仕事を円滑に辞める方法とは

2017.2.14 公開 | 2017.5.8 更新

re_pixta_16520735_L

あなたは仕事を円滑に辞める方法を知っていますか? ここでは、仕事を辞めるときのポイントと実際に辞める方法をご紹介します。

あなたは「仕事ってどうやって辞めるの」、「どのタイミングでやめればいいの」「仕事を辞めるとき気を付けることは」と悩んだことはありませんか?

実は、仕事を辞めるときのタイミングは、スムーズに仕事を辞めるためにもとても大切なことです。
そこで、今回は、「仕事を円滑に辞める方法」をご紹介します。

この記事を読むことで、仕事を辞めるタイミングや辞めるときのポイント、実際にどうやって辞める手続きをすれば良いかわかります。

仕事を辞めるときのポイント

ここでは、仕事を辞めるときのポイントについて説明します。

退職理由を明確にする

退職の理由を明確にすれば、もし引き留められてもはっきり断りやすいです。また、退職理由は体調不良や親の介護など引き留めにくいものにすることも有効です。

退職予定日を決める

退職の手続きをスムーズにするためにも退職予定日をきめておきましょう。
ここでのポイントは、退職予定日に幅を持たすことです。
そうすることによって会社と相談する際も円滑にことが決まります。

転職先を決める

退職は、転職が決まってから伝えましょう。先に退職してしまうと転職がなかなか決まらなかった場合、無収入で暮らすことになるリスクがあるからです。
無収入で転職に集中で出来なくなってしまっては本末転倒なので、気を付けて下さい。

事前に上司に相談する

退職をすることを決めたら。まずは直属の上司に相談しましょう。
いきなり退職届をもって提出するのは、マナー違反です。少しでもお世話になった会社であれば事前に退職することを相談したほうが良いでしょう。

仕事を辞めるタイミング

ここでは、仕事を辞めるときのタイミングについて説明します。

2週間前に通知すれば退職できる

基本的に労働者は、辞職する2週間前に意思を伝えればやめることが出来ます。
というのも、民法第627条第1項に「期間の定めのない労働契約は、当事者がいつでも解約を申し入れることでき、解約の申し入れから2週間経過することで終了する」と定められているからです。

退職を伝えるのは2.3ヶ月前にする

退職を伝えるのは、退職する2.3ヶ月前にしましょう。
というのもあまりに直前すぎると、会社とのトラブルのもとになりかねませんし、引き継ぎがうまくいかないことも多いからです。そのため退職を伝えるのは、余裕をもって2.3ヶ月前にしましょう。
また、退職の時期は、繁忙期をさけ、円滑に退職できる時期を選ぶと良いでしょう。

退職を伝えるのは就業時間外にする

退職を伝えるタイミングは、就業時間外が望ましいです。
というのも、就業時間中は、仕事をする時間ですし、仕事が忙しいのでなかなか時間を取ってもらいづらいからです。
目安として18時退勤の会社の場合は、仕事が終わる18時過ぎが良いでしょう。シフト制でなかなか18時過ぎに話をできない人は、上司が忙しくない時間帯を選びましょう。

仕事を辞める方法

ここでは、実際に仕事を辞める方法について説明します。

退職願を提出する

退職するときは、退職願を提出しましょう。
退職願には以下の内容を書きましょう。

  • 宛先
  • 提出時の日付
  • 自分の名前
  • 自分の押印
  • 退職予定日
  • 退職理由

仕事の引き継ぎをする

退職が決まったら、残っている仕事を片付け、退職予定日に間に合うように仕事の引き継ぎをしましょう。営業でクライアントを多く抱えている人は、引き継ぐのに時間がかかるため、早めに動きだしましょう。

まとめ

ここでご紹介している「仕事を円滑に辞める方法」を読んで頂くと、仕事を辞めるときのポイントや実際に辞める方法がわかります。最後に、それぞれの要素をもう一度確認しておきましょう。

    仕事を辞めるときのポイント

  • 退職理由を明確にする
  • 退職予定日を決める
  • 転職先を決める
  • 事前に上司に相談する
  • 仕事を辞めるタイミング

  • 2週間前に通知すれば退職できる
  • 退職を伝えるのは2.3ヶ月前にする
  • 退職を伝えるのは就業時間外にする
  • 仕事を辞める方法

  • 退職願を提出する
  • 仕事の引き継ぎをする

最初は、面倒に思われるかもしれませんが、ぜひ、ここでご紹介した「仕事を円滑に辞める方法」を読んでみてください。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る