テレアポがうまくいきやすい時間帯とは

2017.2.16 公開 | 2017.5.10 更新

re_pixta_25728089_L

テレアポする時間帯で、アポイント率の高い時間帯はあるのでしょうか?テレアポする時のおすすめの時間帯と、テレアポのコツをご紹介します。

若手のビジネスマンが最初に経験することが多いのが営業です。

その中でも企業へのテレアポは多くの人が経験するでしょう。
テレアポと聞くとどんなイメージでしょうか?

電話しても断られ続け、上司からはアポイントをとれとプレッシャーに悩まされ、
ストレスが溜まる…

そんなイメージを持っている人も多いと思います。

テレアポでアポイントをとるためには、電話をかける時間帯も重要です。

この記事では、テレアポをする時におすすめの時間帯と、テレアポのコツを
ご紹介します。

法人向けにテレアポするべき時間帯とは?

法人向けにテレアポをする際に狙い目の時間帯はあるのでしょうか?
基本的に日本の会社の営業時間は9:00~18:00です。

かける相手によって、テレアポすべき時間帯は変わりますが、『相手の忙しくない時間帯、つまり電話に出やすい時間帯を見計らい電話をかける』ということを常に意識しましょう。

ターゲットによって時間帯を変える

かけるターゲットによって時間帯に違いがあると思います。

いくつかパターンをご紹介致します。

営業担当にかける場合

◆10時~11時ごろ
営業担当の方は日中だと外出している可能性が高いため、午後に向けて準備中の午前中を狙うのがおすすめです。

システム担当にかける場合

夕方16:00以降がおすすめです。
システム部門の方は外出はほとんどなく、基本的に社内にいることが多いため、業務がひと段落する可能性の高い時間帯の夕方16:00以降が良いでしょう。

社長にかける場合

10時前にコールし、予定を把握してから再度連絡する。
社長、経営者は会議、外出の予定が多いので、まず始めにターゲットの1日の予定を
聞くことをおすすめします。

空いている時間帯を聞き出すことができれば、再度連絡した時も取ってもらえる可能性が高いです。

個人向けにテレアポするべき時間帯とは?

続いては、個人のお客様向けにテレアポする際のおすすめの時間帯についてご紹介します。

個人によって時間帯がバラバラ

例えば、主婦に電話をかけるのと、仕事終わりの社会人にかけるのでは時間帯が違ってきます。
個人宅にかける場合は午前中か、夕食前の17:00頃であれば繋がりやすいと思います。

その時間帯で出ないようであれば、夜の20:00頃などにかけてみてもいいかもしれません。
但し、個人向けといえども電話を掛ける際の時間帯のマナーもあります。

例えば21:00以降などの遅い時間帯は相手に迷惑をかける場合もありますので、控えることをおすすめします。

テレアポがうまくなるコツとは?

テレアポが上手くいきやすい時間帯が掴めれば、あとは自分のスキル次第です。

最後は、テレアポがうまくいきやすくなるコツをご紹介致します。
是非実践してみて下さい。

ポジティブに考える

テクニックのコツというよりかは考え方のコツですが、ポジティブに考えることが大切です。
断られる確率はそもそも高いので、それは前提としてしっかり量をこなして勝ちパターンを見つけていくことが大切です。

量をこなすことで、慣れであったり話し方に自信が出てきます。
量をある程度こなさなければ、中々慣れず自信をもって話すことができません。

全員からアポイントを取ろうとせず、一部の見込み客をアポイントに繋げましょう。

詳しくサービスの説明をしない

商品をあえて詳しく説明せず、興味を持ってもらう程度にとどめるという方法です。
テレアポの段階でつい一生懸命に詳しく説明をしてしまいます。

こちらが一方的に話すようになると、相手も疲れてしまい集中できませんし、電話で聞いたからもう会わなくてもいいという風になりかねません。

詳しくは会ってからじゃないと聞けないと、相手に思わせることが大切です。

断る理由をなくす

突然電話がかかってくると誰もが戸惑い、警戒すると思います。
ましてや営業の電話だと、どう断るのかを考えてしまうものです。

相手に興味を持ってもらうことも大切ですが、相手の断る理由をなくしましょう。
例えば事前に資料をお送りして、詳しく説明したいという意思を伝えることも大切です。

また、事前に相手から質問されそうなことをリストにしておき、答えられるようにしておくと、臨機応変に対応できるようになり断られる確率も下がります。

まとめ

テレアポの時間帯によってアポイント率は変わってきます。またテレアポのコツや考え方もアポイント率に影響します。

相手がどの時間帯であれば繋がるのかを見極めて、テレアポ営業に活かしてみて下さい。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る