仕事が面白くないと感じる原因とその対処法

2017.4.23 公開

pixta-min

仕事が面白くない、毎日の仕事がつまらない、面白くないと感じる時ってありますよね。仕事が面白くないと感じる原因と対処法についてご紹介します。

仕事が面白くない、毎日の仕事がつまらない、面白くないと感じる時ってありますよね。
でも理想なのは仕事を面白いと思うことができれば幸せじゃありませんか?

仕事を面白くないと感じる原因を解決することで、仕事は面白くなります。
今回は仕事を面白くないと感じる原因とその対処法をご紹介します。

仕事が面白くないと感じる原因

なぜ、「仕事が面白くない」と感じるのか?その主な原因を3つご紹介します。

同じ作業の繰り返し

単調な作業の繰り返しは、仕事が面白くないと感じる原因の一つです。

入社したての頃は、新しい仕事を覚えようと必死で、全てが新鮮に感じます。
しかし、仕事に慣れてくると、毎日同じことの繰り返しで、だんだん新鮮さが薄れていきます。

ただただ目の前の仕事をこなしてくことに退屈さを感じるようになると、
モチベーションも下がり、仕事が面白くないと感じる原因になります。

自分の能力を評価してもらえない

どんな仕事でも、評価されなければ、面白くないはずです。

成果を上げているのに社内での評価が上がらず、「実績のない他の同僚や後輩の方が評価された」、「ボーナスが思ったよりも低かった」など頑張っても報われないのは辛いことです。

会社の評価に不満を感じたり、誰かが自分を認めてくれているという実感が持てないとやりがいや楽しさがなくなり、仕事が面白くないと感じる要因となります。

職場の人間関係・環境

職場の人間関係や環境はとても重要です。
仕事をしている以上、人との関わりは避けて通れない道です。

職場の雰囲気や人間関係が良くないと、出勤するだけでも憂鬱になり、仕事に集中できない、仕事が面白くない、業務が回らないということもあります。

人間関係の良好な職場であれば、仕事にも良い影響を与え、職場に来るのが楽しくなるはずです。

仕事が面白くないと感じるときの対処法

ここでは、仕事が面白くないと感じる時の対処法をご紹介します。

目標を立てる

日々の仕事が面白くない、つまらないと感じる理由に、「やりがいや達成感のなさ」が挙げられます。

そこで、その日の内に達成できそうな目標を立てることをオススメします。
「何時までに〇〇を終わらせる」「今日はここまで業務を進める」など具体的な目標を立て、着実にクリアしていきましょう。

小さな目標でも、達成できれば、達成感を味わうことができます。

メリハリをつけて短期集中型で仕事をすると、仕事を早く終わらそうという意識に変わり、効率の良い仕事に変わっていきます。

自己投資をしてみる

仕事が面白くないと感じている社会人は多いでしょう。
仕事を通して成長している実感が持てない、日々のルーティンワークは自分のプラスになっているのか…などの疑問が積もるとモチベーション低下に繋がってしまいます。

そこで自己投資を始めてみるはいかがでしょうか。
自己投資といっても、今の仕事に直結したことをする必要はありません。
資格の勉強や趣味などを始めることで、自分の視野が広がり、それが自分への投資になります。

資格の勉強をすることで、新たな知識を得ることができたり、資格取得へ向けて意欲が湧いてきます。

自分の成長を感じ、それが仕事に活かされて自分の価値を高めることに繋がるでしょう。
仕事が面白くないと感じる時は、少し仕事から離れたことで自分を高めることもいいかもしれません。

良好な人間関係を作るために自分が変わる

職場の人間関係が良好でなければ、仕事が面白くないと感じることも多いでしょう。

また仕事が面白くない、つまらないと思って過ごすと、その負の感情が周りに伝わり、周囲に悪影響を与え、人間関係や職場環境にとっても悪循環になってしまうかもしれません。

まずは、自分が変わることで人間関係が良好になることもあります。
相手の考えを変えることは難しいですが、自分の考えを変えることは可能です。

苦手な相手でも、コミュニケーションをよくとり、自分からより良い人間関係を作ることを心がけましよう。

相手は自分を写す鏡です。
相手の立場に立って考えてみる、相手の長所を見つける、自分が譲歩してみるなど
苦手な相手でも自分の考え方を少し変えるようにしましょう。

普段から良い人間関係を築くことで、仕事で困ったとき周りに助けてもらえる機会も増えるでしょう。
自分の意識を変え、人間関係を円滑にし、周りとサポートし合える職場を作っていくことも、仕事が面白くないと感じる負のスパイラルから抜け出す方法のひとつです。

環境を変える

仕事内容にやりがいを感じない、今の職場は労働条件が悪い、同僚から嫌がらせを受けている…
このような状況の中では、仕事が面白くない、楽しくないと強く感じてしまうかもしれません。

そんなときは、「環境を変える」ということも一つの方法です。
その選択肢としては、異動や転職です。

職場内で部署異動ができるのであれば、上司に相談してみるのがいいでしょう。

また、転職することも選択肢の一つです。
試しに転職サイトを覗いたり登録することで、仕事について改めて考えたり、変わるきっかけになることもあります。

情報を集め、選択肢を広げ、環境を変えることも仕事が面白くないと感じた時の対処法となるでしょう。

まずは行動してみましょう

以上、仕事が面白くないと感じる時の原因と対処法についてご紹介しました。
少し視点を変えたり、行動を起こすことで仕事が面白くなってくるかもしれません。
せっかく働くのであれば楽しく有意義に働きたいですよね。
ぜひ参考にしてみて下さい。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る