最終面接対策!よく出る質問とNG対応、評価を上げる逆質問とは?

2017.1.15 公開 | 2017.3.7 更新

re_pixta_最終面接9331578_L

企業の最終面接では、今までの面接とは少し異なります。そこで一般によく聞かれる質問と対策、注意点、評価を上げる対応と逆質問の3つに分けてご紹介します。

最終面接は企業と就活生との最終確認の場です。
最終面接は意思確認の場と勘違いされている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、落とされる確率は少なからずあるのです。
どんな人が内定をもらえ、どんな人が落ちるのか気になりますよね。
そこで最終面接で聞かれる質問、注意点、評価を上げるための対策をご紹介します。

最終面接でよく聞かれる質問集

ここでは最終面接でよく聞かれる質問を例に、自分で解答を準備しておきましょう。
入社意欲の有無や将来のビジョンを基に、自分と企業がいかに合っているかを答える事ができれば、内定に1歩近づきます。

入社意欲の有無を聞かれる質問例

最終面接は、企業と就活生が最後のコンタクトを取る場です。
そのため企業への入社意志を確認するための質問が投げかけられます。

具体的な例を基に入社意志をしっかりと伝えるために解答を準備しておきましょう。

入社意欲を問われる質問例

1.内定を出したら他企業の内定は取り消しますか?
2.当社が第一志望ですか?
3.当社が内定を出したら選考は全て辞退しますか?
4.当社は何番目に入社希望ですか?

ここで曖昧な解答をしてしまうと、企業がせっかく内定を出そうと思ったのに取り消してしまうという事がありますので注意しましょう。

将来のビジョンを聞かれる質問例

将来のビジョンや入社後に何をしたいかを聞かれる場合があります。
これは自分が将来どうなっていたいか、そのうえで会社にどんな貢献ができるかを聞きたいのです。

会社の目標と将来の自分の目標が近ければ近いほど会社に合っている事になり、企業もあなたがほしいという人材になるでしょう。

将来のビジョンを聞かれる質問例

1.あなたの将来の目標は何ですか?
2.近い将来どのような仕事をしたいですか?
3.あなたの10年後の目標を教えてください?
4.当社でどんな事に貢献できますか?

最終面接でも落とされる?これだけは注意しておきたい対応と質問集

最終面接もいわば評価に入る大事な面接です。
なぜなら企業はこれまで就活生に多大な時間とコストをかけているため、最終面接でも落とされる可能性は十分にあります。

そこで注意しておきたい事や心掛けておく事を前提にした対応の仕方をご紹介します。

関係のない雑談はしない

最終面接だからといって安心してはいけません。
最終面接は条件や希望など、すり合わせの時間である場合もあれば、評価する場合もあるため、関係のない雑談をするのは控えましょう。

最後まで気を引き締めて臨む事をお勧めします。

最終面接で聞く必要のない質問例

内定後に話す内容を聞く必要はありません。
一つでも面接官の評価を上げるために、自分の魅力を最大限伝える時間にする事を心掛けましょう。

最終面接で聞く必要のない質問例とその理由

1.給与はどれくらいですか?
(企業のHPや説明会で聞くべきであるため)

2.どんな所で働かせてくれますか?
(入社後の適性で判断するため)

3.出勤時間はどんな感じですか?
(企業の募集要項で勤務体系を確認できるため)

4.勤務先はどこですか?
(入社後の配属部署によって変わるため)

面接官からの評価を上げるための対応と逆質問集

最終面接では最後に「何か一言ありますか?」、「質問はありますか?」など逆質問をする機会が設けられる事があります。
その時に自分の聞きたいことを聞くのも良いですが、社長や役員にもうひと押し気持ちをぶつけてみるのも大事です。

自分が会社に貢献できる事をアピール

これまでの面接を基に自分の熱意や会社に貢献できる事を逆質問で前面にアピールしましょう。

最終面接が自分の魅力を伝える最後の機会です。
悔いのないような時間にするために、もう一度自分の魅力や会社に貢献できる事を見直すと良いでしょう。

最終面接で面接官をグッとさせる逆質問例

最終面接は基本社長や役員が対応する企業が多いと思います。
よって企業のトップが自分の時間を割いて対応していただいている事を忘れてはいけません。

また最終面接は自分が評価される立場ではありますが、会社の創業期の頃やなぜ事業を立ち上げたいと思ったか、社長や役員の方にしか分からない事などを聞ける貴重な時間でもあります。

思い切って聞いてみる事で自分の考えと合っているかを判断する事もできます。

グッとくる逆質問例

1.今までで一番苦労されたお仕事は何ですか?
2.なぜこの事業をやろうと思われたのですか?
3.創業期と現在の事業展開を比べてみてどんな事を経験できましたか?
4.将来会社は何を目指していますか?

有意義な時間を過ごすための準備が大切

いかがでしたでしょうか。
最終面接で聞かれる事は企業によって異なります。

今回は入社意欲や、将来を聞かれる一般的な質問、NGな対応、そして評価を上げるための質問などをご紹介しました。
自分にとって有益な時間を過ごせるよう、しっかりと準備をして面接を迎えましょう。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る