仕事人間の特徴って?仕事上で気を付けるべき5つのポイント

2017.4.7 公開

re_pixta_27084386_L-min (5)

仕事人間だと感じる時はありますか?また仕事人間とは何なのでしょうか?仕事人間が仕事をする上で気を付けるべきポイントをご紹介します。

みなさんは自分が仕事人間だと感じることはありますか?
そもそも、仕事人間とは、いったいどんな人のことを言うのでしょうか。

イメージは仕事一途で他に趣味などもなく、仕事を何よりの生きがいにして働く人ではないでしょうか。

仕事人間であることは決して悪いことではありませんが、時に家庭を顧みない薄情な人と思われたり、健康上にも問題がでてくることもあります。
仕事人間であることには、注意しなければならないことが幾分かありますので、仕事人間の特徴と、仕事上で気を付けるべき注意点をみていきましょう。

仕事人間の特徴

仕事人間の特徴とは、どのようなものがあるでしょうか。
ここでは、5つ特徴をあげてみます。

仕事をしている時間が長い

朝は誰よりも早く出社して、夜は誰よりも遅くまで会社にいます。
すすんで残業をし、サービス残業でも、休日出勤でも、気にせずに、
ひたすら仕事に時間を費やします。

仕事熱心なのは、、大切なことですが、プライベートでも、仕事が頭から離れず、気がつけば、いつもついつい仕事の話ばかりしてしまい、周囲に引かれてしまう危険もあります。

もちろん、たくさん働くことが、生きがいとなる人もいますので、限度を守れば悪いことではありません。

仕事のパフォーマンスが高い

次に、仕事人間の特徴の一つに、仕事のパフォーマンスが高いことがあげられます。
仕事のパフォーマンスが高いとは、簡単にいうと周囲より仕事の成果を上げており、質も高いということです。
仕事に対して、強い責任感を持って取り組んでいますし、強いやりがいを感じているので、どのような仕事も引き受け、
自ずと仕事が増えていきます。

仕事の段取り、準備に時間をかけた分、良い成果に繋がる快感を知っているのでしょう。
しかし、なかには、やらなくてよいことまでやろうとして、仕事時間が長いから、仕事ができると、勘違いをしている人もいますので、そこは見極めなければなりません。
あくまで、仕事内容が重要です。

食事をとらない

仕事に夢中になっていると、食事をとることも忘れてしまいます。
昼休みでも、小休憩時間でも、ずっと仕事をしているように見られます。

他の人が帰るときも、朝来た時も、席にいるので、徹夜で仕事をしていたのかと、
思われることもあります。

食事をとる時間がもったいない、きりがいいところまで片づけようとする、
食事よりも仕事が優先というわけです。

趣味がない

仕事人間は、寝ても覚めても、仕事のことを考えている状態で、家に仕事を持って帰る人もいますから、仕事以外のことに興味を待てません。

趣味は「仕事」と答えてしまうでしょう。

恋愛に無頓着

恋愛についても、趣味と同じ理由で、自分の仕事以外に興味を持てなくなってしまいます。
「仕事」が恋人、「仕事」は裏切らない、等のフレーズは聞いたことがあるのではないでしょうか?。

仕事人間が気を付けるべきポイント

仕事に打ち込むことは決して悪いことではありません。
やりがいを感じ、一生懸命やることは素晴らしいことだと思います。

ですが、仕事人間ならではの気を付けるべきポイントもあります。
どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

自分の価値観を共有しない

まずは、みんなが同じモチベーションやレベルではないことを認識しましょう。
仕事人間の人は、ついつい自分と同じくらいの高いレベルを求めてしまったり、同じモチベーションで取り組んでいるものだと思い込んだりしてしまいます。

そのため、残業することや休日出勤することも、当たり前になっているところがあります。
しかし、残業はしたくない、休日まで働きたくない、と思う人もいますし、
趣味に時間を使いたい、恋人や家族との時間を大切にしたい、と思う人、そういう人もたくさんいることを踏まえて、立ち振る舞わらなければいけません。

自分と違う考え方の人を受け入れる姿勢を持つことが大切です。

家庭を顧みる

中には家族がいる方もいると思いますが、家庭は顧みるようにしましょう。
家族を養うために仕事を頑張っているのだからと、家庭のことは任せっきりになりがちです。
しかし、家族の協力があるからこそ、仕事に集中できる環境を確保できるのです。

家庭を顧みずにいると、パートナーに負担をかけてしまっている場合があります。
時には家族サービスも、仕事への理解を深めてもらうために、大切な仕事です。

健康にも気を配る

生き生きと働き、長く一線で活躍し続けるためには、健康でいなければなりません。
食事を抜いたり、睡眠時間を削ったりしていると、健康面やメンタル面でも、取り返しのつかない状態になってしまう場合もあります。

大好きな仕事を思いっきりやるためにも、健康に気を配ることを忘れてはいけません。

食事や睡眠はしっかりとるようにしましょう。

仕事以外の楽しみをつくる

仕事だけを生きがいにしていると、いつか、仕事が身近なものではなくなったときに、何もなくなってしまいます。
仕事以外にも、何か興味を持てるものを見つけましょう。
そこから、仕事へのヒントになることもあるかもしれませんし、気持ちをリフレッシュさせることでより仕事へ集中することもできます。

仕事に熱中するのは悪いことではない

仕事に熱中することは素晴らしいことだと思います。
途中で諦めることなく、投げ出さずに仕事を完遂しようとする姿勢は、尊敬するべきところですが、一方で、自分の価値観を人に押し付けたり、周りへの感謝を忘れてしまったり、健康を損ねてしまう危険性もあります。

自分をきちんとコントロールし、時には休息も取りながら仕事に打ち込んでいくことをおすすめします。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る