仕事で怒られる人の特徴と対策・予防法6選

2017.2.23 公開

re_pixta_21315002_L

仕事で怒られてしまう事は誰でもありますよね。怒られる人はどんな人であり、どうすれば怒られずに済むかをご存知でしょうか。本記事では怒られやすい人の特徴と対策をご紹介します。

皆さんは仕事していて、上司などに怒られる時があるかと思います。
しかし、気付けば何度も怒られている事はありませんか。
本記事では、仕事でよく怒られる人の特徴と、怒られた時の対処法と、怒られることを未然に防ぐ予防法も併せてご紹介します。

仕事怒られる人の特徴

ここでは仕事で怒られやすい人の特徴をご紹介します。

同じミスを何度もする

仕事で怒られやすい特徴の一つに、同じミスを何度もしてしまう人がいるのではないでしょうか。
言われたことを何度も指摘され、直らないために、ついには怒られてしまうという展開になってしまうかと思います。
その根本の原因は覚えていないか、メモを取っていないなど、仕事を覚える気持ちが薄いためです。
こういった仕事への気持ちが入っていないと、注意散漫になり、言われたことを覚えず仕事ができないために怒られてしまうのではないでしょうか。

礼儀がなっていない

礼儀がなっていない事で、怒られてしまう場合もあります。
挨拶をしなかったり、言葉遣いができなかったりなど、ビジネスマナーができていない事が原因で怒られる事があるようです。
自分は普段通りにしているつもりでも、相手にとって失礼な態度であれば、当然相手を不快にさせてしまいます。
ですので、相手の立場に立ったマナーを心掛ける必要があります。

時間を守らない

時間を守らない事が原因で怒られてしまう事があります。
例えば、いつも出社時間より遅く到着したり、締め切りがある資料の提出が遅延してしまったりして怒られてしまうケースです。
時間を守る事は、社会人として当たり前ですが、つい気を抜いてしまうと遅れてしまったりしてしまうのではないでしょうか。

ミスを隠す

最もしてはいけない事の1つとして、自分の失敗を隠してしまう事です。
自分はそんなつもりはなくても、これぐらい大丈夫という気持ちがある事で、ミスを隠してしまうと、気付いたらそのミスが、大きくなり収集が付かなくなるという経験はあるのではないでしょうか。
収集が付かなくなってしまう事で、こっぴどく怒られてしまうのです。
小さなミスであっても、隠す事は決してしてはいけません。

ミスを認めない

ミスを認めない事で反感を買い怒られてしまう場合があります。
プライドが高く、自分は間違っていないとどうしても反論してしまいがちですよね。
こういった仕事へのブライドの高さからミスを認めないせいで、怒られてしまうのではないでしょうか。

怒られた時の対処法

仕事をしている以上、社内外で怒られることは誰しもあります。
大事なのは、怒られた時にどのようにして対処するかです。
ここでは、怒られてしまった時の対処法をご紹介します。

素直に謝る

怒られた時は、素直に謝りましょう。
謝る事で相手に誠意が伝わります。
また謝る際には、自分のどこに非があるのかを、明確にしたうえで謝りましょう。
ただ謝っているだけでは、相手も謝られた気分になりません。
今後怒られないためにも、怒られた原因をちゃんと説明し、謝る事で誠意を伝えましょう。

反論しない

怒られた時はしっかりと聞き、どんな事があっても反論は極力抑えましょう。
例えば、理不尽な怒られ方をしてムッとしてしまう事は誰にでもあるかと思います。
しかし、そんな時にこちらも反論してしまうと返って相手を煽ってしまい、さらに怒られてしまいます。

どこがダメだったかを全部聞いておく

怒られた際は、ただ怒られるだけではなく、自分の何に非があったのかをまとめて聞いておおきましょう。
こういった姿勢は謙虚さに繋がるため、相手もちゃんと指摘してくれるため、怒られる事が一回で済みます。
何度も怒られてしまうよりは、一度に全部聞いた方が、精神的に楽ですし、時間も短縮できますので、怒られた際は、他に指摘部分がないか聞きましょう。

怒られないための予防法

怒られた後に、今後怒られる事を最低限に抑えるにはどうしたら良いでしょうか。
ここでは、今後同じミスなどで怒られないための予防法をご紹介します。

メモを取って仕事を覚える

怒られてしまう人の特徴で、仕事を覚えていない事で怒られるとありましたが、次回以降こういったミスをしないためには、仕事内容などを常にメモする事をお勧めします。
メモをする事で、何をすれば良いのかはっきりし、仕事を覚える事ができない予防策になり得ます。

期限を守るために早めに提出

期限が守る事ができず、怒られてしまう方は、期限ぎりぎりでの提出ではなく、余裕を持って提出しましょう。
期限より早めに提出する事でその後の、訂正があった場合も、対処できます。
仕事が早く対処もできるくらい余裕であれば、上司から仕事ができると認めてもらえるかもしれません。

ミスをした場合はすぐに報告

ミスした時は、すぐに報告しましょう。
仕事でミスする事は誰にでもあります。
そんな時に、ミスを隠さずちゃんと説明し、その後の対処にあたりましょう。
すぐに報告する事で被害を抑える事ができ、怒られる度合いを最低限にできます。

仕事で怒られることは当たり前と思う事

いかがでしたでしょうか。
本記事では仕事で怒られやすい人の特徴と、対処法、予防法をご紹介しました。

本記事でご紹介した方法を実施し、再発防止に努めてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る