グループワークの出題パターンと頻出テーマ例10

2017.2.26 公開 | 2017.5.8 更新

re_pixta_26270184_L

グループワークはグループディスカッションと何が違うのでしょうか?

実はほとんど同じなのです。
違いはワークシートが用意されていたり、発表形式が決められていたりなど、ある程度進め方が準備されているところくらいです。

厳密に違いがあるわけではなく、ディスカッションの場合もある程度決められていることがあるので実質はあまり変わらないですし、人事がチェックしている部分もほぼ同じです。

グループワークの出題パターン

グループワークで大切なことは、人事は「プロセス」を観て選考しているということです。
結論がどうなったかということは、実は評価にあまり影響していないこともあります。

そして、グループワークには、ある程度パターンがあり、その出題形式ごとに解き方があります。
自由な発想や独自性ももちろん大切ですが、評価を上げるためにも、出題形式を知っておく必要があります。

自由型

これは、学生なら知っていると考えられる普遍的なテーマについて自由に話し合うパターンです。

テーマが抽象的で誰しもが自分の意見を持ちやすいからか、それぞれの意見が錯綜し答えが出ずに終わる、なんてことが頻発しがちなのがこのパターンです。

テーマとしては最もオーソドックスで特別な知識を必要としないので、このワークで大切な事は、

  • 相手の話をしっかり聞く
  • 根拠をもとに意見を述べる
  • 時間内に仕上げるようにチームを動かす

といった基本的な資質が見られていると考えましょう。

「自分の議論を押し通す」「人の意見を聞かない」「無駄に喋る」などの行動によって、グループワークを壊すタイプが出てきやすい形式でもあります。

しかし、そういう人を頭ごなしに否定しては自分の評価も下げてしまいます。

こういう場合は一度相手の話を聞き、目的と異なる話になっていることを説明しましょう。
うまくまとめることによって自分の評価を上げることができます。

選択型

賛否の分かれるテーマについて優先順位をつけて話し合うパターンです。
一つのみ選択させることもあります。

このワークのポイントは「いかに合意形成をするか」です。
この形式の場合正解が無いので、チームの中で上手く合意案を出していく過程が見られています。

ポイントは「グループの皆が納得できる基準」をまず議論することです。

納得できる基準というのは「お題の目的を達成するために、重視するべき選択基準」を決めるのです。
選択基準が決まると、判断する軸ができるのスムーズに議論が進むようになります。

課題型

たくさんの条件や数値データが提示され、課題を解決するための施策を議論し、グループで最善策を考え出すというタイプです。

実際のビジネスに最も近い形なため、就活において一番見かけるワークです。

課題型のグループワークは、制限時間内にチームで発表をまとめる必要があり、時間との戦いになります。

ただの対処療法的な解決策に留まらないよう、「原因」を考え、さらに「原因」の「原因」まで考えることが、このワークでは求められます。

時間は、30分未満のものから、1時間を超える長丁場のものまで様々です。
見ているポイントも企業によって違うので、自身が志望する企業の情報をチェックしましょう。

よく出るテーマ例10選

【自由型出題例】
  • 学生と社会人の違いとは
  • 理想の上司とは
  • 仕事ができる人とはどのような人間か
  • 現代の若者に必要なこと
  • 「幸せ」の定義とは
  • 10年後の○○業界は?
  • 新入社員に求められる能力とは
  • なぜ働くのか?
  • ビジネスを行う上で必要なリーダーシップとは
  • 女性の社会進出を増やすには
【選択型出題例】
  • 東京在住の留学生を旅行に連れて行くなら北海道か沖縄か
  • 地球から移住することになったら火星か月か
  • 死刑制度はあり?なし?
  • 学歴による選考は必要か、不必要か
  • 成人年齢18歳に賛成か?反対か?
  • 消費税増税の是非について
  • 原発は本当に必要なのか?
  • 結果とプロセスのどちらが大切か?
  • タイムマシンが出来たら過去へ行くか未来へ行くか
  • 道に迷ったら右と左どちらにすすむべきか
【課題型出題例】
  • こちらのデータにある企業の売上を二倍にするにはどうしたらいいか
  • 日本の外国人環境客を倍増させる方法
  • 日本の少子化を改善する方法
  • ある問題を抱える企業にふさわしい人材をどう採用するか
  • 振り込め詐欺を防止するためのキャンペーン
  • 渋谷のジムの売上を上げるためにはどうしたらいいか
  • 満員電車を減らすにはどうしたらいいか
  • 日本の製品の販売が海外で苦戦する理由と対策
  • 美しさを通じてお客様を幸せにする新規ビジネスプランの提案
  • 若者の投票率をあげる方法は何があるか

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る