なんとしても参加したいインターンシップ!受かる志望動機の書き方

2017.1.30 公開 | 2017.5.15 更新

re_pixta_「インターンシップ 志望動機」26361538_L

インターンシップに応募する際の目的と、志望動機の書き方をまとめました。 これからインターンシップに参加したい方、応募しているけど、選考が通らない方向けに、志望動機の書き方をご紹介します。


インターンシップは、学生が企業に短期間もしくは長期間、実際の仕事をする事で経験を積むことができるトレーニングの場です。
就職活動中の糧となるほか、内定に直結するものもあるため、インターンシップに参加したいと考える人も多いのではないでしょうか?

しかし、参加するためには、エントリーシートを提出し、合格しなければなりません。

その際に必要な志望動機は何を書いたら良いでしょうか。
ここでは、インターンシップの目的を理解したうえで、志望動機を書いていくための方法をご紹介します。

インターンシップの目的は成長と職場体験

そもそも、インターンシップで経験できる事は何でしょうか
インターンシップは自分を成長させるためと、仕事を体験するための2つがあります。

1つ目の成長に関して、自分の実現したい事や、身に着けたいスキル獲得にはインターンをする事が手っ取り早いです。

例えば、ウェブサイトを作りたいという目標があれば、そのためにはウェブサイトを構築するプログラミングスキルが必要です。

プログラミンスキルを成長させるためには、ウェブサイト制作を主としている企業でインターンをし、身に着ける方法がとても有効的だからです。

また、インターンは働く事とは一体どういう事かを知る機会でもあります。

職場で働いている社員さんを見て、学生を卒業し社会人になった時に、あらかじめイメージを持っていれば、働きやすいでしょう。

このように自分を成長させる事、職場を知る事を目的としてインターンシップに参加し、将来のキャリアプランに役立てましょう。

インターンシップを採用する企業の目的

一方でインターンシップを採用する企業側の目的もあります。
それは、成長機会を提供したい事と、自社の選考も兼ねている事の2つです。

成長機会を提供したい

企業がインターンシップを開催する目的の1つに、学生の成長のために有効活用してもらいたいと思っています。

インターンをする事で、自分の課題や実現したい事を見つけるきっかけを提供し、働きながら、自分磨きの場を提供する企業もありますので覚えておきましょう。

選考も兼ねている

企業がインターンを採用するもう一つの考えとして、新卒の選考も兼ねている場合があります。
なぜなら、インターンは参加する学生の実際の働きぶりを見て、自社で今後も働いてくれる人材を見つけ出す有効な方法だからです。

そのため、学生はインターンを希望するのであれば、選考の評価に含まれている事を意識しましょう。

志望動機を上手く作るコツ

それでは学生がインターンをする目的と、企業がインターンを募集する目的を意識しつつ、志望動機を書いてみましょう。

志望動機では、企業に自分をアピールする必要があります。
なぜなら企業は、なぜ自社で働きたいのかを知りたいからです。

そのため、インターンで合格するには、志望動機で明確に伝わる書き方をする必要があります。
では、どのように書いていけば良いでしょうか。

明確に伝えるために論理的に書く

志望動機で、何をしたいかを明確に伝えるには、文の内容が論理的である必要があります。
論理的とは、話の筋が通っているということです。

そのためには、結論を最初に言って、その意見を支える具体的な理由を書く事で、話の筋を通す事ができます。

ここでは結論を先に述べ、それを支える具体的な理由を、例を交えて解説します。

書き方例

私は将来ウェブサイトを作って、たくさんの人に自分のサービスを使ってもらいたいです。
そのためには2つが必要です。

それは、プログラミングスキルの向上と、御社のウェブサービスに根付いているデザインの考え方を学ぶ事です。

プログラミングスキルの向上について、私は、高校時代に将来何になりたいのかの悩んでおりました。
そのため自分が達成したい事は特にありませんでした。

ですが、○○というサイトを見て、自分の人生が変わりました。
自分もこのようなウェブサービスを作って同じ思いをしている人を変えたいと思い、独学でプログラミングを学んできました。

そして将来○○を超えるために、より実践的なプログラミングスキルを向上したいと思っております。

また、御社のサイトで採用しているデザインの手法を学びたいです。

御社の△△というサービスで使われているデザインには、とても感銘を受け自分のサイト構築に役立てたいと思っています。

そのため御社の△△をどのようにして開発していくのかを実際に働く事で知りたいです。

ですので、私は自分の作りたいサイト作成を目的として、プログラミングスキルを向上しつつ、御社でデザインを学び、一緒に開発に参加したいです。

論理性をマスターすることが第一歩

いかがでしたでしょうか。
インターンシップにおける学生、企業の目的と、志望動機の具体的な書き方についてご紹介しました。

ぜひ、論理性のある志望動機を書いてみてください

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る