アパレル業界の面接は何を聞かれる?対策必須の質問5選

2017.5.18 公開

re_pixta_26582427_L


どんな業種もそうですが、転職活動をスタートし書類選考を通過すると、面接があります。
自分の魅力を十分に面接担当者に伝えるためには準備が必要です。

特にアパレル業界の店舗職は、コミュニケーション能力が高いかどうかが、非常に重要なポイントです。

面接は、コミュニケーション能力の評価に重点をおいている選考方法の一つであるといえます。
そこで今回は、アパレルの面接でよく聞かれる質問と回答作成のコツをご紹介します。

面接での質問を事前イメージしておくために

アパレル業界の面接は、何を聞かれるのか?
しっかりと担当者の質問意図を理解し、印象よく回答が出来るような対策が必要となります。

以下の6つの想定質問を読んで、自分の魅力を最大限に表現できる回答を導き出してください。

Q 1:どうして当社を志望されたのですか?

そのブランドが本当に好きで転職したいという人ならば、その気持ちを伝えるところから話し始めましょう。

もし、異業種からアパレル業界を志望している場合は、前職との職務内容と販売を比較して、共通点や違いを見つけ「私なら、こうしたい」という思いを伝えるのもよいでしょう。

未経験の業種の転職でも、成長したいという気持ち・熱意を伝える事がポイントです。

アパレル企業は、応募した動機から会社に対しての貢献度を図りたいと思っています。
どうしてその企業を選んだのかは、ある程度具体的に話しましょう。

未経験の業種への転職でも、ポジティブな考え方を持っていて、成長したいという気持ち・熱意が伝える事ができれば大丈夫です。

Q 2:あなたの長所と短所を教えてください

長所と短所については、必ず自己分析が必要です。
長所は、「自分は何ができるのか?」を考えればそこから過去の経験と結びつけて説明しましょう。

短所については、転職の選考に使えるものというと、なかなか難しいものです。

ですが、簡単なやり方があります。

まず、長所を書きだしてください。

そして、そのあとに「~~すぎる」とつけてみましょう。
たとえば、「行動力がある」が長所だとしたら、「行動力がありすぎる」にします。

そこからは、「行動力がありすぎると、どんなことがおこるか」を考えましょう。
そして、過去の自分の経験を思い浮かべてまとめます。

例として、「行動力がありすぎて、思い立つと即行動してしまい、うっかりミスをしてしまったり、結局後戻りしてしまったりするところが短所です。」となります。

自分をきちんと理解している、克服しようと努力しているという好印象になります。

Q 3:当社のブランドをどう思いますか?

この質問は、具体的にどんな点が好きなのか、いかにそのブランドで働きたいのか面接官に伝わりやすく話すといいでしょう。

これについては、日頃からショップに足を運んでおくことをおすすめします。
そうすることで、働いているスタッフの雰囲気や、コーディネート、店舗の装飾面などで、あなたが思ったことを回答する事が出来ます 。

くれぐれも、 「このブランドは大好きです。」や、「とってもいいと思います。」だけの具体的な理由や意見のない回答はやめましょう。

Q 4:他に面接を受けている同業社はありますか

他にアパレル業界で受けているところがあるのならば、正直に「あります」と答えてかまいません。
その時は、どんなテイストのブランドなのか、何社かくらいは答えて問題ないでしょう。

ただ、今までの面接中の質問の回答とちくはぐなブランド名を答えると、「アパレルならばどこでもいいのか?」と誤解されてしまいますので気を付けましょう。

もちろん、 他に受けていないのであれば「ありません」で問題ありません。

Q 5:当社に入社したら、どう活躍したいですか?

入社したら、どんなふうに仕事に取り組もうと思っているのか?
会社に貢献するために、自分には何ができるのか?

面接官も、この人は入社したらどんなふうに働いてくれるのか期待して質問しています。
入社後の自分の働くイメージをしっかりと意識して具体的に答えられるように準備をしましょう。

何か質問はありますか?

これは、逆質問といってアパレル業界に限らず、面接の際によく聞かれる質問です。

企業によってはこの逆質問をもとに熱意を図る事がありますので、「いいえ、ありません」とは言わずに必ず質問を用意しておきましょう。

たとえば、商品やショップの印象で疑問に思ったことを聞いてみるのも良いですね。
ただし、待遇や給与について聞いたり、あれこれ質問しすぎるのもあまりよくありません。

そして、最後は必ず面接の機会をいただいたお礼と、どうしても働きたいという意欲をアピールしましょう。
悔いの残らないように、言いたいことはすべてここで話しましょう。

アパレル業界の面接で聞かれる想定質問6選でした。
いかがでしたでしょうか。

どの質問においても大切なのは、端的にまとめて結論ファーストで話すことを心がけてください。
面接を想定して、何度も何度も声に出して練習しましょう。
ただし、丸暗記はだめです。

自分の言葉で、要点をまとめて話せば必ず相手にも伝わります。
参考にしてみてください。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職の成功にプロの力を

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いとそれぞれの評判

転職の成功にプロの力を

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る