グループワークで気を付けるべきポイントと突破のコツ

2017.2.28 公開

re_pixta_28447062_L

グループワークとグループディスカッションの違い

グループディスカッションとは複数の人数で一つの議題について話し合いをすることです。

グループワークとは選考対象の学生たちがグループ分けをされ、出されたお題に対してグループで考え、資料・企画書などを作成して結論を発表します。

違いを簡単に表現するならばグループワークはグループディスカッションに資料制作などの作業が加わったものとなります。

選考で見られるポイントはどちらも同様のようです。

議題やテーマの種類

グループワーク、グループディスカッションともにとは一つのテーマに沿って議論をすることですが、何について議論をするのか、またはどのように議論をし合うのかについて、4つの種類がありますのでご紹介していきます。

1.自由討論形式

最も一般的に実施されているのが自由討論形式です。
1つのテーマに沿って自由に話し合いをするタイプになります。

この形式のコツはグループで話し合った意見を時間内でいかにグループとしての結論としてまとめることが出来るかということです。

2.グループワーク形式

最も実践的なのがグループワーク形式です。
実際に入社後に業務を行うことを想定した内容に基づいてチーム内でシミュレーションをしていくものになります。

一種のコミュニケーションゲームで、チームで楽しみながら行えるゲームが含まれていることが多いです。

ここでは、テーマに対する答えが当たっているかどうかが重要なことではなく、チーム内での役割や協調性があるかどうか、チーム全員の協力でどのような結論が出たのか?ということが重要となります。

3.ディベート形式

最も説得力、論理的思考が求められるのが、ディベート形式です。
ディベートというのはテーマについて賛成派と反対派に分かれて議論を行うことです。

ここでは、いかに相手を論理的に説得が出来るかが必要になります。

また、相手側の意見を受け入れる柔軟性も求められています。
自分のチームの意見だけに固執しすぎないようにしましょう。

4.インバスケット形式(優先順位付け)

実施されることは少ないようですが、覚えておくと役に立つのがインバスケット形式です。
いくつかの要素が提示され、その要素を何らかの基準に基づいて優先順位を決めていくというものになります。

チームのメンバーで意見を出し合いながら、チーム内で協調して優先順位を決めていきます。
設定を十分に読み取り優先順位をつけていく必要があります。

また、自分の意見をしっかりと理由付けをしてメンバーへ伝えることが出来ると評価が高くなります。

グループワーク中に気を付けるべきポイント

自己主張のし過ぎに注意

グループワーク・ディスカッションは、一つのテーマに沿ってチームで協力をしながらチームとしての結論を出すということです。

自分が満足すればよいわけではなく、相手の意見も聞き議論を発展させていくということが目的になっています。

自分一人が話している時間が長く、自己主張が強すぎると協調性がないと評価されてしまうので気を付けましょう。

役職にこだわらない

グループワーク・ディスカッションでは進行役やタイムキーパーなど様々な役職があります。
ただし、役職で合否が判断されるわけではありません。

役職があろうとなかろうと、状況に応じた振る舞いが出来るかどうかが重要です。

反対意見を言う場合は冷静に

この場合は「対人能力」を見られています。
自分と違う意見が出た時に相手の意見も尊重しながら反論が出来るかどうかがポイントになります。

他のメンバーを支援する

支援をするとは、他のメンバーが意見を言いやくなる、理解しやすくなるという環境を作ってあげることです。
自分が話している時に真剣に耳を傾けてくれている人がいると話しやすくなります。

また、発言が少ない人に話を振るなどの気配りをして、積極的な意見がたくさん出るような環境を作ることが大切です。

お題の前提を明確にする

色々なコツがありますが、その中でチーム全体でのコツはお題の前提を明確にすることです。

お題において、それぞれの言葉の意味で議論を進めると前提が違うまま話が進んで行ってしまい、せっかく優秀な人が集まっていたとしても、議論がまとまらなくなってしまいます。

前提が違うまま議論を進めていたのでは時間の無駄です。

お題のそれぞれの言葉を定義付けして、前提を明確にすることで議論がスムーズに進めることが大切です。

最後に

グループワークのコツはたくさんありますが、今回はその中でも重要なコツをまとめました。
是非明日から実践して頂けると幸いです。

グループワークを得意分野にして就活を乗り越えていきましょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る