会社を辞める時のベストなタイミングと、NGな辞め方

2017.5.31 公開

re_pixta_17884872_L-min


会社を辞める時に、どのタイミングで辞めるのか迷いますよね。

そこで今回はいつ辞めるのが自分にとって最善の選択なのか、また今までいた会社にとっても良い時期はいつなのか?を分かりやすく解説します。

誰しも辞める会社とはもめたくないものです。
この記事を参考に、ぜひ円満退社を目指してください。

会社を辞める日はいつにすべき?

まずは転職先の入社日から逆算する

転職先への入社日が決まっている人が、会社を辞める日、つまり退職日を決める基準は、ずばり「次の転職先への入社日」です。

そして、理想的な退職日は、転職先への入社日前日です。
その理由は、働いていない期間があると、健康保険や年金などの手続きを自分で行わなければならず、また、給料も発生しないからです。

また、入社日を目標にしないと、現在勤務している会社との退職交渉が長引いてしまい、予定通りの転職が困難になってしまう場合があります。

法的には、退職の意思表示は、退職日から14日前までに行えば問題はありません。

ですが、すんなり行かずに、引き留められた場合のの退職交渉や、次の担当決めや今後の仕事に支障のないようにするための引継ぎ作業、有給休暇の消化などがあるので、退職の1〜2か月前に退職の意向を会社に伝えるのが良いでしょう。

賞与を受け取る時期を考慮して決める

賞与というのは、過去の一定期間の働きに対する対価です。
これは、どこの会社でも就業規則に記載されていますので、しっかり確認しましょう。

そして、その賞与の額が確定した後に、退職を申し出るのがベストです。

退職を切り出した後に、査定された場合、今後のあなたの貢献度を差し引かれて著しく賞与額を下げられてしまう恐れがあるからです。
賞与を支給することは、会社の義務ではありません。

賞与は自分の働きに対する評価です。
しっかりと受け取ってから辞めるに越したことはありませんね。

有給休暇の残り日数を考慮して決める

企業によって違いはありますが、一般的には半年以上勤務すると、有給休暇が付与されます。
そして、勤続年数に応じで付与される日数が決まり、1年に1度有給休暇が付与されます。
こちらも必ず就業規則で確認しましょう。

退職するのは、この有給休暇が付与後が望ましいでしょう。
有給休暇の取得は会社にとって当然の義務であり、引け目を感じる必要はありません。

有給休暇は次の仕事に就く前の、長期のお休みとして利用できます。
有意義に活用してください。

これだけはやってはいけないNGな辞め方

突然辞める

辞める旨を会社に伝えて、退職するまでの期間が短すぎる辞め方は、あまりよくありません。
理由は、今までやっていた業務の引き継ぎ作業は、少なからず社内の人に迷惑がかかります。時間的な配慮は必要になるからです。

また、取引先や社外の方への対応も必要です。
あなたが退職した後、これまで通り、ビジネスパートナーとしてやっていけるのか。
新しい担当者はどんな人なのか…。

取引先は、口には出さなくても、不安を抱えることになります。

その不安を払拭するのは、残された社員の人たちです。
迷惑をかけることのないような慎重な行動、配慮が大切です。

嫌いな人の名前を出して辞める

辞める理由に、苦手な人がいるから…ということはよくあります。
どうしても性格や考え方が合わない、イヤな上司や同僚はいます。

しかし、ある特定の人の名前を出して、それを辞める理由にするのはやめましょう。

その人と違う部署に異動させるから、退職はしないでくれと止められるかもしれません。
または、うわさであなたが人間関係で前の会社を退職したと、次の職場で知られてしまうかもれません。

嫌いな人の名前を出すことは、円満退社するにあたってメリットにはなりませんので絶対にやめましょう。

嘘をついてやめる

理由は別にあるが、会社のためを思い嘘の理由で退職することは、消して悪いことではありません。

しかし、あとあとバレてしまったときに自分が不利になるような嘘はやめましょう。
世間は狭いものです。

新しい職場で、その嘘が発覚することもあり得ます。
その時、あなたの信用が落ちてしまわないようにしましょう。

辞め時は自分でしっかり決めよう

会社を辞めるタイミング、そして、やってはいけないNGな辞め方について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

退職は、人生において大きな分岐点です。
この記事を参考にしっかりと辞め時を定め、円満退社に向けて最良のタイミングで行動しましょう。

転職ファインダープラスの姉妹サイト、『転職ファインダー』では、対応地域や職種、特徴から自分に合った転職エージェントが探せる!クチコミや評判、人気ランキング、年収診断もチェックすることができるぞ!
転職エージェントの口コミ・評判比較 転職ファインダー

あなたにオススメの記事

転職の成功にプロの力を

リクルートエージェントとリクナビネクストの違いとそれぞれの評判

転職の成功にプロの力を

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

Special

リクナビNEXTのグッドポイント診断を試してみた ~鈴木さん編~

4200人の年収アップ額も大公開

30代の転職実態調査!年収アップ成功率と転職活動重要ポイント

4200人の年収アップ額も大公開

20代の転職実態調査!体験記から見えてくる転職メリットとリスク

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る