自己PRは書き方で差をつける?あなただけの自己PRを書こう!

2017.2.26 公開

Individuality Unique Different Fish Graphic Concept

エントリーシートで自己PRを書く時は、書く目的を明確にし、書き方のポイントを押さえることが重要です。例文を真似ることはリスクを高める可能性があります。リスクを回避し、内定への距離をぐっと近づけましょう。

エントリーシートでよく聞かれる質問の中でもTOP5に入るのが自己PRです。
よく聞かれるということは、人事や面接官も重視している可能性があること。

つまり、自己PRは人事や面接官にアピールしなければならない箇所であるということ。

だからこそ、例文を真似て作るだけでは自己PRが一般化してしまい、あなたの良さをアピールするのに不十分になってしまいます。

そこで今回はあなたの良さを十分にアピールできる、あなたらしい自己PRを書く方法を伝授します。
今回ご紹介するポイントに注意してあなたらしさにあふれた自己PRを書いてください。

そもそも自己PRとは何のために書くのか

まずは自己PRを書く目的を明らかにしなければなりません。
ただ書いたのでは、企業側の意図とずれた自己PRを書いてしまいかねません。

自己PRを書く目的を明らかにして適切な自己PRを書きましょう。

そこで、自己PRは何のために書くのかということを以下の2つの視点から解説します。

  • 学生側の視点
  • 企業側の視点

学生側の視点

まずは学生側の視点です。

学生にとって自己PRは、自分が自信のある点をアピールするためにあります。
あくまで人と比べる必要はありません。

自分の経験から考えて、どんなことに強みを発揮するのか、チームで動くときにどんな役割を担うのかということを考えて答えを出しましょう。

企業側の視点

企業にとっては、入社後にどんな強みを発揮してくれるのかという点を自己PRの質問から判断しようとしています。

○○な強みがあります、とただ書かれただけでは企業は学生の活躍を想像しにくいのです。
○○な強みはどんな状況でどんな問題に対処するときにどのように発揮されるのかということを想像しようとしています。

したがって、学生は自分の経験からより具体的に自己PRをしていかなければならないということになります。

つまり、学生は、自分の強みをアピールするだけでなく、その強みを自分の経験から具体的に説明してあげることが重要となります。

適切な自己PRを書く方法

これまでの流れで、エントリーシートで自己PRを書く目的が明確になったと思います。

目的が明確になったということは自己PRを書く判断基準が明確になったということです。

  • 学生側の視点:自分が自信のあることをアピール
  • 企業側の視点:入社後どう活躍してくれるかを想像する

まとめてみると、以上の2点になります。

そこで、この章では自己PRを実際に書くときのポイントとして
文章を書くときにかかせないCCF法とPREP法の2点についてご紹介します。。

CCFを意識する

まずは、文章を書くことそのものにとって大事なことです。
文章構成を作る際に大事なことですので、自己PRを書く以外の場合であっても参考になりますのでぜひ活用してください。

CCFとはConclusion Comes Firstの略で、結論を先に書くことを意味します。
文章を書くとき以外にも、面接やプレゼンなどでも効果があります。

結論を先に伝えることで、自分の言いたいことを相手の頭の中にスムーズに想像させることができます。

PREP法を使う

次に、PREPとは、Point Reason Example Pointの略で、文章構成の作り方に関する技法です。

Pointとは最も伝えたいことのことで、Pointを書いた後すぐにその理由を書きます。

そして、PointとReasonをより具体的に相手に想像させるために具体例を書き、最後にもう一度Pointを繰り返します。

自己PRを書く場合は、

Point=自分の強み
Reason=自分の経験
Example=経験の具体化

ということになります。

ReasonやExampleは必ずあなたの経験に根拠付けるようにしてください。
なぜなら、あなたらしさを作ることができるからです。

あなたの経験はあなたにしか経験することのできなかったものです。
逆に、あなたの経験が入っていない文章だと、誰でも書ける文章となってしまいますので気をつけてください。

例文の使い方

最後に、例文の使い方についてご紹介します。
ネットで検索をすればたくさんの例文が出てきますし、例文を参考すれば簡単に自己PRを書くことができます。

しかし、例文を真似て作るよりは、自分が考えた言葉で表現したほうがあなたらしさはより表現できます。

もちろん、エントリーシート初心者であれば書くことに慣れる必要がありますので例文を参照しても構いません。

ただ、書くことに慣れてきたらできるだけ自分の頭で考えた言葉を使って書きましょう。

文章に正解はありませんので、前述した文章作成のポイントさえ押さえておけばあなたの自己PRは必ず面接官や人事に伝わります。

あなたの頭の中で考えた言葉なら、面接のときにもその言葉が生きてくるはずです。
ぜひあなたらしい自己PRで内定を勝ち取ってください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る