2018年度卒の就活解禁から内定が出るまでのスケジュール

2017.4.13 公開 | 2017.5.15 更新

041102_L

内定の出る時期を知りたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、就職活動を始めてから内定が出るまでのスケジュールと、内定をもらうために事前にやっておくべきことをご紹介いたします。


いよいよ2018年卒の新卒採用活動が解禁されました。
これから就活をするにあたって、「いつ何をすれば良いのか?」「内定までのスケジュールを知りたい!」
と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、就職活動を始めてから内定が出るまでのスケジュールと、内定をもらうために事前にやっておくべきことをご紹介いたします。

2018年度卒は6月1日が就活解禁!

企業による選考開始日が昨年2017年と同じく6月1日に、また説明会も3月1日からスタートとなりました。

説明会から選考までそんなに時間があるの?と思われるかもしれませんが、実はやることが山のようにあります。
ゆっくり就活をしていたら準備が間に合わなかった、なんてことがないようにしましょう。

内定までのスケジュール

就職活動が始まってから内定を頂くまでの、大まかなスケジュールをご紹介します。

自己分析や業界・企業研究の期間

まずは、説明会が始まる3月までに、自己分析や業界・企業研究をしておきましょう。

エントリーや説明会が始まると意外と時間がありません。
時間がない中で、自己分析や業界、企業研究を行うと、丁寧に時間をかけてできない可能性があります。
ですから、これらのことは早めにやっておくと心に余裕が生まれるでしょう。

エントリー・企業説明会が行われる期間

3月1日からエントリーや企業説明会が始まります。
エントリーシートの締め切りは、3月下旬~4月中旬が多いので、志望していた企業のエントリーに間に合わなかった、なんてことがないように早めに動き出しましょう。

そのためにも自己分析や企業研究は前もってやっておく必要がありますね。

ES・試験・面接が行われる期間

面接の解禁は6月1日からですが、実は試験は4月~5月にあったりします。
筆記試験で万が一、落ちてしまうと面接にたどり着けませんので、筆記試験の対策はしっかりと行っておきましょう。

 そして6月1日から面接が解禁されます。
面接は基本的に数回行われ、最終面接を無事通過すると内々定となります。

内々定をもらい、その後正式に内定をもらう期間

内々定が貰えたら、とりあえずは一安心です。

内々定は7月~8月が多いと言われています。
しかし多くの学生が就職活動が終了する時期ということもあり、9月にも内々定が集中します。

ちなみに、内々定とは「10月1日に内定をあげますよ」という採用予定通知です。
しかし、まだ正式に企業と学生の間で、労働契約が締結されていない状態です。
今現在、経団連の規則により10月1日以前に内定を出すことは禁止されていますので、このような形式になっています。

注意点としては、内々定はまだ正式に労働契約が締結されていないため、この内々定の期間中に、例えば何か問題を起こしてしまうと、取り消しになる可能性が大いにあります。

そのため、採用予定通知を頂いたということで気を抜かないようにしましょう。

企業によってはスケジュール通りではない

あくまで経団連が決めたルールに則ったスケジュールですので、経団連に加盟していないベンチャー企業や外資系企業は、3月1日以前にエントリーが出来たり、6月1日以前から選考が始まっていたりします。

外資・ベンチャー企業を受けようと思っている学生は注意が必要です。

早い時期から、学生と接点を持ち、採用活動を行っている企業もありますので、学生側も臨機応変に対応することが求められるでしょう。

ただ、早い時期から面接を経験できたり、場合によっては内定をもらえるチャンスでもあります。
スケジュールに縛られすぎず、常に就活情報をキャッチできるようにしておきましょう。

内定をもらうために準備しておくこと

準備不足で志望していた企業に内定をもらえなかった、となったら辛いですよね。
そこで、内定をもらうために何をしておくべきかを簡単にまとめてみます。

エントリーシートや筆記試験対策

エントリーシートはエントリー開始前に記入することを考えておくと、スムーズに企業にエントリーすることが出来ます。
可能であれば誰かにエントリーシートを添削してもらうのも良いでしょう。

今の就職活動では、ほとんどの企業で筆記試験が行われているようです。
ですので、筆記試験もしっかりと対策を行っておくことが大切です。
志望している企業の筆記試験の傾向を調べておくと良いでしょう。
筆記試験は事前に対策をしてきているのか、この人には教養があるかを判断するものでもあります。

試験問題で志望企業の社長や代表取締役の名前が出てきても正確に書けるくらい入念に準備をしておきましょう。

面接慣れをする

面接は誰もが緊張するものです。
しかし、緊張のし過ぎにより自分の力を発揮できずに終わりたくないですよね。
そこで、面接の練習をしておきましょう。

自分でやるのもいいですし、大学のキャリアセンターやハローワークなど面接の練習を行ってくれるところで経験を積んでみてもいいのではないでしょうか。

本命の企業の前に実際にいくつかの企業の面接に受けてみるのも良いでしょう。
面接に慣れることにより、自分のことを存分にアピールできるようになるかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか?就活の内定の時期についてご参考になれば幸いです。

経団連が定めたスケジュールに乗っ取って内定を出す企業もあれば、ベンチャー企業などは早い時期に内定を出すなど、内定の時期は個人差があります。
周りの状況に流されず、しっかり準備をして、行きたい企業から内定を頂けるように頑張ってください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る