これで完璧!面接を通過するための練習方法3選

2017.1.27 公開

re_pixta_面接練習_L

本記事では、面接の具体的な練習方法についてまとめました。 面接を通過するための練習方法をご紹介し、練習をする目的を正しく理解したうえで実践してみましょう。


就職活動中の方の中には、面接で思うように成果を出せずに悩んでいるは多いのではないでしょうか。

本記事では、面接練習をする目的や、具体的な練習方法をまとめました。
自分の何が悪いのか、どうすれば良いか分からない方に、本記事で紹介する練習法を実践していただき、しっかり準備して面接に臨みましょう。

面接練習をする目的は、慣れる事と自分の型を見つける

面接を練習する目的は大きく分けて2つあります。

それは、慣れておくことと、自分の型を見つける事です。
なぜこの2つが大事なのでしょうか。
ここでは2つに分けてご紹介します。

慣れておく事で、面接時にリラックスして臨む

面接の練習をする事で、当日の雰囲気に慣れておくことが必要です。

緊張しすぎてしまい、伝えたい事を伝えられなかったりする経験は誰にでもあると思います。
また、緊張してしまうと、相手の質問や会話とは全く違う事を答えてしまう事があります。

企業が志望動機を答えてほしい時に、全く違う事を答えてしまうのは勿体ないです。

普段の会話は普通であるのに、面接では思ったように話せないのであれば、練習をする事で緊張をほぐし、当日の面接に臨みましょう。

自分の型を身に着ける事で、自分をアピール

先ほどは、面接に慣れておく事がとても肝心だというお話をしましたが、誰もが同じような答え方ではその人の特徴が見えてきません。

企業は受け答えの中から、就活生自身の性格や特徴を理解し、自社に最適な人材であるかを判断したいのです。

企業側が知りたい事を聞かれた際に、自分なりに質問の意図を理解し、ありのままの自分をさらけ出せると良いですよね。

ありのままをアピールする事で、企業も就活生を理解でき、面接が有意義なものになるのではないでしょうか。

面接の受け答えの基礎は簡潔さと、言動に注意する

これまで面接の目的について解説していきましたが、具体的にどのような面接の練習をすれば良いのでしょうか。
まず初めに、面接の練習をする際の基本的な受け答えの仕方をご紹介します。

簡潔に答える

面接中の受け答えでは、伝えたい事を端的に伝えましょう。
企業は限られた面接時間の中で、就活生を理解し、選考を続けるか、お断りするかを判断するため、伝える情報は明確に、かつ正確である必要があります。

伝え方は様々ですが、聞かれた質問内容に対して、自分の意見・理由・根拠のみ伝えるなど、簡潔に答える事を意識してみましょう。

伝わってないと思って話しすぎない

面接中の受け答えで、企業の面接官は理解したのかな?と不安になったりする時があるのではないでしょうか。

とはいえ、その心配は必要ありません。
なぜなら、面接官は何百人もの就活生と面接しており、緊張や不安になっている就活生を理解しようとする姿勢を持っているからです。

伝わってないと思った時に慌てて話す事がありますが、グッとこらえてみて、面接官の様子を見てみましょう。

姿勢や態度、声のトーンも意識する

企業の面接では、自分を伝える以外に、面接中の態度や、声のトーンなど様々な観点からその人を評価しています。

服装がだらしなかったり、猫背になっていたり、伝えている内容に力があるのに、話し方は若者用語を多用したり敬語ができなかったりすれば、企業は良い印象を抱きません。

面接では全ての言動が見られている事を意識して臨みましょう。

面接を通過するための3つの練習方法

それでは具体的な練習方法についてみていきましょう。
本記事では3つの練習方法に分けてご紹介します。

自分で録音してみる

一番早く実践する事ができるのは、自分自身で練習する事です。
自分の家で何度も練習する事ができ、答え方の言い回しや、伝え方に違和感がないかを自分で聞いて確認してみましょう。

就活生同士で練習しあう

次に学内や、説明会で出会った友達や就活生の仲間と行う方法があります。
お互いに自分の話し方や、態度を見てもらい、何がダメだったかを話し合いましょう。
何でも言い合える仲で練習すると、より効果的です。

エージェント活用やセミナーに参加してアドバイスをもらう

最後にお勧めするのは、就職活動を支援するエージェントや、面接対策セミナーに参加してアドバイスをもらう事です。
エージェントや対策セミナーを開催する企業は、面接で企業が質問する意図や、就活生の意見の添削などをしてくれる就活のプロです。
相談すれば、的確な意見をもらえるかもしれませんので、ぜひ活用してみましょう。

面接は実践する事が大事

いかがでしたでしょうか。
面接は、これまでご紹介した練習法を活用し、実践する事が一番大切です。
面接の練習が本番に通用するよう、何度も練習し、面接に臨みましょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る