インターンシップ選考に通過する志望理由の作成ポイント3選

2017.3.31 公開

re_pixta_22605474_L-min

この記事では、インターンシップに興味は持っているが、まだやりたいことが明確に決まっていないという人のために、志望理由を考えるポイントを解説しています。ポイントは大きく分けて3つあります。


「インターンシップの志望理由はどうやって書けばいいの?」
「インターンシップの面接で志望理由を答えるときに気を付けることは?」

このような疑問を抱えながらインターンシップの選考を受けている人は多いのではないでしょうか。

インターシップの選考を受ける段階だと、まだ将来について考えきれていない学生が多いのも事実です。
疑問を抱えながら選考を進めてしまうと、自信の無さが顔に出てしまってうまく選考を通過できない可能性が高まります。

しかし、まだやりたいことが決まっていない人でも、いくつかポイントを押さえることで、選考通過の可能性を高めることができます。
そこでこの記事では、インターンシップの志望理由を考える時のポイントについて解説していきます。

まだやりたいことが定まっていない人

まだやりたいことが決まっていない人でも心配する必要はありません。
これから紹介する2つの視点について深く考え、調べることで、やりたいことは自ずと決まってくるはずです。

自分を知る

まずは「自分」について考えてみましょう。
考えるべきことは2つあります。

「自分」について考えること

・自分がこれからどうなりたいか
・なぜその姿になりたいか

自分がこれからどうなっていきたいかは、自分の夢や成長したい部分を見返すことで明らかになってきます。

例えば、将来IT広告に関わる仕事がしたいという夢を持っている人がいたとします。

この夢のために考えられることとすれば、プログラミングの経験やマーケティングの知識などが挙げられます。

その結果、自分はこれからプログラミングの経験を積める会社で働きたいという結論や、マーケティング業務をさせてもらえる会社で働きたいという結論が生まれるのです。

また、なぜプログラミングなのか、なぜマーケティングなのかを考えるとより自分の価値観や考え方が明確になって、志望理由を考える際に有効です。

例えば、将来営業として活躍したい人であればマーケティング向きかもしれませんし、メディアを作りたい人であればプログラミングが向いているかもしれません。

今回挙げたのは夢から自分を振り返る例ですが、自分の夢にこだわる必要はありません。
自分が成長させたいことや経験してみたいことから自分なりのこれからを考えてみるのも得策です。

企業を知る

次に、自分のなりたい姿に近づけそうな企業のインターンシップを探しましょう。
企業が提供してくれる環境で本当に自分

しかし、自分のやりたいことがあるだけで企業がインターン生として採ってくれるわけではありません。

企業側にも学生に求める適性や能力がありますので、現状の自分が企業の求めるものにあっていれば、インターンシップの選考は通過できる可能性が高まります。

しかし、能力や適性が足りない場合は低い能力でも採ってくれる企業を探すか、自分の能力を上げることを先にしなければなりません。

特に、プログラミングスキルは企業によって求める基準が異なりますので、しっかりとチェックしておきましょう。

プログラミング未経験でも、成長を見込んでインターン生として採ってくれる企業もあります。

やりたいことが定まったら

やりたいことが決まったら、インターンシップを終えて自分がどうなりたいかを考えましょう。

エントリーシートや面接で志望理由を示す際、インターンシップを終えて自分がどうなりたいかを伝えることで、みなさんの志望理由に信頼感や説得力を加えることができます。

インターンを経て自分がどうなりたいかを考える

それでは、具体的にどう考えていけばについて解説していきます。
そのためには、前項で明確になった自分と企業についての情報を参考にしましょう。

自分がなりたい姿になるために、インターンシップ先の企業で何を経験できるかを考えることが必要です。

例えば、将来自分がIT広告の営業をやりたいという人がメディア運営の企業でインターンシップをするとします。
また、メディア運営の企業では営業、エンジニア、マーケティングの仕事が選べるとします。

その場合、インターンシップを経て、営業成績を出せる人間になりたいと考える場合は営業を選ぶといいでしょう。
また、マーケティングを自分でできる人間になりたい人はマーケティングの仕事を経験しておくのもお薦めです。

このように、インターンシップ先の企業で得られる経験を明らかにすることで、任期終了後に自分がどんな人間になっているかを考えることができ、その結果みなさんの志望理由に信頼感と説得力を加えることができます。

まずは行動する

最後に、この記事で解説したことを実際に実践することをお薦めします。
行動してみて初めてインターンシップへの第一歩は始まります。

具体的な行動として、まずはこの記事で解説したことをノートに書き出してみましょう。
そして、実際にインターンシップに応募してみることをお薦めします。

実際に応募してみることで、自分の志望理由が面接官にとって説得的であるかどうかが結果としてわかります。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職準備や気持ちを整えよう

ブラック企業を回避して転職をする方法

あなたに合う転職情報、届けます

IT業界未経験者向け転職マニュアル!IT業界の基本と転職術

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職準備や気持ちを整えよう

「仕事辞めたい」と検索するあなたへ

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る