3STEPでわかる!転職の準備事項

2017.4.18 公開

re_pixta_6379364_L-min


皆さんは転職を考えた時に何をすればいいかすぐに思いつきますか?
タイミングよく、挑戦してみたかった職種や働いてみたい企業が人員を募集していたら、応募したい衝動にかられた経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、チャンスをものにする為には入念な準備が必要です。
常に準備をし、いつでも動けるようにポイントを押さえて転職を成功させましょう。

転職活動の流れの把握と期間のスケジューリング

ここでは、転職するなら知っておくべき転職の流れと期間を紹介します。

転職を考えるなら今から準備を

今すぐ転職したいと思って行動しても、準備が不十分だと自分の希望する就職先に就ける可能性は低くなってしまいます。

転職を希望する目的は何でしょうか?未来の自己像は明確になっているでしょうか?

「この仕事(職種)は以前からチャレンジしてみたかったので転職を希望する!」と言う動機は前向きですが、これだけでは漠然としており企業へアピールする際は少し押しが弱いです。

動機を更に明確にする為に、今後どのような希望を持って仕事をしていくのか候補をいくつかあげる準備から進めていきましょう。

転職活動期間を計画的にスケジューリングする

自分で転職活動はこの時期にと決めて、その時の選択肢の中から決めるのも、希望の案件が出てくるたび応募するのも自由ですが、事前のスケジューリングは大切です。

希望の職種がすぐ募集される可能性もありますし、数ヶ月先になるかもしれません。
転職のチャンスはいつ巡ってくるかわからないのです。

また、日々の生活費の事や家庭の事情で転職できるチャンスがあってもすぐに動けないかもしれません。

転職は、期間や自分がどう動くのかを決めてスケジューリングを行う必要があります。

これから転職の準備をする場合、おおよそ約4~6ヶ月先までの計画を立てましょう。

まずは転職の準備として、情報収集や自己分析を約3週間~1ヵ月で行いましょう。

また、面接・内定にかかる期間は1~3ヶ月程が目安です。
円満に退職する準備に1~2ヶ月程期間をとり、その中での収入はどの程度になるか支払義務、支出も含めて計算してみましょう。

今後の予想をする事で自ずとベストな転職時期やスケジュールが見えて来ます。

転職で実現したい目標、自己分析・経歴の整理

経歴の洗い出し、自己分析

今までどのような仕事に携わり、提案して通った企画や施策はあったでしょうか?
また、その結果どのような成果があげられたでしょうか?

経歴や自分が出した成果の洗い出し、自分の武器をまずは整理しましょう。

毎日仕事に追われて忙しい方は、自分自身の経歴を見直すと共に、自分自身の強みや弱みは何かを自己分析する事も大事です。

転職時に自分を売り込むセールスポイントが多くあると、武器になります。

転職を決意したタイミングで自分自身を深く掘り下げてたくさんの強みを持って面接へ挑みましょう。

目標を定める

面接時も質問される今後の目標についてですが、転職後どのように自己が成長し、いかなる人材となるかがポイントです。

転職の面接を無事突破し、入社してからその後どのようになりたいのか、どんな事にチャレンジしてみたいのか今一度考えてみましょう。

また入社後、目標を達成した先にはどんな未来があり、自分自身はどのように成長しているのかを想像してみましょう。

一歩先の未来を考える事で、本当に自分自身の目指すべき目標が見えてくるはずです。
自分自身の未来像が具体的なほど強みになり、面接時に良いインパクトを与える事ができます。

入社・退職する準備

退社時は上司、同僚、部下への配慮を忘れずに

転職を決意した際は、今お世話になっている会社に対しても配慮して準備を進めなればなりません。
退職の意向は早めに上司へお伝えしましょう。

また退職した後も社内で円滑に業務が周るように引き継ぎは必ず行い、後任者へは退職の3ヶ月前から1ヶ月前から業務の移行をしましょう。

時間がない時はできる範囲で手順工程の資料などを作成して次の対応者がスムーズに作業を行えるようにしましょう。

入社する前の準備

転職先の会社は希望もありますが不安もあります。
せっかく希望の職種に就けたのに社内のコンプライアンスがめちゃくちゃ!ブラック企業だった!という事もあり得ます。

価値観が目覚ましく変わる現代社会では「好きな仕事だから気にしない」と言う方は少数派かもしれません。

やはり大多数の方は環境や設備が整っていて、人間関係も穏やかな風通しの良い会社を選びたいと考えます。

フルタイムで働く日本人の平均的な出勤日数は1年間の内、約250日前後です。毎日行く場所だからこそ、できるだけ自分にあった環境を選びたいですよね。

入社後に「イメージと違う!」と言う事がないように事前に口コミサイト等を見て、働く人の意見を把握しておくことをお勧めします。

社風や職場環境等がどのような状態なのか、また社員教育は充実しているのか確認する事ができます。

転職は一期一会です。

目標や目的がはっきりしているのであれば面接前にいろいろな会社を比較して検討してみましょう。

常に準備を心がけて

転職を決めたら計画的にスケジュールを立て、自分自身を冷静に自己分析し、目標を明確にし、未来像を明確にする事が大事です。

そして1度決定した後も、常にもっと具体化できるところはないか、軸がブレない程度にアップデートしていきましょう。

洗い出した自分の経歴は、肉付けできる部分はないかを考えアピールポイントを強化しましょう。

これが転職の準備となり、自分とって未来へ進む為の経路が示された地図となります。

また自分のウィークポイントを把握し、それをカバーするためにどう行動しているのかも説明できると良いでしょう。

面接時、ぶれる事なく自分自身を売り込む事ができます。
最終目標の軸は普遍的ですがスキルやキャリアは流動的な為、都度再構築して見直しをしていくことが大切です。

準備が整っていれば転職時の好機を自分から作って行く事ができます。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職準備や気持ちを整えよう

ブラック企業を回避して転職をする方法

あなたに合う転職情報、届けます

IT業界未経験者向け転職マニュアル!IT業界の基本と転職術

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職準備や気持ちを整えよう

「仕事辞めたい」と検索するあなたへ

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る