【就活中の疑問】自己紹介と自己PRの違いと自己紹介のコツ

2017.2.26 公開

re_pixta_22013671_L

この記事では就活での自己紹介について解説しています。自己紹介は第一印象を決めるので内定を得るためには非常に重要です。自己紹介のポイントをおさえて内定へグッと近づきましょう。

面接で最初に求められることといえば自己紹介ですよね。

しかし、自己紹介はどこまで話すべきか迷ったことはありませんか?
今回はそんな疑問にお答えします。

適切な自己紹介をすることができれば、面接での第一印象を良くすることができます。
ぜひこの記事で適切な自己紹介をできるようになってください。

面接で求められる自己紹介とは

自己紹介は面接で最初に求められる質問の1つです。
まずは、自己紹介がどれだけ重要なことかということをみなさんに理解してもらおうと思います。

第一印象を決める

一見、簡単なようにも感じますが、自己紹介は意外と重要なポイントです。
なぜなら、自己紹介がその人の印象を大きく左右するからです

人の印象は第一印象によるところが大きくなります。
つまり、面接では自己紹介がみなさんの最初の印象を決めると言っても過言ではありません。

第一印象を好印象にすることができれば、その後の面接の展開も有利に進めることができます。

自己PRとは差別化が必要

自己紹介はあくまで面接の導入に過ぎませんので、自己PRのように長々と話す必要はありません。
面接官から求められているのは、学生の基本的な情報を伝えることです。

面接官に求められていない部分まで話してしまう学生もたまにいますが、かえって印象を落とす可能性もありますので気を付けましょう。

自己紹介のポイント

自己紹介の重要性や自己PRとの違いが理解できたところで、自己紹介で面接を好印象かつスムーズに進めるためのポイントをご紹介します。
基本的なポイントとして、笑顔やきれいな姿勢は必ず心がけましょう。

加えて、この章では特に押さえておいてほしいポイントをご紹介します。
好印象を得るためにも、まずは自分の印象を落とさないことが重要です。

また、面接で自己紹介後の流れをスムーズにさせるために、自分に興味を持ってくれるような一言を添えるといいです。

それでは、具体的に解説します。

話す時間は1分

まずは、自己紹介を1分前後に収めましょう。
あまり話しすぎないことが重要です。

1分前後であれば文字数としては300字くらいですので、一度台本を作ってみるのもよいかもしれません。

しかし、丸暗記になってしまっては印象を落とす可能性がありますので、家で何度か練習をしてみましょう。

鏡に向かって自己紹介をすると、自分がどういう風に見えているかも見えるので効果的です。

また、後で自己紹介の項目をご紹介しますが、それぞれの項目について詳しく語る必要はありません。

それぞれの項目について一言で収めるくらいが丁度いいです。

むしろ、長々と話してしまうと、質問の意図がわかっていないとして印象を落としてしまいかねません。

面接官が聞きたくなる要素を入れる

自己紹介の中に後の面接の流れで面接官につっこんで欲しい要素をいれておくとよいです。

例えば、自己PRに関する学業での成果や学外での活動などを入れておけば、自己紹介の段階で面接官の興味と自分のアピールしたい部分を一致させることができます。

自己紹介で興味を持ってもらえば、自己PRや志望動機などを話すときに興味をもって質問をしてもらえますので、自分をアピールするチャンスを自ら作り出すことができます。

自己紹介の適切な項目

それでは具体的にどんな項目を伝えればいいのでしょうか。
以下に基本的なものを挙げてみました。

  • 名前
  • 大学、学部、
  • 専攻やゼミ

これらの項目は必須だと考えてください。
面接官に自分のプロフィールを知ってもらうために必要な情報です。

また、状況に応じて以下の項目を加えるとその後の面接をスムーズに進めることができます。

  • 趣味や特技
  • 企業の魅力
  • 学業での成果や活動
  • 学業以外の成果や活動

これらの項目は追加的な情報ですので、全てについて話す必要はありません。
面接の後の流れの中で興味を持って欲しい箇所について、1つか2つか程で構いません。

最後に

以上が適切な自己紹介に関することです。
場合によっては、面接官から時間や内容の指定を受けることもありますので、その場合には臨機応変に対応してください。

しかし、重要なことは変わりません。

  • 話しすぎないこと
  • 自分に興味を持ってもらうこと

以上の2点をおさえて自己紹介をしてみてください。

必ず第一印象を良くすることができます。
第一印象が良くなれば内定への道もぐっと近づくのではないでしょうか。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る