面接官の評価を上げる自己紹介の仕方とは?例とポイントを踏まえて徹底解説!

2017.4.12 公開

0411-min

自己紹介をすることって結構難しいですよね。
自分のことだからと分かったつもりでいても、いざ他の誰かに話すとなるとなかなか大変なものです。

転職活動中、書類審査を通過し、次はいよいよ面接という時は、今一度しっかり自己分析をしてみましょう。
面接官の心を掴み、好印象を与えるためには事前の準備が必要です。

そこで今回は、転職活動での自己紹介の仕方について、ポイントごとにご紹介します。

面接前に自己紹介を準備する理由

転職の面接でも、初めに自己紹介を求められることが多々あります。
面接の入りとして、重宝されていることもそうですが、具体的に自己紹介はどのような点で重要と言えるのでしょうか。

自己紹介は面接合否に影響する

転職面接の際に必ず問われる「志望動機」や「自己PR」に関しては、しっかり答えられるように事前に準備をする人がほとんどです。

ところが、転職面接での「自己紹介」についての準備はあまり十分ではないようです。

新卒、転職などに関わらず、どんなに良い面接をしていてもやはり第一印象が大事です。
そのため、最初の自己紹介は面接官が「この会社にふさわしい人材であるか」を見極める大きな判断材料になります。

自己紹介後の質問をリードできる

自己紹介をする際は、もちろん、あれもこれも話せばいいというわけではありません。
あくまでも、「分かりやすく」「簡潔に」自己紹介をすることがポイントです。

「会話のキャッチボールができるのか」や「言いたい事を簡潔にまとめられているか」なども面接官の評価の対象となっていることを忘れないようにしましょう。

時間の目安は約1分で、どれだけシンプルにまとめられるかがとても重要です。

そして、要点や今日間違いなくアピールしたい事項について軽く触れることで、後で面接官に質問をしてもらえるかもしれません。

自分のペースでPRができる

転職面接での自己紹介は、面接の中で唯一自分のペースで話すことのできる時間です。

最初でつまずいてしまえば、面接後に残る印象にも影響してしまうかもしれません。
限られた時間の中で効率よく自分をアピールできる自己紹介を準備しましょう。

シチュエーション別!自己紹介の回答例とポイント

1分で自己紹介をしなくてはいけない場合

転職面接で自己紹介をする際に時間制限を設けられる場合もあります。
「簡単に自己紹介をお願いします」と言う場合もありますが、目安として1分程度でまとめられた自己紹介を準備し、あとは調整話す量やスピードで調整しましょう。

そこで面接官が注目している点はやはり、「分かりやすく」「簡潔に」まとめられているかなのです。

限られた時間の中でしっかりと自己紹介ができれば好印象を与えられるでしょう。

下記は転職面接での自己紹介の大まかな流れです。

①挨拶

初めにきちんと挨拶をすることで面接官に好印象を与えましょう。

②職務経歴

「株式会社○○に入社し、○○を取り組んでまいりました。」
など、最終学歴後の経歴を話します。
どんな内容の職務を担当していたか、そこでどんな経験をしたかなどを簡潔にまとめましょう。

③自己PR

面接官の心に残るようなPRが理想です。

④志望動機

まるまる話すことはありませんが、志望動機のさわりを簡潔に話しましょう。
「御社に入社したい」という気持ちを込めることが重要です。

⑤締めの挨拶

「本日は、どうぞよろしくお願いします。」
のように、改めてしっかり締めの挨拶をしましょう。

未経験の職種へ転職する場合

転職の際、今までとは全く異なる職種に応募する場合も多くあるかと思います。

そんな時は、職務経歴よりも自己PRに力を入れましょう。
前職で得たスキルや強みを、いかに応募先の会社で生かせるかを面接官に示すことが大事です。

自己PRと志望動機を上手く繋げ、納得してもらえる自己紹介にしましょう。

例えば、以前は営業職をしていて、事務職に応募する場合であれば、

前職では、周囲との信頼関係を築き上げることを大切にしておりまして、お客様からお褒めいただいたり、上司や同僚から「職場の空気を明るくしてくれる」というお言葉を頂いておりました。

それだけでなく、業務では素早く行動をとることと正確に業務をこなすことをモットーとしておりまして、それも信頼関係を築く上で非常に重要だと考えております。
前職で培ったコミュニケーション能力や業務処理能力を、事務職に生かしていきたいと考えております。

のように、今までの経験を転職した後どのように生かせるかを強調しましょう。

過去に転職をした回数が多い場合

転職を多く経験している人は、職務経歴をどのようにまとめるか悩んでしまうかと思います。
この場合、すべて話す必要はもちろんありません。

特にアピールしたい仕事をピックアップしたり、業界ごとにまとめたりすると効果的です。

詳しく話さずとも「○○をしていたひと」と面接官に印象付けられるよう心がけましょう。

自己紹介は徹底した準備が必要

転職活動を行っている人は、しっかり自己分析をしましょう。
事前の準備をしっかりしておくことで言いたいことがぼやけずはっきりして、面接官へ良い印象を与えられます。

いかに簡潔にわかりやすく面接官に自分をアピールできるかが重要です。
転職成功のためにはまず、自己紹介の準備から始めましょう。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職の成功にプロの力を

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いとそれぞれの評判

転職の成功にプロの力を

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る