今の時期何する?やるべきことが見える就職活動のスケジュール【2018年卒版】

2017.1.21 公開 | 2017.1.26 更新

re_pixta_21875842_L

就職活動において、スケジュール感をつかむことは大切です。 ここでは、2018年度卒の就職活動におけるスケジュールリングと各フェーズのポイントを説明します。

就職活動において、就活スケジュールの管理は必須です。

なぜなら、どの時期にどんなことをやるべきか知っていたほうが、就職活動をより有利に進めることが出来るからです。

そこで今回は、これから就職活動する人に向けて「2018年度卒の就活のスケジュールと各フェーズのポイント」を詳しくご紹介します。

今あなたがすべきこと【時系列順】

サマーインターンシップ:2016年6月~9月

多くの企業は、早い時期から就職活動のために動き出す学生に合わせて、サマーインターンシップを実施しています。

内定に直結するインターンシップも数多くあります。
また、このタイミングで選考に参加できれば就職活動にも大いに役立ちますので、ぜひ挑戦してみてください。

さらに、サマーインターンシップに力を入れている企業も多く、冬にインターンシップを実施しない企業もあるので、気になる企業や業界のインターンシップは早めにチェックしておきましょう。

選考通過難易度が高い?

サマーインターンシップは、全国の優秀層が一気に選考に参加するため選考通過の難易度が高いと言われています。

万が一、サマーインターンシップの選考で落ちてしまったとしても、随時募集している企業もあれば、ウィンターインターンシップを開催する企業もあるので、そちらに向けて頑張りましょう。

ウィンターインターンシップ:2016年10月~2017年2月

サマーインターンシップで優秀層が抜けているため、比較的選考にはうかりやすいと言われています。
また、サマーインターンシップも同様ですが、選考に直結することもあるのでしっかり準備して臨みましょう。

自己分析:2016年6月~2017年2月

自己分析は、自分を客観的に見つめ直すことです。

企業は新卒採用を行うにあたり、エントリーシートや面接を通して、あなたという人間を知ろうとします。

以下に客観的に、自分のことを話せるか。
また、採用担当者が納得するだけの、事実に基づく根拠を話せるようにしておく必要があります。

自分はどういう人間なのか、何かを選択するときどんなことを重視し、基準とするのか。
いままでの過去の特徴的な行動を洗い出し、振り返りながら分析してみましょう。

簡単にわかりそうで、意外と自分の潜在的意識に気づくのが難しいものです。

さらに、自分を説明するときだけでなく、企業を選ぶときにも、この自己分析がカギとなってきます。

自己分析をしっかりして、自分の軸をしっかり持つことで、自信を持って選べるはずです。

業界研究:2016年10月~2017年2月

業界研究のポイントは、下記のとおりです。

・業界全体が伸びているか。
・これから需要はあるか?

自分の志望する業界選びにも、志望する業界を知るためにも、業界研究はしっかりと行っておきましょう。

職種研究:2016年10月~2017年2月

職種研究は、入社したい会社の人事または社員に直接聞くことをお勧めします。

なぜなら、一般的な職種を調べたとしても、それが必ずしも志望会社の職種に当てはまらないことがあるからです。

企業研究:2016年10月~2017年2月

就職活動において、企業研究は大変重要です。

企業研究のポイントは以下の通りです。

・企業理念や社風
⇒自分の志向とマッチするかをチェック

・事業内容
⇒自分の今後やりたいこととマッチするかチェック

・今後の事業戦略
⇒方向性の転換予定がないかをチェック

・業界内競合との比較
⇒企業規模の把握や選考中の質問対策

・企業にまつわる近々のニュース
⇒面接対策(企業のことをよく知っておく)

エントリー:2017年3月~5月

いよいよ、エントリー開始です。

ここでは登録した就活サイト通じて、志望企業にエントリーします。
企業によってエントリー時期や締切が異なるので、時期を逃さないように気をつけましょう。

企業説明会:2017年3月~5月

企業説明会は、本当に行きたい会社に絞っていきましょう。

理由は以下の通りです。

・説明会が被るかもしれない
・絞ることで、行きたい会社の対策に時間をさける

ES対策:2017年4月~6月

ESでは、あなたが自分の会社にマッチするか見ています。

よく出る質問は「学生時代一番頑張ったことはなんですか?」「入社して何がしたいですか?」「3年、5年、10年後何がしたいですか?」「自分の強みはなんですか?」などがあります。

筆記試験・SPI・WEBテスト、面接対策:2017年4月~9月

この時期は試験や面接の対策を行いましょう。

筆記試験・SPI・WEBテストは、企業によって様々です。

市販で売っている、試験対策本には、企業ごとに何の試験が出題されたかわかるものもあるので、参考にしましょう。

面接で聞かれる質問なども、基本的な質問以外は企業や採用担当者によっても変わってきますので、自分の発言に一貫性を持たせられるよう、自己分析で自分の軸をしっかり定めておく必要があります。

また、みんなの就活サイトなどを活用し、試験の情報を調べるのも有効です。

内々定:2017年7月~9月

年々内々定を出す時期は、はやまってきていますが、この時期くらいには内々定が出る傾向にあります。

まとめ

ここでご紹介している「2018年度の就活のスケジュールと各フェーズのポイント」を見て頂くと、就活の傾向がわかり、就職活動のスケジュールが立てやすくなります。
最後に、それぞれの時期をもう一度確認しておきましょう。

• サマーインターンシップ:2016年6月~9月
• ウィンターインターンシップ:2016年10月~2017年2月
• 自己分析:2016年6月~2017年2月
• 業界研究:2016年10月~2017年2月
• 職種研究:2016年10月~2017年2月
• 企業研究:2016年10月~2017年2月
• エントリー:2017年3月~5月
• 企業説明会:2017年3月~5月
• ES対策:2017年4月~6月
• 筆記試験:2017年6月~9月
• 面接:2017年6月~9月
• 内々定:2017年7月~9月

就職活動の時期はひとによって異なりますが、ぜひここでご紹介したスケジュールを参考にしてみください。

なかなか、思い通りにいかないこともあるかもしれませんが、ある程度就活のスケジュール感をつかむことで、就職活動を有利に進めることが出来るでしょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る