事務職って自己PRに何書けばいい?事務職志望の学生が知っておくべき4つのポイント

2017.3.30 公開

re_pixta_24290312_L-min

事務職志望の就活生が自己PRを書く時に意識してほしいのは、「事務職に何が求められているか」と「自己PRの書き方」です。これらの2つを理解して、内定への距離をグッと近づける自己PRを書きましょう。


事務職って作業が単純なイメージでなかなか自己PRを書くイメージが着きにくいことありませんか?
実際、事務職志望の多くの就活生が同じ悩みを抱えているそうです。

そこで今回は、自己PRの書き方だけでなく、事務職に求められている人物像や自己PRの書き方のポイントまで徹底的に解説します。

ぜひ参考にしてください。

事務職に求められているもの

そもそも、事務職とは個人や部門の補助をする仕事のことです。
仕事は多岐に渡り、様々なデスクワークを行います。

貿易事務や経理事務などを担う場合は仕事や求められる素養が専門化する場合もあります。
例えば、貿易事務では仕事で英語を使う機会が多いので、英語の能力が求められます。

そのため、コツコツと真面目に仕事を行うことが求められるだけでなく、一緒に仕事をする人の考えを先回りして仕事ができることが求められます。

また、求められるスキルとしてはPCスキルなどが挙げられます。

したがって事務職の自己PRをする場合は、真面目にコツコツと単純作業を行えることや、他人の考えていることを先回りして仕事ができることをアピールすると、内定への距離はグッと近づくでしょう。

また、専門的な事務職では、特定のスキルをアピールするのも得策です。

自己PRの書き方

それでは、事務職志望の方が自己PRをどう書いていいかを解説します。
特に注意してほしいポイントは3つあります。

いずれも、読み手にわかりやすく伝えるためのポイントです。
面接官や人事は何百枚ものエントリーシートを読みますので、いかにわかりやすく伝えられるかが自己PRを書くポイントになります。

結論から書く

まずは結論から書くことを意識しましょう。
結論から書くことは文章の基本ですので、文章を書く時の習慣にすることをお薦めします。

結論から書くことで、読み手にとってわかりやすい文章になります。
以下に結論から書いているケースと、結論から書いていないケースを紹介するので比較して実感してください。

結論から書いていないケース

私は大学1年からテニスサークルで渉外として、他のサークルとの連絡役を担ってきました。渉外の仕事をする場合はミスが無いように丁寧に対応をすることを心がけ、メールも送られてきたらすぐに返していました。そのため、私は丁寧に仕事をするという強みがあります

結論から書いているケース

私の強みは丁寧に仕事をすることです。大学1年から所属したテニスサークルでは渉外として、ミスなく丁寧に対応をすることを心がけていました。練習試合の依頼を受け取ったら1時間内に代表に確認して返信するなど、時間の意識と漏れが無いように仕事をしていました。

いかがでしょうか。
実際に読んでみるとわかりやすさの違いがよくわかると思います。
まずは結論から書くことを心がけましょう。

経験を根拠に書く

次に、自分の強みを証明する経験を書きましょう。
自分の経験から強みを伝えることで、読み手にとって自分の強みに信頼感が生まれます。

自分の想いや考えだけかくと、読み手は「言っていることはわかるけど、それって本当なの?」という気持ちになる可能性があります。

自分の強みは自分の経験から具体的にして、信憑性を上げましょう。

自分の強みを仕事でどう生かすか

最後に、自分の強みを入社後にどう活かすかを書きましょう。
自分の強みという質問に対する企業側の意図は、学生が入社後にどのような活躍を見せてくれるかを判断しようとしていることにあります。

そのため、入社後に自分の強みをどう活かすかを書くことで、入社後に自分がどのような活躍ができるかを示すことができます。

事務職の自己PR例文

最後に事務職の自己PR例文をご紹介します。
今回ご紹介した、書き方のポイント3点を意識して書いています。
3つのポイントを意識して書くことで、他の学生と大きな差をつけることができます。

また、これから紹介する例文を読んでみたら、ぜひ一度自分で自己PRを300字くらいで書いてみることをお薦めします。
書き終わった自己PRを大学のキャリアセンターや友人に読んでもらうと、さらに自己PRをレベルアップできるでしょう。

事務職の自己PR例文(225字)

私の強みは丁寧に仕事をすることです。大学1年から所属したテニスサークルでは渉外として、ミスなく丁寧に対応をすることを心がけていました。

練習試合の依頼を受け取ったら1時間内に代表に確認して返信するなど、時間の意識と漏れが無いように仕事をしていました。

その結果、他サークルからの信頼を得ることができ、練習試合の依頼数が昨年より増えました。入社後も時間の意識と丁寧に仕事をすることを心がけ、主力の業務が外部の信頼を得られるような仕事をしようと思っています。

最後に

いかがだったでしょうか。
事務職志望の学生は情報が少なくて苦労することも多いともいますが、地道に情報を集めてコツコツと就職活動を進めていけば内定を獲得できる可能性はどんどん高まります。
ぜひ最後まで頑張ってください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る