内定を勝ち取る!知っておきたい面接中の逆質問40選

2017.1.22 公開

re_pixta_「面接」26485418_L

面接における逆質問の役割をあなたはご存知でしょうか。本記事では面接中に効果的な逆質問とNGな質問をご紹介します。

皆さんは、逆質問が内定を勝ち取るための近道だという事をご存知でしょうか。
実は面接中の逆質問は評価を向上させるためのカギなのです。

そこで、実際に面接で使える逆質問集と、これだけはしてはいけないNGな質問の2つに分けてご紹介します。
質問集を見て自分で逆質問を考えていただき、ぜひ就職活動に役立ててください。

逆質問の役割は何か

面接中は企業と就活生の相互理解の場ではありますが、企業側は就活生が逆質問をする事で、入社意欲や、企業理解を知りたいと思っています。

なぜなら、本当に内定を出すべきか、入社後に働く準備ができているかを判断したいためです。
ですので、内定を勝ち取るためにも逆質問を事前に考えておきましょう。

面接で入社意欲を見せる逆質問10選

面接中に、入社意欲に関する質問をする事は非常に大切です。
なぜなら、就活生が本当に企業に入社したいかを図るためです。
ここでは入社意欲を見せるための効果的な逆質問10選をご紹介します。

◆面接中に入社意欲を見せる逆質問集

1.採用していただいた場合にどこに期待していますか。

2.採用していただいた場合に、どの部署に配属されるのでしょうか。

3.配属先の方と面談していただく機会をいただけますでしょうか。

4.入社した後に、素晴らしい業績を残した方はいらっしゃいますか。

5.入社までにやっておく事はありますか。

6.今までの話を通じて、御社が目指す人材と私にどのような乖離がありますか。

7.入社後に貢献できる人材になるために今必要なスキルセットは何でしょうか。

8.志望している職種ではどのようなスキルを必要としていますか。

9.新しい事業をやりたいと思っていますが、御社でその目標をかなえるために自分に何が足りないですか。

10.御社のサービスに深く共感し、ぜひ一緒に仕事をしたいと思うのですが、いかがでしょうか。

面接で企業理解をアピールするための逆質問10選

ここでは、面接中に企業理解にアピールするための逆質問集をご紹介します。

企業理解をアピールするためには、事前に企業を調べておく必要があります。
調べておく事で、企業の課題を見つけだし、自分の長所を活かして、その課題を解決できる事を面接でアピールしましょう。

◆自分をアピールするための逆質問集

1.御社には○○という課題があると思いますが、いかがでしょうか。

2.御社の目指す先と、自分の○○な強みを組み合わせる事で相乗効果が生まれると思いますがいかがですか。

3.自分の○○な性格は、御社のビジョンである○○に当てはまっていると思うのですが、いかがでしょうか。

4.学生時代に経験した○○を、御社で活かす事ができると思ったのですが、いかがでしょうか。

5.前職で得た企画開発の経験を活かして御社の課題である○○に貢献できると思うのですが、いかがでしょうか。

6.御社の目標と今の現状に乖離があると思いますが、その課題を解決するために必要な人材は何ですか。

7.競合が激化している中で、自社の優位性を保つために人材面でどんな人が必要ですか。

8.市場が減少していくうえで、困難に立ち向かうための人材が必要ですが、それは私の○○によって解決できると思ったのですが、いかがでしょうか。

9.私は人と親しくなる事が得意とお話ししましたが、それは顧客の課題をくみ取るためには必要な能力だと思いますが、いかがでしょうか。

10.次の事業の柱を作るために必要な人材はどのような人材ですか。

これだけはしてはいけない逆質問20選

面接は、限られた時間の中で自分を存分にアピールする場です。
ですので、福利厚生などの入社後に聞ける事や、調べても分かるような質問は控えましょう。

福利厚生など入社後に聞ける質問

1.福利厚生はどうなっていますか。
2.週休2日制ですか。
3.有給は取れますか。
4.家賃補助はありますか。
5.初給料はいくらですか。
6.昇給はどれくらいのペースできますか。
7.ボーナスはいくらですか。
8.課外活動はどんな事をされていますか。
9.残業はしないといけないですか。
10.転勤はありますか。

企業HPに書いてあるような質問

1.御社の事業理念は何ですか。
2.売り上げはどのように推移していますか
3.社員数は何人くらいいますか。
4.商品は何を展開していますか。
5.役員にはどのような経歴の方がいますか。
6.今後の選考フローを教えてください。
7.新卒は何人採用しますか。
8.研修はどれくらいの期間がありますか。
9.職種は何がありますか。
10.平均年収はいくらですか。

自分で逆質問を考える事が大事

いかがでしたでしょうか。
面接中に、入社意欲や企業理解を踏まえた効果的な質問、福利厚生などこれだけはしてはいけない質問の2点に分けてご紹介しました。

本記事を参考にしていただき、自分が質問しやすい内容を考えてみてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る