内定辞退を円満にするためには?就活を気持ちよく締めくくるための方法

2017.3.30 公開

re_pixta_26670520_L-min (7)

せっかく就職活動を頑張ってきたのですから、自分が本当に納得できる企業に入社したいですよね。自分が本当に納得できる企業に入社するためには、勇気をもって他の内定を辞退することも必要です。そこで今回は内定辞退について解説しています。

内定を辞退することについて不安を抱えてはいませんか?
せっかく就活をここまで頑張ってきたのですから、せめて円満に内定を辞退したいですよね。

辞退をすると責められるかもしれない、という不安を解消して、就活を気持ちよく終わらせましょう。
今回は、内定辞退をできるだけ円満に行う方法をご紹介します。

円満な内定辞退をするために必要な3つのポイント

内定を辞退するときには3つのポイントに気を付けてください。
どのポイントにも共通するのは「相手の気持ちになってみる」ということです。

もちろん、就職活動はみなさんにとってしてみれば人生の大きなターニングポイントですので、遠慮する必要はありません。
しかし、みなさんに内定を出すのに多額の採用費と手間をかけた企業側の気持ちも考えてみてください。

せっかく内定を出したのに、断られるというのは少なくともいい気持ちはしないはずです。
企業側気持ちに寄り添うことはせめてもの配慮だと思って、謝罪の意を伝えましょう。
それでは3つのポイントをご紹介します。

できるだけ早めに連絡をする

まずは、辞退をきめたらできるだけ早めに連絡を返しましょう。
内定が確定したら、企業側はみなさんを受け入れる体制をどんどん進めています。
できるだけ企業側の迷惑を少なくするためにも、早く連絡をしましょう。

電話で連絡する

内定の連絡は電話で構いません。
直接会いに来いという企業も中にはありますが、実際に会いに行く必要はありません。

できるだけ電話で済ませるほうが安全ですし、無難に事を終えられます。
会いに来るように言われたら、「予定がありまして」と言って断ることもできます。

むしろ、実際に会いに行って緊張感漂う場で伝えると焦ってしまい、正確な判断ができなくなってしまう可能性もあります。
しかし、メールだけで連絡するのも誠意にかけてしまいますよね。
そのため、できるだけ電話で連絡をしましょう。

無駄なことは話さない

・辞退理由
・入社予定の企業

これら2つの点は極力自分から話す必要はありません。
聞かれたら応えるという程度で大丈夫です。

辞退理由を言ってしまうと、企業側から説得をされてしまいかねません。
押しに弱い方の場合、説得されてしまいかねませんので、ある程度ドライに対応するというのも、相手に期待を抱かせないために必要な方法です。

内定辞退のリスクと対処法

もちろん、内定を円満に辞退できない可能性もあります。
その場合に考えられるリスクと対処法について解説します。
ぜひ参考にしてください。

怒られる

まずは、採用担当者から怒られる可能性があります。
企業の中には、電話口で学生に説教をする人事担当者や、呼び出して話をするように求めるところもあるようです。

もちろん、内定を辞退するということは企業に迷惑をかけていることですので、謝罪はする必要があります。
そのため、内定辞退の連絡はできるだけ電話で済ますようにしましょう。

電話口で説教されるようなことがあれば、一つの社会勉強だと思って受け止めましょう。

法的リスク

次に、就活生が不安になりがちな内定辞退の法的リスクについても解説しておきます。

まず、学生が損害賠償を請求されることは一切ありません。
なぜなら、企業と学生では明らかに企業の方が立場が強いですし、民法627条によって学生が内定を辞退する権利が認められているからです。

民法より抜粋
(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条  当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
2 . 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
3 . 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三箇月前にしなければならない。

したがって、法律的なことで企業側にどんなことを言われようとも、心配する必要はありません。
むしろ毅然とした態度で立ち向かいましょう。

最後に

いかがだったでしょうか。
円満に内定辞退を告げる方法と、告げた時のリスクに対する対処法が分かれば、もう心配する必要はありません。
自信を持って内定辞退の電話をかけましょう。

就活はみなさんの人生を決める大きなターニングポイントですので、慎重に決めて間違いはありません。
企業側に迷惑がかかることはあるかと思いますが、大きな決断として後悔の無いようにしましょう。
ぜひ頑張ってください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る