【初心者用】エントリーシートってどうやって書けばいいの?

2017.2.19 公開 | 2017.2.20 更新

re_pixta_「エントリーシート」17849382_L

エントリーシートをどうやって書けばいいのか悩む就活初心者に向けて、エントリーシートの書き方のポイントをご紹介します。

今回はエントリーシートの一例をご紹介します。
エントリーシートをどうやって書けばいいかまだよくわからない人や、とにかく例文を見てみたい人はぜひ参考にしてください。

エントリーシート初心者のための記事です。

人事担当者の目に止まるエントリーシートを書こう

エントリーシートは就職活動を行うほぼすべての学生が一度は書くものです。
それだけに多くのエントリーシートを人事担当者は読まなければなりません。

したがって、何の変哲もないエントリーシートでは、なかなか人事担当者の目にとまることはできません。
しかし、いくつかの点に気をつけるだけで、読まれるエントリーシートが作れるようになります。

書き方のポイント

書き方のポイントは大きく分けて5つあります。

  • 問いに対する結論を先に述べる
  • 簡潔に結論の根拠を述べる
  • WHAT、WHY、HOWで具体化する
  • 経験を根拠にする
  • 最もアピールしたい部分を数値で示す

これらの5つのポイントが最低限守るべきエントリーシートの書き方です。
最低限といえども、多くの学生が完璧にはできていないのが現状です。

これらの5つのポイントを完璧にエントリーシートに盛り込むことで他の学生に負けない存在感を示すことができます。

エントリーシートの書き方を知るため、ある大学生を例に今回は話を進めていきましょう。

都内 男性 A君のパターン

都内在住の大学生、A君。
彼は現在就職活動中で、ある鉄鋼商社への入社を志望をしています。

この鉄鋼商社は世界から日本に鉄鋼の原料を輸入している商社です。

しかし、A君は学生時代に他の学生と変わらない生活をしてきたように見えます。
大学ではテニス部に入り、法学部の授業では国際関係論のゼミで勉強しました。

大学外では居酒屋でバイトをし、バイトリーダーを経験しました。
この彼が他の学生の中で輝くためには、どんなエントリーシートを書けばよいのでしょうか。

【例文】あなたの強みは?

「他人を巻き込み物事を成し遂げる力」です。
大学1年時に働いていた居酒屋では、スタッフの数が足りず店舗の運営に支障をきたす程でした。

しかし、2年時に私がバイトリーダーになった際、店長と一緒に作成したマニュアルを使い積極的にスタッフの育成に力を入れました。

初めはスタッフがすぐに辞めてしまい中々うまくいかなかったのですが、粘り強く続けることでスタッフ数の安定し、スタッフは200%に増加しました。

貴社に入社後も多くの人に自ら働きかけ、他人を巻き込むことで成果を出せる社会人になりたいと考えています。(247文字)

【例文】学生時代頑張ったことは?

大学1年時から続けたテニスの自主練習。
大会までの半年間、毎朝1時間の走り込みをし、大学の授業が終わるとアルバイトのシフトがない日は20時まで毎日練習を欠かしませんでした。

めげそうになった日もありましたが、大学生活での経験を中途半端なもので終わらせたくないという想いから練習を続けました。

その結果、大学2年時には大会で成績が振るわなかったものの、3年時には関東大会への出場が叶いました。

ここから、たとえ成果が出なくても自分を信じて練習を続けた結果、大きな成果を残すことできることを学びました。(244文字)

【例文】志望動機は?

私は貴社で海外での営業に関わりたいと思っています。

なぜなら、世界の様々な国際情勢が絡み合う複雑なプレッシャーの中で働きたいと考えているからです。
ゼミで国際関係論を学ぶ中で、世界を相手に働くことに憧れました。

また、学生時代の経験から、複雑なプレッシャーの中で働くことにやりがいを感じました。

OBの方や説明か会での話を聞く中で、貴社は世界を相手にするプレッシャーを跳ねかえし、日本の中でも有数の鉄鋼商社としてプレゼンスを発揮していると感じました。

ぜひ貴社で世界を相手に働きたいと考えています。(244文字)

最後に

いかがでしたでしょうか。
あくまでここに述べたのは一例にすぎません。

しかし、高評価を得るエントリーシートは上で述べた5つのポイントが重視されている場合がほとんどです。
磨けば必ずあなたの経歴は輝きます。

他のエントリーシートも参考にしながら、ぜひあなただけの最高のエントリーシートを完成させてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る