自己PRは書き出しで決まる?上手い書き出しのポイント3点

2017.3.30 公開

re_pixta_22086229_L-min

自己PRの書き出しを書く時に意識してほしいポイントは3つあります。3つのポイントを理解して実践することで、皆さんの自己PRは内定への距離をグッと近づけてくれます。

自己PRの書き出しで悩んだことはありませんか?
書き出しで悩んでしまうとその先も思いつかなくて手が止まってしまいますよね。

しかし、自己PRは書き出しさえしっかり書くことができれば、その後の文章が上手く書けることがあります。
今回は自己PRの書き出しについて解説します。

書き出しをしっかりスタートさせて、自信を持った自己PRを書きましょう。

書き出しのポイント

書き出しのポイントは3つあります。
3つのポイントを知って実践しさえすれば、皆さんの自己PRは今まで書いてきたものより質は数段上がるでしょう。

また、書き出しの役割は、わかりやすく興味を引くことです。
エントリーシートを読む面接官や人事は何百枚もの数を読んでいますので、書き出しを見た時点で学生の印象を決めてしまう場合があるからです。

そのため、書き出しで面接官や人事の興味を引き付ける必要があるのです。

今回解説する3つのポイントはいずれも「わかりやすく興味を引く」ためにありますので、自分が自己PRを実際に書くときに意識してみてください。

結論から書く

1つ目のポイントは結論から書くということです。
このポイントは文章を書く時の基本で、文章を相手に分かりやすく伝えるためにあります。
結論の理由から書いてしまう方も多くいますが、面接官や人事はそのようなエントリーシートを見た瞬間に読むのを辞めてしまう場合もあるそうです。

また、結論から書くというのは、自己PRに限らず志望動機などの他の質問に回答するときにも共通するポイントですので、ぜひこの機会に習慣にしておきましょう。

結論から書くことが重要だとわかっても、実際にどのように書いていいか分からない方もいると思いますので、今回2つの例文をご紹介します。
実際に読んでみると、書き手PRしたい強みのわかりやすさがまったく違うはずです。

結論から書いていない例文

私は大学2年生の時にTOEICで800点を取りました。大学1年生の時から勉強計画を立て、毎日1時間の勉強時間を欠かさず確保していました。そのため、私の強みは自ら計画を立て、継続できることです。

結論から書いている例文

私の強みは自ら計画を立て、継続できることです。大学1年生の時から勉強計画を立て、毎日1時間の勉強時間を欠かさず確保していました。その結果、大学2年生の時にはTOEICで800点を獲得することができました。

言い切る

次に、言い切りの形で自己PRの書き出しを書きましょう。

言い切りの形とは「私の強みは~である。」や「私の強みは~です。」といった文章の形を使うことです。

言い切っていない形とは「私の強みは~だと思います。」や「私の強みは~だと考えています。」といった文章の形を言います。

前者の文章の形を使うと、より自信をもった印象を与えることができます。
自信の無い印象を与えてしまうと、面接官や人事にも「本当に自信があるのかな?」という疑問を抱かせてしまいかねません。

自己PRとは自分の自信があることを書くところですので、少し遠慮がちになりそうでも、自信をもって自分の強みを言い切りましょう。

自己PRの書き出しフレーズを具体化する

最後に、自己PRの書き出しはできるだけ具体化しておきましょう。

なぜなら、面接官や人事は何百というエントリーシートを見ていますので、他の学生と同じ書き出しフレーズを書いてしまうと、読み始めで自分の印象が弱くなってしまいかねないからです。

あまり使わない方がいいフレーズベスト3は、「コミュニケーション力」、「行動力」、「協調性」です。

コミュニケーション力だと、「短時間の会話で相手の懐に入れること」といったように具体化させるとよりわかりやすくなりますし、面接官や人事の興味を引きやすくなります。

もちろん、これらの3つのフレーズを絶対に使ってはいけないわけではありません。

しかし、最初の印象が弱い分、書き出しの後にインパクトのあるエピソードを書かないと挽回が難しくなるでしょう。
そのため、自己PRの書き出しはできるだけ具体化しておきましょう。

書き出しの例文

いかがだったでしょうか。
最後に、自己PRの書き出し例文をご紹介します。
自分の強みに合わせてぜひ使ってみてください。

書き出しの例文

・「私の強みは~です。」
・「私は~に自信があります。」
・「私のアピールポイントは~です。」
・「私は~が得意です。」

また、書き出しが決まったら、実際に自己PRを書いてみましょう。
もし自己PRの書き方がまだよくわからないという人は以下に紹介するページに書き方が詳しく載っていますのでぜひ参考にしてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る