内定と内々定の違い!契約の違いと取り消しに関する知識

2017.1.31 公開

「内定内々定」re_pixta_15480195_L

あなたは、内定と内々定の違いを知っていますか。ここでは、内定と内々定の意味や法的な違いについて説明します。

あなたは、内定と内々定の違いを知っていますか?
内定と内々定は、その時期や、契約内容一つとっても大きく異なります。

そこで、今回は「内定と内々定の違い」について詳しくご紹介します。

また、もし自分が内定辞退しなくてはいけなくなってしまったときに想定しなければならないリスクや企業から内定、内々定が取り消しになった場合の対処法についても解説していきます。

内定と内々定とは

まず初めに「内定と内々定」一般的な定義について説明します。

内定とは、採用企業が学生に合格を通知し、10月1日以降に労働契約を結んだ状態のことを言います。

一方、内々定とは、採用企業が学生に合格を通知し、10月1日以前に口約束を結んだ状態のことを言います。

内定と内々定の契約内容の違い

次に、「内定と内々定」の違いについて説明します。

内定の法的拘束力

ここでは、内定と内々定について、法的拘束力があるかどうかについて説明します。

内定は、正式な労働契約のため、合理的な理由がない限りは解約することはできません。
ただし、内定通知書に取り消しする場合の取り決めがされている場合は、それに従わなくてはなりません。

また、この労働契約は「始期付解約権留保付労働契約」の一つであり、簡単に言うと、以下2つの特徴があります。

・提出期限が付いている。
・解約ができる。

提出期限については、新卒の場合4月1日が最も多いです。
また、解約する場合、企業側は合理的理由があれば解約できます。

例えば入社予定の学生が卒業できなかったなどです。

つまり、恣意的な理由では解約できないということです

内々定の法的拘束力

内々定は、先ほども触れましたが、労働契約ではなく口約束なので、解約しても責任は問われません。

損害賠償の可能性

ここでは、内定と内々定について、損害賠償の可能性があるかどうかについて説明します。

内定

企業が内定を恣意的な理由で取り消した場合、学生は損害賠償を求めることが出来ます。
過去には、損害賠償を請求した事例もあるので、判例を参考にすると良いでしょう。

内々定

企業が内々定を恣意的な理由で取り消した場合は、学生は基本的に損害賠償を求めることはできません。
ただし、あまりにも不当な解約の場合は損害賠償を請求が認められることもあります。

下記は「予約契約の不当破棄」について根拠となる条文です。

第545条
当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を原状に復させる義務を負う。
ただし、第三者の権利を害することはできない。

前項本文の場合において、金銭を返還するときは、その受領の時から利息を付さなければならない。
解除権の行使は、損害賠償の請求を妨げない

また、企業が内々定を取り消す理由が合理的な場合は、内定を取り消されてしまうこともあるので注意しましょう。

それは整理解雇といい、下記4要件に当てはまる場合に解雇することが出来ます。

①人員整理の必要性がある場合
これは、経営不振などを打開するために行った経営的判断のことを言います。

②解雇回避努力をした場合
これは、解雇を回避するためにあらゆる努力を行っている場合のことです。
例えば、希望退職者の募集、役員報酬のカットなどです。

③解雇者選定に合理性が認められた場合
これは、人選基準が合理的で公平な場合です。

④解雇手続きの妥当性が認められた場合
これは整理解雇について、解雇の対象者や労働組合と十分に協議などし努力している場合のことです。

まとめ

ここでご紹介している「内定と内々定の違い」を読んで頂くと、内定と内々定の意味やそれぞれの法的リスクが理解できます。
最後に、それぞれの要素をもう一度確認しておきましょう。

◆内定とは:採用企業が学生に合格を通知し、10月1日以降に労働契約を結んだ状態のこと

◆法的拘束力:労働契約のため、合理的な理由がない限りは解約することはできない
*ただし、内定通知書に取り消しする場合の取り決めがされている場合は、それに従わなくてはならない

◆損害賠償の可能性:学生は損害賠償を求めることが出来る

◆内々定:採用企業が学生に合格を通知し、10月1日以前に口約束を結んだ状態のこと

◆法的拘束力:労働契約ではなく口約束なので、解約しても責任は問われない

◆損害賠償の可能性:基本的に損害賠償を求めることはできません。
※ただし、あまりにも不当な解約の場合は損害賠償を請求が認められることもある。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る