転職の面接で失敗したくない人が抑えるべきマナー

2017.4.5 公開

re_pixta_15943978_L-min


面接は入室してからが本番だと思っていませんか?
もしそう認識していたのであれば、今日から面接は会社内に入ってからが本番と考えてください。

いつどこで面接官や社員に見られているか分かりません。
ここでは、面接での重要なマナーをみなさんにご紹介します。

面接までの待ち時間のマナー

転職の面接では、控室又は面接する部屋で面接官を待つなどといった様々なシチュエーションがありますが、知らないとどうしようと迷うポイントがあるものです。

ここでは面接時に抑えておきたいマナーをご紹介していきます。

先に大事なことを言っておきますが、遅刻は厳禁です。
交通機関などを利用して訪問する場合は、企業周辺に20~30分前には到着し、5~10分前に企業の受付を済ましましょう。

相手も面接の時間に合わせてのスケジュールがあるはずなので、早く訪問しすぎるのもかえって迷惑になってしまう可能性があります。

やむを得ない事情で遅刻する場合は、前もって採用担当の人に電話で連絡しておきましょう。
その際も正当な遅刻の理由を伝えるようにしてください。

控室に案内され、待ち時間がある場合

控室に案内されたら、席の指示がない限りは必ず、下座に座って待ちましょう。

きちんと面接官の方が目上だということを忘れないようにしてください。

「お手洗いに行く」「手鏡などで身だしなみをチェックする」「面接で話すことを再確認する」といったことは、必ず案内を受ける前に済ましてしまうのが原則です。

また、忘れがちなことなのですが、待ち時間のうちに携帯電話の電源は切っておきましょう。
本当は会社の受付に到着する前に電源を切っておくのが理想ですが、ここで今一度確認することも大切です。

万が一電源を切り忘れて、面接中に携帯がなってしまった場合、焦ってしまい、言いたかったことも言えなくなってしまいますし、何より面接官にも不注意といった印象を与えてしまいます。

面接で落ちた原因が“携帯電話”だったら情けなくてなかなか立ち直れないかもしれませんよね。
きちんとした状態で面接に挑みましょう。

面接の入室から退室までのマナー

ここでは入室から退室のマナーを伝授していきます。
まずはノックからです。
ノックは、「3回」と覚えておきましょう。

よく「2回」する人もいますが、「2回」はお手洗いの際に使うものなので、ビジネスシーンでは「3回」と覚えておきましょう。

ノックした後、面接官から「どうぞ」という声かけがあるまで入室してはいけません。

「どうぞ」と言われたら、「失礼いたします」と言ってから入室しましょう。

また、ドアは両手で開け閉めしてください。
片手で行うとだらしなく見えてしまいます。

着席する際も、「どうぞ」の一言を聞いてから座るようにしてください。

ここから面接官と話す場面になりますが、ここで注意することがいくつかあります。

まず、面接官と話すときは相手の目を見ながら話しましょう。
人と話すときに目を見ながら話すことで、相手にも自信が伝わります。

また、退席時には、面接機会をいただいたことに対してお礼と熱意を伝えましょう。

「本日はお忙しい中貴重な面接の機会をいただき、ありがとうございました」と丁寧に伝えると、好印象を残せます。

そして必ず入社したいという思いを一言でまとめて面接官に伝えてから、入室時と同様、丁寧に退室しましょう。

これだけは気をつけるべきNGマナー

面接において、ついうっかりやってしまいがちなことですが、評価を落としかねないこともいくつかありますのでご紹介していきます。

例えば、普段話しているような口のきき方です。

面接中、つい話が盛り上がってしまうという場面があるかと思いますが、この時に普段言っている言葉、例えば「まじですか」や「そうなんすよ」と目上の人にまで軽快な言葉を言ってしまいがちです。

いくら話が盛り上がっても、“相手は面接官” “面接官に試されている”といったことを思い出しながらきちんと面接に臨むようにしてください。

面接は転職の選考フローにおいて最重要ステップです。
心してのぞみ、無事内定もらえるよう、健闘を祈っています。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職の成功にプロの力を

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いとそれぞれの評判

転職の成功にプロの力を

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る