仕事が終わらない3つの原因とその対処法3選

2017.2.26 公開 | 2017.5.10 更新

re_pixta_19557005_L

入社して仕事にも慣れ、少しずつ任せてもらえるようになったはいいものの、なかなか仕事が終わらない…と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

今回は、毎日のように定時に帰れず、残業が続いている方に、仕事が終わらない原因と、早く終わらせるための対処法をご紹介します。

仕事が終わらない原因

仕事が終わらない人には共通点があります。
考えられる終わらない原因をまとめました。

ミスが沢山あって同時進行が出来ない

ミスが重なっていませんか?
間違いが多ければ多いほど、修正作業に時間がかかり、一つの仕事を終わらせるのに、通常作業する時以上に時間がかかってしまうものです。

そうなると、修正時間に時間がかかりすぎて、
「いくら時間があってもたりない…」
退社時間が近づいてくると、
「いつ終わるんだろう…」
と不安な気持ちになり、仕事を終わらせるスピードも遅くなってしまいます。

仕事の方向性が間違っている

人と話すのが苦手な人。コミュニケーションが苦手な人。
分からないことを自分なりの解釈で先に進めてしまい、結果的にミスになってしまっていませんか?

または、分からないことを何時間もかけて調べたのに、結局答えが出なくやっと上司に相談していませんか。

こういった時間がとても勿体ないですよね。

関係ないことにに時間がとられすぎている

相談をしているうちに別の話になって、いつの間にか時間が過ぎていませんか?
相談した相手も忙しい人です。

手短に相談をし、余計なことは休憩中に話しましょう。

会社・上司に問題がある

複数の人数でやっていた仕事なのに、急に複数人が退職や移動があったり、他にもやらなければいけない仕事があるのに、人手が少ないため掛け持ちの仕事が増えていることはありませんか?

人手不足のために新たに求人を出すも、数週間・数か月で退職するなど、せっかく新人さんに研修をしても定着しない為、仕事に慣れた社員に負担が増えていないでしょうか?

あなたの直属の上司が誤った指示をしていたり、共有漏れがあったり、取引先との交渉不足があるとしたら、部下の仕事スピードにも響く恐れがあります。

仕事が終わらない人に及ぼす影響

心身に悪影響を起こす

仕事が終わらないから、毎日残業が続くのは辛いですよね。
デスクワークの方だと、何時間も同じ体勢で、肩や腰が痛くなったりもします。

また、仕事が終わらないと、休日出勤をしている方もいるのではないでしょうか。

「いつ終わるんだろう?」と精神的にも辛い思いをしている方も多いと思います。

残業は精神的にも、体にも負担が大きいのです。

社内での評価が下がる

仕事が終わらなく上司に怒られることで、評価が下がってしまいます。

上司だけの評価だけではなく、先輩や同僚にも同じように評価が下がります。
次に任せてもらえる仕事も減っていってしまい、モチベーションが下がってしまいますね。

仕事が終わらない人は出来ない人と評価されてしまう可能性があるので注意が必要です。

仕事を早く終わらせる方法

では、どのようにしたら効率よく仕事を終わらせることができるのでしょうか。
ここでは、仕事を早く終わらせる方法をご紹介します。

メモを取る

基本中の基本とは思いますが、メモの取り忘れはありませんか?
また、すぐにやろうと思ってたことがすぐに取り掛かれなくなり、後回しになったとき、困ったりしたことはないでしょうか?

覚えてられるかどうか保障できないのであれば、メモを取る癖をつけましょう。

ほんのちょっとした事でもいいので、メモをすると後で見返した時に仕事がかなり捗ります。

また、メモを取っていると、教えている先輩方も「ちゃんと聞いている」と好印象を持ち社内評価にも繋がります。

もし、メモを取っていても分からなくなったらすぐに教えてくれる人に聞きましょう。
あなたが、ちゃんと理解しようとしている姿勢が、相手にも伝わります。

優先順位をつける

朝出社したら、まず今日は何をすればいいのかを決めましょう。
もし、朝忙しくて出来ないという方は、前日の退社前までに次の日のタイムスケジュールを簡単に決める事をお勧めします。

  • 当日午前中までに終わらせたい仕事
  • 3時ごろまでに終わらせておきたい仕事
  • 退社時間までにやっておきたい仕事

当日中にやらなくてもいい仕事もあるとは思いますが、メモをして当日やる仕事をまとめておけば、常に見えているので終わらせる目標が立てられると思います。

難しい仕事は朝のうちに行う

午前中は集中して出来るだけ早く仕事を進めていきましょう。
朝の時間帯は最も頭が冴え、集中力が継続しやすい時間帯です。

朝から退社するまでずっと集中して仕事をすることは難しいですよね。
集中力が落ちていると、またミスが増えてしまい時間がとてもかかります。

朝の確実に集中できる時間に、1番集中すべき仕事や頭を使う仕事を回しましょう。

集中がきれたら休憩してリフレッシュする

また、集中してちょっと疲れたなと思ったら、リフレッシュタイムが必要です。

お菓子やコーヒーを飲んだり、体を動かしたり、昼休憩には20分くらいの仮眠をとるなどすることで、休憩後の作業効率がかなり違ってきます。

自分なりの仕事スタイルを見つけよう

今まで通り仕事をしていると、毎日残業で仕事が終わらなく会社に行くのも嫌になってしまいます。

今回紹介したことを少しずつ実践してみてください。
仕事ができる人は、仕事の進め方を知っているので、早く帰ることができるのです。

早く帰るために自分に合った効率的な仕事のスタイルを見つけましょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る