就活生必見!スカウト型就活サイト・イベントおすすめ8選(2018卒)

2017.1.29 公開

Join Us Recruitment Employment Hiring Concept

皆さんはスカウト型の逆求人をご存知ですか?この方法で就活を成功させた学生はたくさんいます。他の就活サイトにはない、新しい就活を楽しみましょう。


最近の就活の傾向では、逆求人型の就活サイト・イベントが増えています。

なぜなら、企業は就活媒体を通して応募してくる学生を待っているだけではほしい人材を採用するのが困難になってきているからです。

外資系やベンチャー企業の早期選考や近年の少子化などの影響もあり、企業による優秀な学生争奪合戦は激化しています。

そこで、本日は、「就活生必見!おすすめスカウト型就活サイト8選」を紹介します。

まだ、逆求人に参加したことのない方や一般の就活サイトでは自分をアピールしきれないという方は、ぜひ参加してみてください。

逆求人とは

スカウト型の就活方法です。

学生が複数の企業の前で自己PRやディスカッションなどをし、企業側は気に入った学生がいればコンタクトをとることが出来るしくみを言います。

逆求人に参加するメリットは以下の通りです。

・一度のPRで一気に多くの企業にアピールでき効率的。
・企業側が自社にあいそうな人を選んでいるので、マッチングの精度が高い。

などがあります。

逆求人型就活サイト

Offer Box

OfferBoxは、学生がプロフィールを記入し、企業その自己PRをみることで、オファーメールを送ることができる就活サイトです。

オファーメールの内容は、企業が一人ひとりに向けて送っているので、人によって異なります。
プロフィールのないようは、一定のフォーマットは決まっていますが、動画や画像を使って自己PRすることもできます。

特徴は、企業側が自己PRをしっかり見てくれているので、マッチング制度は高いです。

自己PRを書けば、待っていれば企業からオファーが来るので、効率的です。

始めて逆求人サービスを利用する人にはもってこいです。
ただし、記入率が低いとまったくオファーが来ないので、気を付けましょう。

逆求人フェスティバル

逆求人フェスティバルとは、学生が自己PRをし、企業の人事や採用担当の人にスカウトしてもらうイベントです。
自己PRの作成には、逆求人フェスティバルのスタッフからアドバイスをもらえます。

特徴は、起業した人、長期インターン経験者、スポーツ入賞者など、実績のある人が多い印象です。
今までやってきたことに自信のある人はぜひチャレンジしてみてください。

キミスカ

キミスカは、今までの選考状況を記入することで、それをもとに企業がスカウトしてくれる就活サイトです。

特徴は、就活の状況、インターン実績を書くことで、オファーがもらえます。

「最終選考まで行ったのに、落ちた。」という人は必見です。
その選考状況を加味しオファーがもらえるかもしれません。

ニクリーチ

ニクリーチは、就活生がプロフィールを記入し、それを見た企業や人事担当者がランチをおごってくれる就活サイトです。

オファーを送る企業の多くが優良ベンチャー企業なので、ベンチャー志望者は必ず登録しましょう。

出会い場

出会い場とは、計20回のディスカッションを行ってもらい、それを見た、各回異なった人事担当者が学生をスカウトします。
スカウトされた学生は、その後行われる、少人数制の企業説明会に参加することができます。
そしてそのあと個別で企業からメッセージが届きます。
メッセージの内容は、特別選考ルートの提示や個別面談など、さまざまです。

特徴は、20回のグループディスカションを行うことです。
ディスカッションの練習にもなりますし、運がよければスカウトも受けることができるので、グループディスカッション対策をしたい方におすすめです。

Job Tryout

ジョブトライアウトは、学生が様々なタイプのゲームを行い、その様子をみた人事が評価シートを記入し、スカウトします。
各人事が評価した、シートは後で学生に渡されるので、自己分析に役立ちます。

特徴は、学生がビジネスゲームを行い、その様子を企業がみてスカウトします。
「楽しみながら就活したい」そんな人におすすめです。

Meets Company

MeetsCompanyは、企業の人事や社長と座談会形式で最大8社と、話ができるイベントです。
MeetsCompanyの名の通り、企業側、学生側のニーズを座談会という場で、しっかり見極めることができます。

特徴は、少人数でお互いをよく理解しあえることです。
ここに参加する企業は人柄重視していることも多いので、じっくりお互い理解して就活を進めたい人におすすめです。

まとめ

ここでご紹介していた「スカウト型就活サイト・イベント」を活用することで、早期に選考を経験できると同時に、自己PRも磨くことができます。

最初は、「自分なんかがスカウト型のサイトに登録したりして大丈夫なのかな」と不安になるかもしれませんが、自分では選ばないような企業と出会えるかもしれないので、ぜひ、挑戦してみてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る