要注意!ブラック企業の特徴と体験談まとめ

2017.2.22 公開

re_pixta_19864122_L

今やメディアで取り上げられるほど問題視されているブラック企業の体験談をお伝えします。ブラック企業を避けるために、体験談をみておきましょう。

今やテレビや雑誌でも取り上げられるほど問題視されているブラック企業。

でもそもそもどんな企業がブラックなのでしょうか?
今日はブラック企業の特徴と、体験談をご紹介します。

ブラック企業の特徴とは

常に求人を募集している

求人を出しているということは当然ながら人手が足りていないということです。

ブラック企業ではその労働環境に耐えられず辞めて人が多いため、人の入れ替わりが沢山行われています。

ハローワークの人に聞いてみると案外教えてもらえますので、積極的に質問してみましょう。
「ここは毎月のように出している」、「入れ替わりがすごく激しい」等、露骨にブラック企業とは言わないものの、さりげなく教えてもらえることがありますよ。

また、募集をかけても人が集まらないということも考えられるでしょう。
そのため常に求人を出していると感じた企業には応募しない方がいいかもしれませんね。

精神論が横行している

ブラック企業では精神論で社員たちに無理な労働をさせているところが多いです。
「やりがいのある仕事」、「頑張ればできる」、「やる気が大事」等、努力や気合、情熱といったものばかりを一番として無理を強いてきます。

こういったところにいる場合、自身が成果を上げられない時に「自分の力不足だ」と考えてしまいがちですが、実際のところそれだけが原因ではありません。

指導力不足であったり、マニュアルがしっかりしていなかったりと上にも何かしらの問題が生じている可能性があるからです。

こういったものも確かに大事かもしれませんが、具体的なものがほとんど語られないような企業は避けた方が良いでしょう。

パワハラやモラハラが多い

気に食わない、やり方についていけない社員に対しては、パワハラによるいじめをする上司がいるのもブラック企業の特徴と言えるでしょう。

「使えない」「給料払う価値もない」「会社辞めてしまえ」等、とてもひどい暴言を吐き捨てたり、時には叱る際に暴力を振るってきたりする人もいます。

上司だけでなく、同僚や部下などから、立場に関係なくモラハラを受けることもあります。
無視、陰口、わざとらしい溜息や嘲笑など、どれも精神的にとてもつらいものばかりです。

ブラック企業の体験

特徴だけでもゾッとするようなものばかりですよね。
上記のようなものだけでなく、それ以外でもまだまだブラック企業には大変な労働環境が存在しているのです。

次は体験談でご紹介します。

体験談1.休みが取れない!

流行だったベンチャー企業に入社したAさん。
インターンシップを経て、若い社員が企業の多くを占めていて若々しく活気ある社風と、人事の人の明るい印象に魅力を感じたからです。

しかし入社してからは、想像を絶する激務に加え、休みなんて殆ど無いような日々でした。
有給を取ろうなんて考えはもってのほかです。

ある日、他の社員の人が高熱で会社を休んでしまいました。
その際にAさんの上司や周りの人は「熱で休めるなんていいな」、「あの人は微熱でも頑張っているのに」と話していたそうです。

本来であれば、部下の体調を思いやって、管理するのも上司の仕事ですが、Aさんが入社した企業はその上司もまた仕事に追われていたため、そこまで管理できる余裕が無かったのでした。

体験談2.終電が当たり前!

ブラック企業と言われていた会社に、Kさんは「のんびりとしている会社よりも多少の苦労があるほうがいい!」と思い入社しました。

Kさんは営業部に配属され、その労働環境はというと噂通りのブラック企業で、毎日終電は当たり前、時間外労働は自身の勉強のためということで賃金が出ない、つまりサービス残業というとても劣悪なものでした。

普通なら遅いと考えるような時間でも、終電よりも前の電車で帰れる日はとてもうれしいと感じてしまうほど感覚がマヒしていたそうです。

営業で成果があげられなければ「成果を出していないのにもう帰るのか」と圧迫され、そうでない日も「より成果をあげるため勉強すべき」と結局残業させられていました。

このままでは身体的にも精神的にもおかしくなってしまうと思ったKさんは、迷うことなく退職の道を選んだそうです。

体験談3.人がどんどんやめていく!

とある人材派遣会社に勤務しているUさん。
ここは毎年新人や勤めて半年ほどの人間が次々と辞めていってしまいます。

なんと1年で10人以上が退職した年もあったのです。
派遣会社ということもあって、担当者が次々に変わることに不安や違和感を抱き、離れていく利用者も少なくありませんでした。

「ここは地獄」「やっていけない」など、辞めていく人の理由をこっそり聞くたびにUさんも「自分もこのままこの企業に居続けて本当にいいのだろうか」と不安になるそうです。

最後に

さまざまな形のブラック企業がありますが、その定義はまだまだ曖昧です。
そしてその定義が曖昧な限り、ブラック企業が完全に無くなる日は来ないでしょう。

ブラック企業に入らないために、現段階では自衛することがとても大事になってきます。
ブラック企業の特徴は今回ご紹介したもの以外でもまだまだあるのです。

それらを把握し、求人を見たときにある程度見極められるようになることが大切ですので、情報収集を怠らないようにしましょうね。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る