これだけは抑えておきたい!面接の対策とその傾向

2017.1.27 公開

re_pixta_面接対策_L

就職活動中に、面接の対策をする方は多いと思います。ここでは面接対策の際に必要な準備や傾向をお教えします。


皆さんは面接の対策で何が大切かご存知でしょうか。
面接になかなか通らず何がいけないのか分からない方も 多いと思います。

実は面接の対策はとても難しいです。
なぜなら企業によって評価や基準が多様化しているからです。
企業によってほしい人材は異なるので、面接も様々な角度から評価されます。

とはいえ、面接はコツさえ掴めば、面接を通過する確率が上がる事 をご存知でしょうか。
そこで、面接までの準備と面接の傾向をご紹介し、皆さんの就職活動に役立つコツをご紹介します。

面接の対策で必要な事を抑える

面接の対策において、一番重要な事は「準備」です。
なぜなら、準備をする事で必要な情報を事前に把握し、面接に臨む事ができるからです。
ですので、面接の対策を念入りに行いましょう。

ここでは面接の対策として、自分を知る事、企業を研究する事、そして業界の知識を得る事の3つに注目してご紹介します。

1.自分を知る

なぜ自分を知る必要があるのでしょうか。
それは自分を知る事で相手に自分の魅力を伝えるためです。

それでは自分を知るためには何をすれば良いのかというと、ズバリ「自己分析」です。

自己分析とは、文字の通り自分の情報から「どういう人間か」を分析する手法です。
そのやり方には2つあり、自分で行うか、他人の意見を聞くかです。

自分で行う方法は、過去の経験から分析したり、ネット上に無料の診断サイトもありますので、そちらを参考にすると良いでしょう。

他人の意見を聞くに関しては、知人や家族に自分はどんな人なのかを聞いたり、エージェントを活用して分析を一緒に行う事も良いでしょう。

とはいえ、自己分析の仕方はたくさんありますので、自分に合った分析をしてみましょう。

2.企業を研究する

続いて企業研究ですが、自分が志望する企業の情報は必ず調べましょう。
なぜなら、調べる事で企業で働くイメージ が持てますし、本当に志望する企業であるのかを見極める事ができるからです。

調べ方は様々ですが、ここでは、企業の分析の仕方の例とその理由をご紹介します。

調べ方例

1.企業のHPや運営しているサイトから読み取る
―企業そのものを表すサイトであるので、信憑性が高いです。

2.企業の決算短信や年次報告書から読み取る
―企業の出している報告書には業界の展望や自社の現状を数字ベースで客観的に書かれており、客観的な分析が可能です。

3.業界の知識を得る

志望する業界の知識は最低限調べておきましょう。
調べる事で業界への理解も深まり、自分の知識として蓄積されます。

ここではニュースを見る事と、セミナーやイベントに参加する事の2種類についてご紹介します。

A、関連したニュースを見る

志望する企業の業界を見るためには、ニュースサイトを見るのがお勧めです。
なぜかというと、専門知識が載った業界の本などを読む前に、幅広い情報を閲覧する事で、大枠を掴むことができるからです。
ここではお勧めのニュースサイトを紹介するのでぜひ参考にしてください

おすすめニュースサイト

Yahoo News
生活情報や、世界の情勢まで幅広く提供するニュースサイトです。
情報が幅広く存在し、情報が網羅されているのが特徴です。

NewsPicks
業界別のニュース記事を見る事ができるニュースサイトです。
経営者や著名人が記事に対してコメントするのが特徴で、ニュースに対して様々な視点で見る事ができます。

B、セミナーやイベントに参加してみる

志望する業界の事を知りたければ、実際に足を運んでみるのも良い方法です。
業界のプロに話を聞く事で、業界の新しい情報が掴めます。
またイベント中に出会った人と仲良くなり、意見交換をできるようになるとさらに良いでしょう。
そういった情報を使い、面接時に鋭い視点から質問できるかもしれません。

面接の傾向を把握する

準備が整ったら面接に臨みましょう。
とはいえ、面接はどのような視点で何を問われるか分からないですよね。

そこで書類審査から最終面接までを、3つのフェーズに分けてご紹介します。

書類審査、グループ面接は基礎能力が評価される

書類審査、グループ面接では、就活生の社会人としての基礎能力が評価基準になります。

基礎能力とは、社会人としてのマナーや、思考力などがありますが、企業により求める能力は変わるため、企業採用ページの募集要項を調べてみましょう。

人事やサービス責任者との面接は企業との適性が評価される

書類審査、1時面接は主に基礎的な能力を見る場合が多いと述べましたが、その後の面接ではより企業とマッチしているかが評価基準になります。

主に人事やサービスの責任者が面接を行い、配属する部署に適性かを判断します。

ポイントは今の会社と将来の展望に自分がどれだけ貢献できるかです。
そのため企業の現状を理解し、自分の訴求ポイントをアピールしましょう。

社長、人事責任者との最終面接は入社意志や熱意が評価される

最終面接はその名の通り、自分と企業がすり合わせをする場です。

ここでは主に、入社意志の確認を行うための時間になります。

とはいえ、採用の決定者が面接するため、印象が悪いと落ちる可能性もありますので、気を付けましょう。

自分が入りたい意志を意識して面接に臨みましょう。

面接の対策は何度も行う

いかがでしたでしょうか
自己分析や企業研究などの準備を徹底し、面接の傾向をしっかり抑えて面接を行いましょう。
面接の対策は必要に応じて何度も繰り返し、精度を高めていく事をお勧めします。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る