ビジネスマナー検定の概要と出題内容

2017.2.28 公開 | 2017.5.10 更新

The word exam against arrows pointing

就職して何年か経つと、ステップアップを考えたり、改めて自分の知識を見直したいと思ったりすることがありますよね。

そんなときに資格の取得を考える人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ビジネスマナー検定をご紹介します。
是非参考にしてみて下さい。

ビジネスマナー検定とは

ここでは、ビジネスマナー検定とは何かについて説明します。

ビジネスマナー検定の概要

ビジネスマナー検定では、ビジネスマンとしての判断、行動が適切にできているかどうか、人間関係やマナー、話し方を理解しているか、などが問われます。

つまり、「ビジネス社会の基本的なルール(=職場常識)」を身に付けているかどうか、ということになります。

ビジネス社会で必要な知識や行動を一定の審査基準によって判断するのが「ビジネスマナー検定」です。
ビジネスマナー検定は、受験資格に制限はなく、どなたでも受験することができます。

1級、2級、3級があり、試験日はどれも同じ日になっています。
1級は筆記試験に合格すると、二次試験(面接試験)があります。

ビジネスマナー検定の1級を申し込む場合は「面接試験日程」も確認しておいたほうがよいでしょう。

申し込みの仕方

ビジネスマナー検定の申し込みの仕方は、三つあります。
インターネットからの申し込み、書店での申込み、郵送での申込みです。

インターネット申込み

1.受験を希望する検定名を選択して必要な情報を入力してください。
2.クレジットカードで支払うか、コンビニエンスストアで支払うか選びます。
3.それぞれ必要な情報を入力します。
4.申し込み完了メールが送信されます。コンビニの支払いを選んだ場合は選択したコンビニで支払番号をもとに受験料を払います。(支払方法はコンビニによって異なります。)
5.領収書(レシート)が申し込み完了の控えです。

書店申込み

1.検定案内(願書)を全国の受験申込受付書店・大学生協などで入手し、願書に必要事項を記入していきます。
2.記入した願書と受験料を受付書店に持って行き、願書のNo.2【受験者控】とNo.3【協会郵送】に領収印を押してもらいます。
3.No.2【受験者控】とNo.3【協会郵送】と、専用封筒を受け取ります。
No.2は受験票が送られてくるまで保管しておきましょう。
4.No.3【協会郵送】に領収印があることを確認してから専用封筒に82円切手を貼り、
№3を同封の上ポストに投函すれば、申し込み完了です。

郵送申込み(現金書留)

1.検定案内(願書)を全国の受験申込受付書店・大学生協などで入手し、願書に必要事項を記入していきます。願書の.No.1【書店(生協)控】は破棄して下さい。
2.No.2【受験者控】をはがし、検定協会から受験票が送付されるまで保管します。
3.No.3【協会郵送】と受験料を一緒に、現金書留で検定協会宛に郵送します。
このとき、願書は折って郵送します。.No.3【協会郵送】と受験料を別々に送ると、受験できない場合がありますので気を付けましょう。

ビジネスマナー検定の出題内容

ここでは、ビジネスマナー検定の出題内容について説明します。

ビジネスマナー検定の合格基準と出題内容

ビジネスマナー検定の筆記試験は、全級とも「理論」と「実技」に領域区分されており、それぞれの得点が60%以上のときに合格になります。

「理論」の内容は主に”必要とされる資質“と”企業実務”で、「実技」では”対人関係”と”技能”が出題されます。

必要とされる資質では、仕事の指示の受け方や連絡の仕方、職場における協調性など、仕事をする上で必要な行動や判断ができるかどうかが問われます。

企業実務では異動の内示を受けた時の対応の仕方や、仕事で起きたトラブルなどにどう対応するかが問われる問題が出題されます。

ビジネスマナー検定の出題内容には、訪問先でのマナーや電話対応、メールの送受信のマナーなどもあり、ビジネスシーンにおいて必要な知識やルールが多く出題されます。

ビジネスマナー検定1級になると自分自身のことだけでなく、後輩や新人教育について、さらに企業の利益のことまで幅広く出題されます。

出題形式

ビジネスマナー検定の出題形式を確認しておきましょう。

ビジネスマナー検定2,3級は選択問題(マークシート方式)と記述問題。

1級は全て記述問題です。
1級になるとビジネスマナーの必要性や、企業の社会的責任など、多岐にわたってビジネスに関する問題が出るので、掘り下げて勉強しておく必要があります。

以上がビジネスマナー検定についてのまとめです。
仕事をする上で必要な常識を改めて学ぶことができる役立つ資格です。
スキルアップにつながり、自分を高めることができる点もビジネスマナー検定のいいところですね。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る