や、どこから始めたら良いのか分からないと感じている方は多いのではないでしょうか。

どんなに苦手意識があっても、深掘りするのが不得意であっても、適切な方法を理解することができれば、自己分析は誰にでも簡単にできることなのです。

自己分析の効率的な方法を知り、目的を明確にしていくことで就活に有利になるのではないでしょうか。

自己分析をする目的

自己分析の目的は、自分の「アピールポイント」を見つけ、適性を知り、自分に合った業界・業種・企業を見つけることや判断軸を作るというところにあります。

詳しいところで言えば、自己分析をすることで自分の長所や短所、どうしてこの仕事をしたいのかということも把握することができます。

自分のことをしっかり把握できると、面接の場で自分について質問された時もすぐに回答することができ、就活で自分をアピールしやすくもなります。

自己分析を行う5ステップ

自己分析に利用されるツールは多々ありますが、今回は「自分史」を参考に見ていきましょう。

自分史は自分の歴史を振り返り、時系列で過去の自分の行動や考え方を細かく書き出していくことで自分の長所・短所を知ることができます。

自己分析をする過程で比較的簡単な方法といえるでしょう。

過去の経験を振り返る

過去に「頑張った経験」「真剣に取り組んだ経験」は誰にでもあると思います。

まずは過去に真剣に取り組んだことを思い出し、時系列で書き出していきましょう。

思いつく限り細かく書き出すことが大事です。
どんな些細なことでも構いません。

過去の経験を分析する

細かく書き出したらそれを分析してみましょう。

真剣に取り組んだことの中には

  • その活動に取り組もうとした動機
  • どんな問題や課題が出てきたのか
  • なぜその問題・課題が出てきたのか
  • どうやって問題・課題に向き合いその問題に対処したか
  • その問題・課題を取り組んだ結果どうなったのか
  • その問題・課題からどんなことを学んだのか

などが含まれているはずです。
上記の点を意識して分析してみてください。

過去の経験から自己分析を進めることによって、今まで気が付かなかった自分の性格や、やりたいこと、適性、長所・短所、好き・嫌いを知ることができるはずです。

自分の適性や長所・短所を知る

時系列にすると、過去の経験がとてもわかりやすく把握できます。

その中から特徴や長所・短所がだんだんと見えてきたのではないでしょうか。

このように、あなたが積み重ねてきた経験から、性格などを深堀りし、根底にあるあなたの価値観を把握します。

将来なりたい自分、将来自分が何をしたいのか明確にする

将来なりたい人物像・就きたい職業の幅が広くなりすぎて分からなくなってしまうことが多々あります。

そこで自己分析で何がやりたいのかをはっきりさせる必要があります。

過去の経験から自分の特徴などを把握できたら、将来の展望やなりたい人物像について考えていきましょう。

これを上手に行うことで、入社を目指す会社や希望する職業や職種を見つけやすくなります。

自己分析から「自己PR」「志望動機」をつくりだす

企業が知りたいのはあなたの「人柄」や「仕事に対する熱意」です。

「人柄」は「自己PR」を、「仕事に対する熱意」は「志望動機」で準備しましょう。

自己分析の結果を活かすことで、採用担当に響く「自己PR」・「志望動機」を生み出すことができます。

「自分がやりがいを感じる・熱中できるのはどんな環境で何時なのか?」「それを仕事で実現するためには、どうすればいいのか?」を考えましょう。

そうすれば「やりたいこと」「志望業界」が自然と見つかってくるはずです。

自己分析は深堀りが重要

自分史などからの自己分析で自分がなりたいものを見つけたとして、その目的を達成するために必要な経験やスキルは何なのでしょうか?

それを明確にするためにも自己分析が重要だといえます。

自己分析をより深堀していくために、自分に対して質問を繰り返し行いましょう。

「なぜ」と「どのように」を中心に自問自答することで自己分析が具体的になっていきます。

過去の経験を振り返り、改めてなぜそのような行動・考え方をしたのかを思い返してみましょう。

過去の自分に対して現在の自分が自問自答を繰り返すことで、自己分析に必要な強みや価値観を見出すことができるのです。
自己分析で自分の経験や考えを深堀りすることであなたの将来のビジョンが見えてくるはずです。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る