転職でうまくいかない理由とその対処法

2017.4.19 公開

re_pixta_25132160_L


転職活動を頑張っているものの、不採用が続いている、応募したい求人がない。
そんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

転職がうまくいかないとストレスが溜まって気持ちが落ち込んだり、面接をしてもまた次も落ちてしまうだろうと、暗い気持ちになってしまいます。

その感情が態度に出てしまい、採用担当者にも伝わり、面接でも上手く振る舞えなくなってしまってはいないでしょうか?

そんな負のスパイラルから脱出するためには、どうしたらいいでしょうか?

今回は転職がうまくいかない要因とその対処法について解説していきます。

転職でうまくいかない理由

そもそも、転職でうまくいかない理由はなんでしょうか?
原因として考えられることを5つ挙げてみました。

①企業の求める基準を満たしていない

企業から基準を満たしていないと判断された場合は、書類審査の時点で不採用となるケースが多いです。
募集要項に記載してある事柄に該当しているか、必要資格を取得しているかなど、きちんと確認しましょう。

少しくらい該当していない点があっても、自分にはやる気があるから大丈夫、などと過信している人は考え方が甘いです。

新卒採用であれば、企業はその人の潜在的可能性を重視して採用しますが、中途採用では即戦力となるかどうかを重視しています。

採用されるためには、即戦力になりうるスキルを身に付けていないとまず難しいでしょう。

「この会社で自分は活躍できるのか」「自分はどんなスキルを活かして、どう活躍できるのか」という、入社した後のことを具体的にイメージして、きちんと考えた上で応募しましょう。

②志望する範囲の企業が少なすぎる

「この企業に絶対入りたい」「ここしかない」と考えて1つの企業に絞って挑むと、そこが不採用になったときのダメージが大きく、立ち直れなくなり、次の企業を受けようという気分になれずにずるずると引きずってしまう可能性があります。

同時に何社も受けて先に第一志望でないところから内定が来てしまったらどうしようかと悩んでいる方は、心配する必要はありません。

第一希望の企業ではないところから先に内定が出た場合は、安易に受諾をせずに、しばらくの間待ってもらえるよう企業側に保留をお願いしましょう。

また、保留については最長でも1週間程度になります。
そのため同時期に入社企業について考えられるよう、応募タイミング・選考フェーズを複数企業同時進行で調整することも重要になってきます。

少しでも気になる求人については同時に複数応募し、面接を受けてみましょう。

④第一印象が悪い

面接での採用不採用は、9割が第一印象で決まると言われています。

派手な髪型や、清潔感のない服装など、就活にふさわしい恰好ができないということは、常識が無い人間だと思われてしまう可能性があります。

一度悪い印象を与えてしまうと、短い面接時間の中で立て直すのは難しいので、髪型や女性であればメイクにも気を使ってきちんとした就活スタイルで面接に挑みましょう。

④面接でしっかり意思疎通ができていない

例えば、転職理由を問われているのに、前の職場を辞めた理由を長々と話し過ぎて、前の職場の愚痴のようになってしまったりしていないでしょうか。

採用担当者は、あなたがこの会社に入って、「何をやりたいのか」「どのように貢献できるのか」ということを聞きたいのです。

採用担当者が聞きたいことを汲み取って、それに対する答えをしっかりと受け答えできるようにしましょう。

⑤論理的に答えられていない

面接での受け答え方に問題があり、自分の魅力をしっかり相手に伝えられていない可能性があります。

素晴らしい能力を持っていたとしても、それを伝えられなければ、無いのと同じです。

質問に答えるときは、「結論」「理由」「根拠」の順番で、内容を組み立てて話すとよいでしょう。

転職でうまくいかないときの対処法

気持ちをリセットさせる

失敗したことをいつまでも引きずらないようにし、また次の転職試験に備えることも大切です。

転職がうまくいかない時は、気分転換をして、転職活動のやり方を見直したり、希望職種等について、今一度考え直す時間も必要です。

失敗した過去にとらわれて慎重になりすぎたり、がむしゃらに頑張るだけでは転職活動はうまくいきませんし、疲れも溜まる一方です。

万全な体調で転職の選考に挑むためにも、転職活動がうまくいかない時は、一度気持ちをリセットして、対策を練りながら、心に余裕が持てるように心がけましょう。

面接について振り返る

転職でうまくいかない時は、一度自分自身を見つめ直すことも大切です。

何社も受けてことごとく不採用になってしまうということは、応募条件に満たないか、企業からこの人はうちの会社には合わないと判断されてしまっている可能性があります。

今一度自分を客観視して、面接での受け答えに一貫性があるか、自分のアピールしたいことがしっかりと伝わるように話せているのかなど確認していきましょう。

本当に転職すべきか考え直してみる

また、何度も転職を繰り返さないために、給与を含めた待遇面、業務内容、就業時間、環境面などについて、本当に求めている条件を考え直してみてください。

そして、求める条件をすべて満たすことは難しい可能性もあるので、優先順位をしっかりとつけましょう。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職の成功にプロの力を

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いとそれぞれの評判

転職の成功にプロの力を

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る