Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/tenshoku-finder/www/seo/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/tenshoku-finder/www/seo/wp-includes/plugin.php on line 600

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/tenshoku-finder/www/seo/wp-includes/plugin.php on line 600
就活時に落とされた企業に内定貰った件 | 転職成功ノウハウコラム・転職サポート|転職ファインダーplus

就活時に落とされた企業に内定貰った件

2017.7.19 公開 | 2017.7.28 更新

OY151013249932_TP_V21

先月、転職エージェント経由で、就活時にどうしても行きたかった企業に内定をもらいました。
就職活動時はエントリーシートで落とされた企業です。

「俺も社会人3年の間に成長したな!」と余韻に浸りたいところですが、社会人経験を振返ってみても誇れる実績はないし、どちらかというと仕事に対してもモチベーションは低い。
ぶっちゃけ転職活動のスタートも「今の会社が嫌で一刻も早く辞めたい」が動機でした。

じゃあなぜそんな私が内定を勝ち取れたか?というと、
「大学時代には利用できない転職エージェントをうまく利用できたから」
これに尽きると思います。

うまく使えたかわかりませんが、、

私が内定までにとった行動を5つにまとめると、

①大手の転職エージェントに全部登録する。
②コンサルタントに会って、自分との相性を確認する。
③コンサルタントに非公開求人と非公開情報を教えてもらう。
④コンサルタントに志望動機、自分の強み(自己PR)を手伝ってもらう。
⑤見事内定!!!コンサルタントに入社の交渉(給料や入社日など)をしてもらう。

すごくかんたんに言ってしまうと相性の良いコンサルタントを探して
ネットじゃヒットしない情報を教えてもらいながら、志望動機や面接準備ができた。
そして感想は就活よりだいぶ楽に進められたということです。

それではひとつずつ説明します。

①大手の転職エージェントに全部登録する。

なぜか?専門職や業界が絞れているのであれば別ですが、大手であれば企業を手広く紹介してくれます。②で説明しますが、相性の良いコンサルタントに出会うことが重要で、基本的に1社につき専任コンサルタントは1名しかついてくれませんので、複数エージェントに登録する必要があるのです。
私は「リクルート」「DODA」「Type」「マイナビ」に登録しました。(他は知らなかったというのが事実です。。)

②コンサルタントに会って、自分との相性を確認する。

多少面倒でも、コンサルタントと会って自分との相性をチェックすることをお薦めします。これが転職活動の成否を分ける、大きなカギになります。
紹介してもらう企業も、コンサルタントが私の適性を判断して紹介してくれるので、自分の希望と紹介してくれる企業のミスマッチがしばしば起こるようであれば、他のエージェントにサポートを切り替えたほうが良いです。

③コンサルタントに非公開求人と非公開情報を教えてもらう。

非公開求人が多いというのは前から転職エージェントを調べているうちに多数あることはわかっていました。
私は最終的にDODAのコンサルタントの方のサポートに絞ったのですが、人事がどのようなことを気にしていて、面接の質問内容まで教えてくれてるなど、もちろんネットじゃ調べても絶対にヒットしない情報をたくさん教えて貰いました。
この情報があるのと無いのでは、内定獲得率に大きな差が出るのは言うまでもないですよね。

④コンサルタントに志望動機、自分の強み(自己PR)を手伝ってもらう。

⇒学生時代に大変な思いをして用意した記憶が蘇りましたが、相手は転職のプロですので、私が自分で気づいていない動機や強みも引き出してくれました。
ここまでくると、私のどの部分が企業に対して強みになり得るのかを把握してくれているので、アドバイスも的確で、就活よりだいぶ楽に進められました。

④見事内定!!!コンサルタントに入社の交渉(給料や入社日など)をしてもらう。

⇒内定が出た後も、個人ではなかなか進めづらい給与交渉もスムーズでした。

 

Noコンサルタント、No内定

いかがでしょう。ここまで読んで下さった方はわかると思いますが、
基本的に転職エージェントのコンサルタントの方なしでは、内定は勝ち得なかったです。もちろん私自身も何もしなかったワケではないのですがw、
はっきり言って就活より、転職活動の方がはるかに楽でした。企業から求められることも私のような第2新卒であれば、以下のようなポテンシャルが大部分です。

・ビジネスパーソンとしての基本が身についているか
・前向きで自律的なマインドがあるか
・今は実績がなくても、今後に期待できる素養があるか
・「自分が将来こうありたい」という姿を描けているか
(引用元:DODA 人事が気にしているのはここ!第二新卒・若手の転職活動でアピールすべきこと )

ちなみに私が選んだ転職エージェントはDODAですが、5つの満足度で1位を獲得しています。
✓キャリアアドバイザーとの相性の良さ 1位
✓転職活動のノウハウが聞ける 1位
✓紹介される求人数 1位
✓経験を活かせる求人数 1位
✓求人紹介の頻度 1位

複数のエージェントに登録することをお薦めしますが、どうしても面倒だったり、時間に余裕がない場合はまずはDODAだけでも登録してみることをお薦めします。
5つの満足度で1位のDODAはこちら

就職活動時にはあきらめていた企業も全然夢じゃない、当時はダメだったけど今ならイケると思います!皆さんも転職エージェントを最大活用して、就職を希望した企業にトライしてみてください!

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

転職の成功にプロの力を

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

転職準備や気持ちを整えよう

転職はどのタイミングで行うべき?

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る