人間関係で使える心理学3選

2017.2.15 公開 | 2017.5.2 更新

Happy married couple solved their problems with help of psychologist. They are embracing and smiling

あなたは 人間関係を良くしたいときに何をしていますか? 心理学は、日常やビジネスおいても使える考え方なので、勉強しておくと便利です。 ここでは、人間関係で使える、好意の返報性、両面提示の効果、ランチョンテクニックの3つの考え方をご紹介します。

あなたは「職場の人間関係を良くしたい」、「人間心理を利用してうまく交渉を進めたい」、と思ったことはありませんか?

実は、日常生活やビジネスの場の人間関係の改善に役立つ心理学は意外とたくさんあるものです。

そこで、今回は、人間関係で使える心理学を3つ厳選しご紹介します。

「人間関係で使える心理学3選」を読むことで、人間関係の向上や交渉で使える心理学がわかります。心理学を勉強することが初めての方でも比較的簡単に実践できる内容なので、ぜひ試してみてください。

人間関係で使える心理学3選

ここでは、人間関係で使える心理学を3つ紹介します。

好意の返報性

好意の返報性とは、お互いの好意のバランスを取ろうとすることを言います。
例えば、相手から行為を受けた場合は、自分も好意を持つ、相手を好きになれば、自分も好きになってもらえるという心理が働きます。

好意の返報性はビジネスの場でも使われることがあります。

例えば、化粧品の無料の試供品などがそれに当たります。
試供品を使って製品の良さをアピールすることが、目的ですが同時に好意の返報性も働いています。

無料の贈り物をもらったと思ったお客さんは、無意識のうちにその商品に好意を
いだいていることも多いです。

実例を見てみましょう。
実際に好意の返報性を利用して短期間で急成長した企業があります。

アメリカの日用品販売会社のアムウェイ社です。
アムウェイ社は試供品を無償で1日~3日の間、提供しました。

試供品を試したお客様は気づかないうちに、商品に好意を抱き、購入していたといいます。
これが好意の返報性の効果です。

人間関係においても、まず自分が相手に好意を持ちましょう。
そうすることで相手も自分に対して好意を返してくれるかもしれません。

両面提示の効果

両面提示とは、良い面、悪い面を伝えることで、信用してもらいやすくなる効果を言います。
というのも、人間は良い面ばかり強調され、悪い面を言われないと警戒しやすいからです。

自分に都合のいいことばかり言われると、裏があるのではないか、そんないい話あるわけないのではないか、と不安になります。
よって、営業などの現場でも良い面と悪い面の両面をしっかり提示することで、人間関を築き信頼を得ましょう。

片面提示の例

わが社の格安SIMは、他社よりも料金が安く、ポイントもたまりやすい上に、通話料も他社の半額で提供出来ます。

両面提示の例

わが社の格安SIMは、他社と比べて料金は安いです
しかし、通信速度はやや劣ります

ランチョンテクニック

ランチョンテクニックとは、食事をしながら交渉をする方法です。
食事をしながら交渉することで、こちらの要望の受託率が上がるとされています。

というのも、楽しい食事は、食事している相手や会話の内容にも良い印象を与えるためです。

また、純粋に食事を楽しみたいというポジティブな心理が働き、親密になりやすいです。

ランチョンテクニック実践のポイント

・定期的に食事会を開こう
ビジネスの場でだけでは、なかなか親睦を深めるのは難しいこともあります。

そんな時は、親睦を深めたい顧客を招き、食事をしながら話してみましょう。
食事の場で築いた人間関係は、そのままあなたの信頼につながります。

・顧客の好みをリサーチしよう
顧客の好みをリサーチすることは大切です。

誰でも自分の好きなものを食べているときは、気分が良いものです。
好みをあらかじめリサーチし、好感度をアップさせましょう。

まとめ

ここでご紹介している「人間関係で使える心理学3選」を読んで頂くと、人間関係を良好にするための心理学が理解できます。最後に、それぞれの要素をもう一度確認しておきましょう。

①好意の返報性:お互いの好意のバランスを取ろうとすること

②両面提示の効果:良い面、悪い面を伝えることで、信用してもらいやすくなる効果

③ランチョンテクニック:食事をしながら交渉することで、要望の受託率が上げるテクニック

心理学を初めて勉強する方でも、簡単に取り入れることができるので、ぜひ、ここでご紹介した「人間関係で使える心理学3選」を試してみてください。
普段の日常やビジネスの場でも使えるので便利です。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る