仕事が苦痛に感じる原因とその対処法

2017.5.16 公開

pixta_25088973_L-min

仕事を苦痛に感じるという経験は誰にでもあるものだと思います。
しかし、誰しも仕事の苦痛から解放されたいと考えるものですよね。

仕事の苦痛はその原因を明らかにすることで、解決することができます。
今回は、どういった原因で仕事が苦痛に感じるのか、どういった対処をすればその苦痛から解放されるのかを紹介していきます。

仕事が苦痛に感じる原因

ここでは、仕事が苦痛に感じるようになってしまう原因を4つ紹介します。

人間関係がうまくいかない

仕事は個人で動くのではなくチームで動くことが多いため、職場での人間関係がうまくいかないとすぐに仕事に影響が出ることになってしまいます。

上述の通り、仕事はチームで動くことが多いため、人間関係がうまくいかないからといって逃げ出すのは難しいことです。
そのため、人間関係がうまくいっていないと仕事をすることだけでなく職場に行くことも苦痛に感じるようになってしまいます。

プライベートの時間が取れない

仕事に時間を取られてしまって、プライベートの時間を取れないことで苦痛を感じる人もいます。
特に、多趣味な人や時間のかかる趣味を持っている人、仕事以外でやりたいことがたくさんある人はプライベートの時間が取れないことにストレスを抱えているのではないでしょうか。
そういったストレスが蓄積していくと、仕事が苦痛だと感じるようになってしまいます。

仕事内容が大変

膨大な量の仕事や負担の大きい仕事を任された場合、残業が多くなったり休日にも仕事をしたりする必要が出てきます。
その結果、肉体的にも精神的にも疲労がたまり、仕事を苦痛に感じるようになってしまいます。

残業をしたり負担の大きい仕事をしたりしても給料が変わらないなど、劣悪な労働環境も、仕事が苦痛に感じる原因の一つです。

仕事が面白くない

仕事が面白くないというのは、自分が思い描いていた仕事と現実の仕事が違う、自分が思い描いていたようなやりたいことができないという不満から生じるものだと考えられます。

自分のやりたい仕事ができなくて面白くないという不満が募った結果、仕事が苦痛だと感じるようになってしまいます。

仕事が苦痛に感じるときの対処法

明らかになった原因に沿って、仕事が苦痛だと感じたときにどう対処すればよいのかを4つ紹介します。

人間関係を築くために自分から行動してみる

職場に、自分と合わない人や苦手に思っている人がいるというのは仕方のないことです。
しかし、そういった人とのコミュニケーションを避けていては、良い人間関係を築くことはできません。

人間関係が原因で仕事が苦痛なのであれば、自分から行動してみるというのが、一番有効な方法です。
良い人間関係を築くためのポイントには、下記の2つがあります。

・相手を避けない
・相手を喜ばせる

相手を避けないというのは、良い人間関係を築くためには必要不可欠なことです。
苦手意識を持っているからといって避けていては、スタートラインに立つこともできません。

相手を喜ばせるというのは、相手に媚びるということではありません。
なにかしてもらったときにお礼を言ったり、相手を褒めたり、ちょっとした気遣いをしたりするなどのことです。

相手を喜ばせて相手の気持ちをつかむことができれば、相手も自分に好意をもってくれます。
そうすることで、良い人間関係が築かれていき、仕事をするうえでの人間関係の苦痛は改善されます。

休日や仕事後の時間を充実させる

仕事を苦痛に感じる気持ちを休日や仕事後にまで持ち込むことはやめましょう。

仕事に対する苦痛は仕事をしている最中だけでとどめて、休日はゆっくり休んだり趣味に時間を使ったりなど、充実したものにすることです。

仕事以外の時間をうまく使うことでストレスを解消し、仕事に対する苦痛を軽減させるようにしましょう。
休日を自分へのごほうびに使えば、毎日次の休日を楽しみに思いながらすごすことができます。

仕事内容の効率化

負担の大きい業務を、なにも考えずにやっていては、残業を減らしたり負担を減らしたりすることはできません。
仕事内容が原因で仕事を苦痛に感じているのであれば、それを解決するためには、仕事内容を見直す必要があります。

仕事のやり方を見直してみた結果、作業効率に問題のある部分が見つかれば、その部分のやり方を変えることで仕事の効率化を図ることができます。
なるべく負担が軽くなるようなやり方を見つけることが大切なことです。

作業効率の悪い方法で、ただ与えられた仕事をただこなすだけでは、ミスを生みやすくなり仕事にかかる時間も多くなってしまいます。

自分一人では難しいというのであれば、周りと協力しながら作業効率をあげられるようにしましょう。

仕事を面白くする

仕事が面白くない原因は、自分のやりたいことができないということです。
では、自分のやりたいことをやるためにはどうすればよいのでしょうか。
発言権や信頼性のある立場に自分の身を置けばよいのです。

発言権があれば、仕事をするうえで自分の希望を取り入れることができます。
やりたくないことをやらされるのではなく、やりたいことを自分から発言してやることができるのです。

しかし、発言権のある立場になるということはただ会社での地位を高くすればいいということではありません。
自分に信頼性がなければ、たとえ発言権があったとしてもまわりが希望通りに動いてくれるとは限りません。

発言権と信頼性があれば、まわりは自分の希望通りに動いてくれるでしょう。
そうすれば、自分のやりたいことができるようになります。
自分のやりたいことができるようになれば、仕事が面白くなって苦痛を感じることもなくなるのではないでしょうか。

最後に

いかがだったでしょうか。
まずは、この記事で解説した原因にそって対処法を実践してみましょう。

すぐには変わらないかもしれませんが、対処法を実践することで少しずつ苦痛は改善していくでしょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る