プロ意識で変わる!仕事ができる人が意識している2つのこと

2017.2.24 公開

Businessman Working Reading Newspaper Information Concept

あなたはプロ意識を持って仕事をしていますか? ここでは、プロ意識を持って仕事をする方法をご紹介します。

あなたは「できる人はどんなプロ意識を持っているの?」、「プロ意識を持って仕事をするってなに?」、思ったことはありませんか?

仕事のできる人は、自分の仕事や人生においてプロ意識を持っています。

そこで、今回は、「プロ意識で変わる!仕事ができる人が意識している2つのこと」をご紹介します。

この記事を読むことで、できる人いつも意識しているプロ意識とは何かがわかります。
まだプロ意識を持って仕事をしたことがない方でも、プロが意識していることを把握することで、仕事の質が上がります。

仕事ができる人が意識している2つのこと

ここでは、仕事のできる人が意識している2つのことを紹介します。

時間の大切さ

プロ意識を持って仕事をする人は「時間はお金以上に価値のある」ことを知っています。
というのも時間がなければ、働いてお金を稼ぐことが出来ないですし、時間がなければ稼いだお金を使う機会もないからです。
さらにいうと、時間を何に使うかがもっとも重要です。

「時間を何に使うのか」、「だれと過ごすのか」、「どんな時間を過ごすのか」、時間の使い方次第で人生の質が決まってきます。

だからこそ、あなたは何のために生きていて、何に人生という時間を使うのか一回立ち止まって考えてみるのも良いかもしれません。

時間を意識した仕事のポイント

ここでは、時間の大切さを意識して仕事をする時のポイントを2つ説明します。

①相手の時間をリスペクトする
プロ意識を持って仕事をする人は、相手の時間をリスペクトします。
相手は自分とは異なった価値観や優先順位をもって働いているので、何かお伺いを立てるとときはタイミングや確保していただく時間の長さに気をつけましょう。

何か時間を確保していただくときには相手の同意を得ることも大切です。また、時間を確保してお頂いた際はお礼を伝えましょう。

  • 相手に何か仕事を頼む時(タイミングを見計らう)
  • 「今お時間よろしいですか」と聞く。

  • 相手とアポイントの約束をしたとき(お礼を伝える)
  • 「本日はお忙しい中、お時間を頂き有難うございます。」

  • ミーティングの時間を決めると(同意得る)」
  • 「明日のミーティングは1時間でよろしいでしょうか?」

② 相手の時間感覚を共有する
プロ意識を持って仕事をする人は、相手の時間感覚を共有します。
というのも、価値観が違えば時間に対する意識や感覚も異なることが多く、その差を埋めたほうがお互い気持ちよく円滑に仕事をすることが出来るからです。

子供が幼稚園に通っているワーキングマザーの例を挙げましょう。
子供を毎日6時に迎えにいかなければいけないとします。
さて、この方の日中の時間間隔はどのようなものでしょう。

おそらく、6時というデットラインが決まっているので、日中の時間をいかに効率化するか、いかに早く正確に仕事をするかを意識しているでしょう。
1時間の重荷もデットラインの決まっていない人と比べると異なってくるでしょう。
こういった時間感覚を共有することが出来れば、相手は心地よく仕事が出来ますし、仕事が円滑に進めることが出来るようになります。

具体的には、ます相手を知ることから始めましょう。
一緒に仕事をしているうちに、相手が大切にしている価値観は何か、どんなスケジューリングをしているのか分かってくるはずです。

他人に頼る

プロ意識を持って仕事をする人は「他人に頼る」ことの大切さを知っています。
というのも、自分が完ぺきではないこと、自分一人でできることの大きさがどのくらいなのか知っているためです。

他人に頼ることは、自分の弱さを認め、頼る人の強みを認めることなので、なかなかできるものではありません。
しかし、仕事を成功させるためには、そういったプライドは捨て、自分は自分の強みを、自分でできないことは人に任せることが大切です。
そうすることで自分は向いている仕事に集中することができるので、効率的に仕事を進めることが出来ます。

よって、自分よりもできる人がいたら積極的に頼っていきましょう。
そうすることで他人を巻き込み、いい仕事ができるようになります。

他人に頼るまでのプロセス

仕事を他人に任せるときは、以下のようなプロセスを踏み任せてみましょう。

① とりあえず自分で仕事をやってみる
② 仕事が自分に向いているか、自分の強みが発揮できるかを判断する
③ 自分に適性がないと判断した場合、適性のある他人に仕事を任せる

まとめ

ここでご紹介している「プロ意識で変わる!仕事ができる人が意識している2つのこと」を読んで頂くと、プロ意識とは何かがわかり、その活かし方もわかります。
最後に、それぞれの要素をもう一度確認しておきましょう。

仕事ができる人が意識している2つのこと
    ①時間の大切さ

  • 時間はお金以上に価値のある
  • 「時間を何に使うのか」、「だれと過ごすのか」、「どんな時間を過ごすのか」が大切
  • 【時間を意識した仕事のポイント】
    ①相手の時間をリスペクトする

  • タイミングを見計らう
  • お礼を伝える
  • 同意を得る
  • ②相手の時間感覚を共有する

  • 相手を知ることから始める
  • ②他人に頼る

  • 自分の弱さを認め、頼る人の強みを認めること
  • 自分は自分の、他人は他人の適性に合わせて仕事をすれば効率的

最初は、難しく思われるかもしれませんが、ぜひ、ここでご紹介した「プロ意識で変わる!仕事ができる人が意識している2つのこと」を試してみてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る