転職で起こるリスクと最小限に抑える予防策

2017.3.31 公開

re_pixta_26438147_L-min

転職には様々なリスクがあります。転職を成功させるためには、リスクを最小限に抑えるために予防しなければならないのです。

転職には、リスクがたくさんあります。
転職活動中や転職後のリスクなど様々です。

しかし、こういったリスクを想定し、自ら解決に努める事が重要ではないでしょうか。

本記事では、転職に関わるリスクと、リスクを最小限に抑える予防策をご紹介します。

転職ってリスクあるの?

転職をするのに、リスクがあるのかと思う方も多いかと思います。

しかし、転職をするのには、様々なリスクが伴います。
物事を考え行動する事で何かしらのリスクは伴うからです。

アメリカのビジネスマンの間では、トレードオフという言葉があります。
トレードオフとは、何かの目標を達成するためには犠牲を伴う事で、転職をする場合は、何かを犠牲にしなければなりません。

つまり、転職にはリスクが伴う事を予め覚えておきましょう。

転職活動中に起こるリスク

では、転職をする時には、どんなリスクがあるでしょうか。
ここでは、転職する際のリスクをご紹介します。

転職先が見つからない

転職をするに伴って起こるリスクとして、転職先が見つからない事があるのではないでしょうか。
転職先が決まらないと、今の会社に居続ける事になり、焦りや不安が出てきます。

焦りや不安が出ると、選考にも影響し、さらに落ち込むなど負のスパイラルに陥ってしまいます。

自分が行きたい企業の内定をもらえない、選考がなかなか通らないなど、転職が上手く行かない事が、リスクの1つになるのではないでしょうか。

現職との関係が悪くなる

転職活動中に起こるリスクとして、転職中に現職の関係が悪くなる可能性があります。

転職活動をする事は、企業にとって、マイナスになる場合があります。
会社の資産である「人」が、別の場所に移動してしまうので、会社として損失になります。

また、会社内の同じ事業部署である人が、仕事を引き継がなければならなくなり、負担になるためです。

こういった損失や負担が、関係を悪化させてしまうリスクになります。

転職後のリスク

また、転職活動中以外にも転職後のリスクもあります。
ここでは、転職後に起こるリスクをご紹介します。

社員との壁がある事で仕事が上手くできない

転職後は、既にいる社員との間に壁を感じてしまい、思うような仕事をできないかもしれません。
既存社員は、仕事の仕方や組織内の人間関係など、会社の環境を理解しています。

よって、既存社員と比べ分からない事が多いと、壁を感じてしまうのです。
壁を感じ、思うような仕事ができないと、転職先で不満を抱えてしまいます。

そういった、既存社員との差が原因で、仕事が上手くできないリスクが起こってしまう可能性があるのです。

社風や文化が思っている事と違う

企業に転職が決まったのは良いが、いざ働いてみたら、実際よりイメージが違うと感じるリスクがあります。

面接や面談では、自分が行きたい会社、合っている会社と思っていたが、社内の雰囲気や仕事の仕方が思っていた事と違う場合に、モチベーションがどんと下がってしまうからです。

モチベーションが下がると仕事への熱も持ちにくくなり、転職した事を後悔したりします。

よって、社風や文化が想像と違う事が、転職する先のリスクになってしまう可能性が出てくるのです。

過剰な期待を背負わされて仕事がやりにくい

転職は、転職先企業がほしい人材ニーズがあってこそなので、当然経験や実技を期待されて入社されるはずです。

そのため、会社からの期待が大きすぎる事が原因で、仕事がやりにくくなってしまいます。

仕事で失敗したらどうしようと、失敗できない環境が作られ、パフォーマンスが発揮できなくなる可能性があります。

そういった期待が過剰すぎる事で、仕事がやりにくくなってしまうリスクが起きてしまいます。

リスクを最小限に抑える予防策

では、先ほど述べたリスクを抑えるためにはどんな対策が必要なのでしょうか。
ここでは、リスクを最小限に抑える予防策をご紹介します。

現職では、仕事をしっかりする

転職をする事において、現職との関係が悪化しないために、今の仕事を全力で取り組みましょう。

転職をするからもう大丈夫という考えではなく、目の前の仕事に全力を尽くす事が大事です。
全力を尽くす事ができれば、今の企業からも評価され関係を維持できるかもしれません。

また、仕事への真摯な姿勢が、転職先でも必ず評価されるはずです。

そのため、現職での仕事を諦めず、やり切る事が重要です。

転職活動中は準備を徹底する

転職活動中は、リスクに備えて十分な準備を行いましょう。

会社選びに必要な企業研究、面談の設定など、考えられる対処をしておくことで、転職先企業と自分の期待値のすり合わせを徹底する事で、思った企業と違ったという事は限りなく低くなります。

転生活動中は、準備を徹底し、希望する企業に転職できるようにしましょう。

転職後は積極的に仕事をする

転職後は、自ら仕事を取りに行きましょう。
転職だからといって、仕事を待ちの姿勢になるのではなく、細かな仕事からどんどんやってみるのです。

例えば、デスクを整理したり、お茶汲みをしたりなど、誰もやらないような小さな仕事を積極的にすれば、社員との壁も無くなり、快適に仕事ができます。

転職後は、自分から仕事を積極的にする事を心掛けましょう。

リスクを洗い出し、予防をする

いかがでしたでしょうか。
本記事では、転職のリスクと、リスクを最小限に抑える予防策をご紹介しました。

本記事を参考に、考えられるリスクを洗い出し、自分なりの予防策をしてみてください。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職活動を始めたら読もう

転職面接で圧倒的に成功率を高める5つのポイント

転職準備や気持ちを整えよう

ブラック企業を回避して転職をする方法

あなたに合う転職情報、届けます

IT業界未経験者向け転職マニュアル!IT業界の基本と転職術

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビネクストのグッドポイント診断を試してみた~助手のアイさん編~

転職準備や気持ちを整えよう

「仕事辞めたい」と検索するあなたへ

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る