面接で使える!企業側の意図を抑えた自己PRの答え方

2017.2.26 公開

re_pixta_21975029_L

面接で内定を勝ち取るための自己PRを準備しましょう。ただ書いただけでは取れる内定もとれなくなってしまいます。この記事では、面接の自己PRで内定への距離を確実に詰める方法を紹介しています。

「自己PRって企業は何を求めてるの?」
「自己PRってどんなふうに答えたらいいの?」

今回はそんな疑問にお応えします。
押さえるべきポイントは企業側の視点を理解することです。

ただ自分の自信がある部分を話したとしても内定が取れる可能性は少ないでしょう。
企業側の視点を理解すれば、今まで取れなかった内定が取れるようになります。

それでは具体的に解説します。

自己PRの目的

そもそも、自己PRとは自分の長所を面接官に伝えることです。
多くの学生が他の学生との差別化を目的として自己PRを考え、アピールします。
しかし、どんなに自分が勝っているとアピールしたとしても内定が取れない場合があります。

それは学生の自己PRが企業の意図にあっていない場合です。
以下の2点に気を付けて自己PRを考えましょう。

企業側の視点を持つことが大事

企業側は学生が自社でどのように活躍してくれるかを想像するために自己PRの質問をします。
そのため、自分の長所について話すだけでなく、その長所が企業にとって必要な長所であるかという点について考える必要があります。

例えば、個人で動くことが多い会社やチームで仕事を作り上げていく会社もあります。
この2社では必然的に求められる能力や長所が異なります。

ベンチャー企業であれば企業の成長フェーズに注目してみるのもいいかもしれません。
大手の大企業であれば求められる能力や長所はある程度一般化されます。

しかし、OB訪問などによって現場の雰囲気を詳しく聞くことで会社ごとの社風や社員の性格の違いが見えてきます。

以上のような企業研究や業界研究で見えてきた違いによって企業が求める人材像も必ず異なります。
企業が求める人材像でなければどんなに自分が優秀であることをアピールしても内定を取れることはありません。

したがって、内定を取るためには企業の意図にあわせて自己PRを考えましょう。

自己PR作成の際のポイント

自己PRを聞く意図が理解できたところで、実際の話し方について解説いたします。

伝えたいことが決まったら、あとは伝え方さえ押さえればあなたの内定はグッと近づきます。
この記事の続きを読んでぜひ内定を獲得してください。

押さえるべきポイントは3つあります。
いずれも最低限のポイントですので必ず押さえてください。

PREP法を意識する

PREP法とは文章構成のことで、ストーリーの組み立てのことを言います。

使いやすく、聞き手にとっても非常に理解しやすいので汎用性が高いやり方です。
面接だけでなく、エントリーシートでも活用できますのでぜひ覚えてください。
※PREP=Point, Reason, Example, Point

まず、自分の一番言いたいこと(=Point)を先に話し、理由(=Reason)と具体例(=Example)を説明した後、もう一度自分の一番言いたいこと(=Point)を伝えて自分の話を締めます。

重要なことは、先に結論としてPointを話し、最後にもう一度Pointを話すことです。
自分の意見が相手にとって明確になり、伝わりやすくなります。
自己PRの場合では、
「私の長所は○○です。」
という言葉にあたります。

自分の経験を根拠にする

次に、自分の長所を伝える際に根拠として自分の経験を持ってくることが重要です。
PREP法で言えば、Reasonにあたります。

自分の経験を根拠に持ってこなければ、面接官はあなたの長所を何でもって信頼すればいいか分かりません。

自分の長所を考え付くだけの経験があるはずですので、必ず自分の経験を自分の長所に添えてあげましょう。

入社後のビジョンと改善点を含む

加えて、入社後のビジョンを示してあげると効果的です。
PREP法で言えば、Exampleにあたります。

入社後のビジョンを語ることで、面接官は入社後にどう活躍してくれるかということを想像しやすくなります。

また、自分の長所に対して改善点を示すことも重要です。
改善点を示すことで、自分が自信を持っている点であっても、さらなる向上心があるのだとアピールできます。

したがって、改善点とその改善プランを説明しましょう。
謙虚さを評価してくれるだけでなく、成長意欲が強い学生であることもアピールできます。

最後に

以上が面接で自己PRを攻略する方法です。
いくつか自己PRのポイントを紹介しましたが、最も重要なのはPREP法と自分の経験を根拠に置くということです。

面接はあくまでコミュニケーションですので、面接官のペースに合わせて入社後のビジョンや長所の改善点を話しましょう。

なぜなら、一方的に自分の話ばかりしていては、自己主張が強い学生だと見られる可能性があるからです。

臨機応変に対応することが重要です。
適切な自己PRを書いて内定を勝ち取ってください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る