就職活動で内定への距離をグッと近づける志望動機の考え方

2017.2.27 公開

re_pixta_26270177_L

就職活動において志望動機はエントリーシートや面接で必ず聞かれるものです。
また、志望動機を固めることで落ち着いて就職活動を進めることができます。
志望動機だけは必ず明確にして就職活動へ臨みましょう。

しかし、志望動機を書くと言っても想像がつかない人もいると思いますので、ある一つの例えをもって志望動機を理解していただければと思います。

それは、志望動機を「好きな人への告白文」で捉えるということです。
なぜなら、就職活動と恋愛は共通する目的を持っているからです。

その目的とは、自分の想いを伝えて、相手の心を動かさなければならないということ。
志望動機とは企業の面接官の心を動かすために作るのです。

そして今回は、面接やエントリーシートに関わらず、志望動機を作る際に押さえて欲しいポイントを解説します。

企業が志望動機で求めているもの

まずは企業が志望動機で何を求めているのかを理解する必要があります。

あなたがどんなに優秀で強い想いを持っていたとしても、企業側の意図とずれた志望動機であれば、面接官の心を動かすことは難しくなる可能性があります。

したがって、まずは企業が志望動機で何を求めているかを明らかにする必要があるのです。

志望動機で企業が求めているポイントは大きく分けて3つあります。

やりたい仕事は何か

まずはやりたい仕事が何であるかということです。
企業側の目線では、学生がどんなにうちに入りたいと言っても、何の仕事をしたいのかを伝えてこなければ学生が企業に貢献してくれるかどうかを判断することは難しいのです。

したがって、学生もやりたい仕事を明確にしておかなければなりません。

入社後の展望

次に、入社後の展望をどう考えているかを志望動機から判断することで、自社で働いてどんな成長をしてくれるかを具体的に想像することができます。

新卒採用は中途採用と違い、長く働いてくれることを前提としています。
そのため、学生が入社した後、どんな成長をして自社に貢献してくれるのかを判断しなければなりません。

なぜうちが良いのか

やりたい仕事と入社後の展望に加えて、なぜ自社でなければならないのかということも判断する必要があります。

なぜなら、早期に離職されるリスクを考える必要があるからです。

多額の費用をかけて採用した学生の離職は、企業にとって大きなリスクとなります。
したがって、辞めない学生かどうかを判断するためにも、なぜうちでなければならないのかということを聞いておく必要があるのです。

志望動機の事前準備

志望動機を聞く企業側の意図が理解できたら、志望動機の事前準備は非常にやりやすくなると思います。
なぜなら、企業側の意図3点に対して応えるだけでいいからです。

しかし、一方で、自分の就活の軸も明らかにしておかなければなりません。

なぜなら、綺麗な志望動機で何とか内定を取ったとしても、内定を取った企業が自分の希望とは異なる企業だった場合、入社後のミスマッチが起きてしまう可能性があるからです。

ミスマッチが起きると、企業側だけでなく、学生であるあなたにとっても働くことがストレスになり、お互いにとって不幸です。

リサーチを重ねれば、自分の就活の軸と合う企業が必ずありますので、できるだけ自分の就活の軸にあった企業を選ぶようにしましょう。

自分の就活の軸にあった企業について、3つの意図に合った事前準備をすればいいのです。

そのための事前準備は2つあります。

自己分析

まずは自己分析をしましょう。

自分の考え方や価値観が変わった経験を書き出してみて、その時の感情や想いをWhat、Why、Howで3回~5回ほど具体化するのです。

大学生や高校生の時が人間にとって人格形成の時ですので、その頃の経験で構いません。

3つくらいの経験を深堀できたら、3つに共通する価値観がありますので、その価値観があなたの志向や適性となります。

もし共通する価値観が無ければ、深堀する経験の数を増やしてみてください。
必ず自分の考え方の軸を発見できるはずです。

企業研究

次に企業研究をしましょう。
企業の意図3点をさらに明確かつ具体的にしなければならないからです。

そのためには、企業の社風や今後の方針を明確にしましょう。
企業の社風や今後の方針が分かれば、企業の意図が明確になり、求める人材像までわかるはずです。

志望企業ごとの志望動機を

自己分析でわかった自分の考え方の軸と、企業研究でわかった社風や方針が一致する企業があなたの志望企業です。
そのため、志望動機は志望企業ごとに作り替える必要があります。

志望企業が明確になったら、志望動機を300字くらいで一度ノートに書いてみることをお薦めします。

とても簡単に書けるようになっているはずです。
なぜなら、志望動機はあなたの考え方の軸と企業の社風や方針が一致していることで、その理由はすべて自己分析や企業研究の中身にあるからです。

自分の就活の軸を先に決めたほうがいいという意図はここにあります。
無理に志望動機を考えれば考えるほど無駄に頭を使ってしまい、志望動機で悩む原因となってしまいます。

しかし、この記事で紹介した対策法であれば、努力は必要ですが無理に頭を使う必要はありません。
さらに、自分なりの志望動機が出来上がると思います。

ぜひ、自分なりの志望動機で希望する企業の内定を勝ち取ってください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る