仕事が限界に感じた時のチェックすべきポイントとその対処法

2017.2.23 公開 | 2017.4.25 更新

Job Opportunites Motivation Employment Competence Concept

仕事をしていて、今の状態に限界を感じてしまってはいませんか?仕事で限界を感じるポイントは人それぞれでありますが、現状を把握し、具体的なアクションを取る事が最も大事です。

仕事をしていて限界を感じる時は誰にでもありますよね。
そのようなシチュエーションになった時に、どのような視点でどんな行動をすれば良いか、皆さんはご存知でしょうか。

本記事では、仕事で限界を感じた時に、チャックするべきポイントと、その対処法をご紹介します。

仕事で限界を感じた時の4つのチェックポイント

仕事で限界を感じてしまうポイントは人それぞれです。
そのため、自分は何に限界を感じているかを深堀りする必要があります。
ここでは、仕事で限界を感じた際にチェックするべきポイントをまとめました。

時間単価で考えて今の仕事を続けるべきか

仕事に限界を感じた時には、今の仕事を時間単価で考えてみましょう。
自分の給料に見合う仕事をしているかどうかは、とても大事な判断基準になります。

例えば、今の仕事に掛かっている時間に対して自分の給料に見合っているか。
1時間で終わると伝えられた仕事を1時間以上かかってしまうのであれば、それは会社が支払う時間単価として見合った仕事ではないと判断する事ができます。

あまりにも仕事量が多く限界を感じた時は、時間単価で考えて、妥当かどうかを考えてみましょう。

周りも同じく限界を感じているか

仕事で限界を感じた時に、頼れる社員が今の会社にいるでしょうか。
もし、周りも同じく仕事が圧迫されている場合は、会社自体に問題がある場合があります。
周りも同じく、限界を抱えていると思ったら、会社を変える必要があります。

やりたい事ができているか

仕事で限界を感じてしまった時に、今の仕事はやりたい事であるかと考える必要があります。
入社した時に考えていた自分の理想像と、今の現状がしっかりと繋がっているでしょうか。

例えば、入社当初は新規事業をやると、意気込んで入社したものの、今の仕事は全く違う仕事をしているなど、やりたい事に対しての乖離が大きいのであれば、会社を変えて自分のやりたい事をやるべきです。

自分の人生であるので、現状で今の仕事と将来する仕事に乖離があるかどうかをチェックする必要があります。

今の会社で自分の将来が想像できるか

仕事で限界を感じてしまった時に、今の仕事をした先に、自分の将来を想像する事ができるでしょうか。
例えば、今は営業をしており、将来的には営業部長になれるなど、具体的なキャリアを築く事が想像できているかが大事です。

もし、現状から今の企業での将来像が見えないのであれば、別の道を考える必要があります。

限界を感じた時の対処法

では、仕事で限界を感じてしまった時には、どのような対処法があるでしょうか。
ここでは限界と感じてしまった時の対処法をご紹介します。

上司に相談する

限界を感じた時は、まず上司に相談しましょう。
その時の注意点として、どのような事に限界を感じているかを明確にしたうえで相談するべきです。
何も考えないまま相談したところで、自分の悩みが相手には分からないので、解決に時間が掛かってしまうためです。

上司に相談する際は、まず自分の限界に感じている点を明確にしてから相談しましょう。
上司と相談したうえで、今の会社では難しいのであれば、上司にその旨を伝える事が大事です。

今の会社でなくても大丈夫であるという心の余裕を持つ

今の仕事が限界であると感じてしまった時は、別の道がないかと考えましょう。
別の道がある事があれば心の余裕ができます。
心の余裕ができる事で、今の限界を打破できるような環境を探す事ができるはずですので、まずは心にゆとりを持ちましょう。

自分がやりたい事ができる会社を探す

自分のやりたい事ができず、今の仕事に限界を感じる場合は、今の自分のやりたい事が実現できる会社を探しましょう。
自分のやりたい事が実現できる会社は必ずあるため、今の会社に依存せず、思い切って違う環境に移るのも1つの手です。

転職する際のお勧め転職サイト

では、別の会社を考えた時に、どのような方法で仕事を探せば良いでしょうか。

方法はエージェントをとして自分のやりたい事を実現できる会社を見つける事です。
なぜエージェントを使う必要があるのでしょうか。
それはエージェントはキャリアを支援するプロであり、自分の実現したい事に合う企業を見つけてくれるからです。
そのためエージェントを利用して自分のやりたい事とマッチする企業を見つけましょう。

ここでは厳選した、転職支援サービスをご紹介します。

リクルートエージェント
求人件数・転職決定数は業界で一番であり、プロのキャリアコンサルタントが今より高い年収アップが期待できる会社をお勧めしてくれます。

DODA
人材紹介業界大手のインテリジェンスが展開する転職サービスで、求人も多数。
また海外の転職にも展開しており、転職する際のサービスも豊富です。

最後に

いかがでしたでしょうか。
仕事に限界を感じた時は、何に限界を感じ、それを打破するための施策を実行し、実際に動いてみる事がとても重要です。
本記事を参考にアクションを起こしてみてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る