人間関係がめんどくさいと感じる時の原因と対処法について

2017.2.28 公開 | 2017.5.2 更新

re_pixta_26035651_L

「人間関係がめんどくさい」
「人付き合いに疲れた」
そんなふうに感じている人も少なくないでしょう。

人間関係は私たちの生活において切っても切り離せないものです。
特に現代はストレス社会といわれ、その根源となる要因の一つに人間関係があると言われています。

人間関係がめんどくさいという思いは誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

ここでは、人間関係をめんどくさいと思ってしまう原因や、その克服方法について紹介します。

人間関係がめんどくさいと感じる原因

素の自分を出せない

自分を出せないといはどういうことか?

人間関係をめんどくさいと感じてしまう時は、素の自分を出せていないということが多いと思います。

素の自分を出せていない時とは、以下のような時が例として挙げられます。

  • 友達なのに、嫌われるのが怖くて相手の意見に合わせしまう
  • 職場の上司に対して必要以上に気を遣ってしまう
  • 家族に対して言いたいことが言えない

では素の自分を出せない原因は何なのでしょうか?
原因の一つは自己肯定感の低さと言われています。

過去に、言いたいことを言って嫌われてしまった経験や、相手の期待に応えられずがっかりされたなどの経験があると自分に自信が持てず自己肯定感が低くなってしまいます。

他者と関わると特に「変なことを言って嫌われたらどうしよう」と不安になり素の自分を出せなくなってしまうのです。

素の自分を出せていないということは、結局本来の姿ではなく相手に合わせて無理やり作っている自分の姿です。

そのため、人間関係に疲れやすくなってしまうと考えられます。

口下手で相手に言いたいことが伝わらない

元々話すのが得意でない口下手な人は人付き合いが苦手な方が多く人間関係に悩みがちです。
口下手な人は自分が口下手だという自覚がある人が多いです。

上手く相手とコミュニケーションがとれないと、疲れますしイライラしてしまいます。

自分が口下手であれば、相手の気分を害してしまうのではないか?など考えてしまい、無理をして話をして必要以上に神経をすり減らしてしまうこともあります。

そうなると人間関係は疲れてしまうものと捉え、一人で行動するようになったり、人間関係をめんどくさいものと感じやすくなってしまいます。

コミュニケーションツール疲れ

近年様々なSNSツール、アプリが開発され、いつでもどこでも他者と繋がることが可能になりました。

それを便利だと思う一方で、煩わしい、疲れると感じている人が多いのも事実です。

例えば、LINEの既読をつけたらすぐ返信しないと仲間外れにされてしまうなど、実際にSNSからいじめに発展した例もあります。

常に他人の情報を気にしてしまい、「あー、もうめんどくさい!」と人の繋がりを切ってしまいたくなる人もいるようです。

上記以外にも様々な理由があるようですが、他人とコミュニケーションをとる時に素の自分が出せなかったり、相手に思っていることが伝わらないと感じた時にめんどくささを感じることが多いようです。

人間関係を円滑にする考え方

人間関係を円滑にするには、まず、決めつけや先入観を捨てることが大切です。

誰もが自分と同じ「常識」や「正しさ」を共有しているかというと、そうではありません。

心のどこかで、これぐらいはやってくれるだろうと決めつけて相手に接してしまいがちですが、自分の価値観以外もきちんと認める姿勢が必要です。

自分の価値観以外を素直に受け止められないと、人間関係が煩わしくめんどくさいものになります。

そうでなければ、人間関係が煩わしくめんどくさいものになってしまうかもしれません。

次に、自分本位ではなく相手を思いやる気持ちを持つことです。

人はどうしても自分の価値観を相手に押し付けてしまうことがありますが、自分と相手は考え方が違うということは常に頭に入れておきましょう。

自分には自分の価値観があるように、相手には相手の価値観があります。

互いの意見が食い違うことがあるのは当然と考えてみて下さい。

その時に意識するべきこととして、「自分のことを分かってほしい」という自分本位の気持ちではなく、「相手を理解する」という気持ちを持つことが大切です。

相手の良いところに目を向ける

短所を探そうと思えばいくらでも見つけることはできます。
足りないことに目を向けるのではなく、その人のもつ良いところに目を向けることが大切です。

苦手な人がいる場合は、ネガティブな面ばかりに囚われるのではなく、その人の良いところを見るようにしてみましょう。

相手の良いところを見つけることで、相手も自分の良いところについて意識してくれやすくなり、結果として素の自分を出しやすくなります。

素の自分が出せるようになると、さらに相手に自分のことを理解してもらいやすくなり、良い人間関係を築きやすくなります。

人間関係を楽にする方法

聞き上手になる

口下手で話すのが苦手なら思い切って聞き上手になることを目指してみましょう。

話す側の人とと聞く側の人の双方の関係があって、成立するものです。

相手が話しているのを受け流すのではなく、「共感」や「関心」を持つことが重要です。

相手の目を見て、しっかりと話に耳を傾けることで相手に聞く姿勢が伝わり、良い印象を持たれます。

適度な相槌も必要であり、上手な相槌の打ち方を収得すると人間関係を楽にする上でとても便利なものになります。

環境を変えてみる

人間嫌いが原因で人間関係をめんどくさいと思っている場合は、まずは人間嫌いを改善する必要があります。

しかし、人間嫌いの改善はそう容易ではありません。
特に過去のトラウマから人間不信になっている場合は、トラウマを払拭するのは中々難しいです。

まずやれることは、思い切って環境を変えてみることです。

居住地を変えてみたり、職場を変えるなど周囲の環境を思い切って変えてみることで、人間関係がリセットされやすくなり今までの人間不信の症状が和らぐ可能性があります。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る