仕事で泣きたい理由とその対処法

2017.4.17 公開

041406pixta_8514788_L-min

仕事で泣きたいと感じたことはありますか?ここでは、仕事で泣きたくなる主な理由と、その対処法についてご紹介します。

仕事で泣きたくなるような経験はありませんか?
誰しも辛い日々があると思います。
ですが、対処法を知ることで、楽しい毎日が送れるようになるのではないでしょうか。

今回は仕事で泣きたいときの対処法を紹介します。

仕事で泣きたくなるとき

ここでは、仕事で泣きたくなる、主な理由を紹介します。

業務内容が希望と違う

入社当初、目標としていた業務と内容が異なったり、入りたかった部署とは違う部署になってしまうというときがあります。

希望業務があって就職したのに全く異なることをしていると、自然と業務内容に対するやる気も減り、ミスが増えて上司に怒られる頻度も増えてしまうと思います。

そうなるとやる気が下がり、悪循環に陥ります。

希望業務をできないことによる精神的苦痛から泣きたくなります。

過度の仕事量や残業、休日出勤

激務なのに誰も助けてくれず、休日に出勤せざるを得ないような状況が続くと、辛いですよね。

過度な業務は、体だけでなく、心にも大きく影響を与えます。
睡眠不足や疲労により、業務ミスが増えたり、注意不足によるケガをしたりするかもしれません。
そしてミスのせいで上司に怒られてしまいます。
自分はこんなに頑張っているのに、誰にも認められてないような気がすると、泣きたくなってしまいますよね。

人間関係が上手くいっていない

職場には人間関係がつきものです。
上司と部下、同僚、お客様など人付き合いがあります。
その中で、上司の対応が理不尽であったり、同僚と比較されたりするときがあります。

どうしても、好きになれない人や、職場の上司に言われていることがどうしても納得できないものの、うまく対応することができず、言い返せなかったりすると泣きたくなくなってしまうのでしょうか。

自分ができないと感じる

できない自分に腹が立って泣きたくなることがあります。
もっと、自分はできるはずなのに思うようにいかないと惨めな気持ちになり悔しいですよね。
そんな悔しさから、泣いてしまうようなときがあります。

仕事で泣きたいときの対処法

ここでは、仕事で泣きたいときの対処法を紹介します。

自分の状況を見直す

仕事に対して、ストレスを抱える頻度が増えたとき、まず職場環境を見直してみましょう。
職場に居辛いと思う根本的な要因を自分で探して、紙などに書き出してみてはいかがでしょうか。
その中には、先述した要因が含まれているかもしれません。

その原因を知れば、解決策が見つかることもあります。

思いっきり泣く

仕事で泣きたくなった時、我慢せず泣くことも大事です。
職場では泣きたくない人も家では、思いっきり泣いてみましょう。
我慢しすぎると、精神的にも身体的にも疲労し、病気になったり、最悪の場合は犯罪を犯してしまったりなど思いもよらない悪い結果となってしまう場合があります。

ストレスを溜め込まないためにも、思いっきり泣いてみましょう。
泣くことでストレスが和らぎ、リフレッシュすることができます。

また、家族や親しい人の前で話しを聞いてもらいながら泣くと、安心感や自分を肯定されたような気分になり、すっきりした気持ちで次の一歩を踏み出せます。

思いっきり泣いてみましょう。

親しい人に相談する

仕事の悩みを家族や親しい人に打ち明けてみましょう。
つらいときは、周りを冷静に見れていないかもしれません。

信頼できる人からのアドバイスや、自分とは違った意見をもらえると思います。
もらったアドバイスが、解決のカギになるでしょう。

また、相談することで溜まっているストレスが解消されることもあります。
信頼できる人に相談してみましょう。

よかった時を思い出す

自分の成功したときや、上司からほめられたときを思い出してみましょう。

泣きたいときは、失敗したときや上司からの圧力ばかり思いつくものです。
そんな時には、よかったことを思い出してみましょう。
仕事に関係しないことでも構いません。
心が救われるでしょう。

また、よかったことを考えれば、自然とポジティブになれるはずです。
「今辛いけど、これを乗り越えられればきっと楽しくなれるはず」と考えながら取り組むことも大事です。

今は辛いかもしれませんが、よかったことを思い出して、ポジティブに乗り越えていきましょう。

部署移動や転職を考える

本当に辛く、会社に行きたくないときは、部署移動や転職も視野に入れてみましょう。
職場が自分にとって多大なストレスであったり、本当にしたいことができないのであれば転職することで、新たな気持ちで前に進むことができます。

環境の変化は、心境に大きな変化を与えてくれます。
転職や部署移動が、よい方向に進むのであれば積極的に行動してみましょう。

我慢することも大事なことですが、心と体に大きなストレスになるなら、無理する必要は有りません。

逃げることも大事なことです。
自分のことを第一に考えましょう。

悔いの残らないようにしてください。

最後に

仕事が辛くて泣きたくなることは誰しも持つ悩みです。
我慢も大事ですが、自分の心に正直になってみてください。

無理せず泣いたってかまいませんので、一人で抱え込まないで相談してみましょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る