就活生必見!OB訪問で聞くべきおすすめの質問5選!

2017.2.27 公開

re_ta_15927955

OB訪問で抑えておくべき質問とは何でしょうか?OB訪問で聞くことをおすすめする質問をご紹介します。

就活生のみなさんはOB訪問を活用したことはあるでしょうか?
面倒くさいイメージがありますが、就活する上で現場の人の声を聞けるのはとても貴重で重要なことです。
今回はメリットとおすすめの質問、NGな質問をいくつかご紹介します。

OB訪問のメリット

実際に働いている社員から情報を聞ける

相手は企業に現在勤めている人ですから、求人情報や企業紹介だけでは分かりにくい、会社の雰囲気であったり、普段している仕事だったり、裏話のような回答が聞けるかと思います。

近年よく言われている、求人情報と実際に勤務してからのギャップを聞き出せるのもとても大きいですよね。

「意外と○○な業務内容だった」「想像していた社風と違った」等、自分がその企業に入って望みどおりの環境で働けるかということを再度考えるきっかけにもなります。

選考に有利になることがある

エントリーシートを書く際に、OB訪問をしたことがあるか記載する項目がある企業もあります。

どのくらい自分たちの企業に入りたいのかという意欲を確認するために設けられた質問でしょう。
実際にOB訪問をしたとういうことを書けるとやはり好印象ですよね。
なぜなら、時間を作ってその企業を調べたという熱意が評価されるからです。

また、OB訪問の際に企業側がほしいと思った人にはOB訪問後も頻繁に連絡をとったり、時には一次選考を免除されたりということもあるそうです。

面接の対策に繋がる

社員に直接「求める人材」や「その人が当時話した自己PR」を聞けることもOB訪問におけるメリットの1つです。

資料やホームページにあるものは他の就活生もチェックしていますから、それだけを元にして面接対策をしても他の人と似たような回答ばかりになってしまいやすいのです。

OB訪問で実情を聞くことで、企業が本当に欲しい人材はどのような人なのかを知ることができます。

また、OB訪問では志望動機や自己PRを聞かれることもあります。
本番の面接ほど様々な質問をされることはないかと思いますが、自分についての説明はある程度用意しておき、面接マナーも予習しておくことで面接の練習にもなります。

OBに聞くべきおすすめの質問

職場の雰囲気は

会話が多くにぎやかな職場なのか、それとも静かに黙々と仕事をするような職場なのか、など、それぞれ好みの仕事環境があると思います。
自分がずっと長く働く可能性を考えると、職場の雰囲気を知ることはとても大切なことです。

自分がその職場で働いていることをイメージできるよう、周囲の人柄などなるべく具体的な回答を得られるようにするとより良いかと思われます。

入社前と入社後のギャップ

メリットでも述べたように、社員の人から求人情報にはない企業の実態を聞くことも大切です。

「ここに憧れていたけど、実際に勤務してみると違った」というようなものだけでなく、
「実は意外とこんないいところがあった」というような隠れた魅力を発見できることもあります。

この会社を選んでよかったと感じる時

やりがいを聞き理解することで、それを生かした志望動機をつくることができます。
また、他の会社との違いなども聞けると、志望動機の参考にすることができます。
ネットの情報だけで作ったものよりも、実際に働いている人の意見を聞いて取り入れたものになるので、今までよりもずっと厚みや説得力が出てくるでしょう。

平均的な1日の仕事のスケジュール

会社概要に仕事内容は記載されていますが、そこだけの情報だとどのような経緯でそれが行われているかということは非常にわかりにくいです。

1日の大体の動きであったり、繁忙期はどのように変化するのかであったりと、実情まで聞ければ、より自分が勤めたい企業なのか考えるきっかけになるでしょう。

また、最近は「入社後にどのようなことをやってみたいか」というようなキャリアプランについて面接で聞いてくる企業もあります。

そういった質問に答えられるようにするためにも、最低限の仕事の流れを把握しておくことは大切です。

どうしてその仕事・会社を選んだのか

この質問をすることで、自分の会社選びをする際に役立ちます。

特に内定を他の会社からも貰っていたOB、OGについては、そちらを辞退してまで今の企業を選んだ理由は何なのか、どのような視点で会社選びをしているのかというような非常に参考になる意見を得られると思いますよ。

逆に聞くべきではない!要注意のNG質問

ネガティブな質問

「残業はどのくらいありますか」、「有給は消化しやすいですか」、「離職率はどのくらいですか」等、相手に「この人は仕事に対して意欲がないのかな」と思われてしまうようなネガティブな質問はやめておきましょう。

「現在給料はいくらですか」というようなお給料に関する質問も失礼なことですので、こちらも避けておいた方がいいです。

どうしても知りたい場合は、ネット上でそういった評判や、退職者の書き込みが見られるサイトがあるので、そういったところで情報収集しましょう。

調べていないことを露呈する質問

「今後、世界各地で展開する予定はありますか」というような、自分で調べればわかるような質問は避けましょう。
「勉強してきていないな」とマイナスなイメージがついてしまうこともあります。

事前調査が甘くOB訪問や会社について調べていないことがもし出てきたとしても、しったかぶりはやめるようにしましょう。
自身の勉強不足だと説明し、そこで新たに教えてもらう方がいいです。

「OB訪問はいろいろと面倒…」そう思ってしまう方は結構いるかと思います。
ですが、今回述べさせてもらったように就活においてとても有利になることばかりです。

もしOB訪問をする機会があるという人は、事前の準備をしっかりとしておき、有益なものにしてくださいね。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る