人間関係が上手くいかない原因とは?その対処法と注意点を大公開!

2017.5.24 公開 | 2017.5.25 更新

re_pixta_18993698_L

人間関係がうまくいかない人は、どのような特徴があるのでしょうか? ここでは人間関係がうまくいかない原因や、改善方法を紹介していきます。

多くの人が悩んでいるのが人間関係です。
どこに行ってもうまくいかないのは、もしかしたら自分自身に原因があるのかもしれません。

人間関係がうまくいかない人は、どのような特徴があるのでしょうか?
ここでは人間関係がうまくいかない原因や、改善方法を紹介していきます。

人間関係がうまくいかない原因

苦手意識をもっている

人間関係がうまくいかない人ほど苦手意識を頭の中で働かせてしまいます。
無意識に人と会うのを避けてしまったり、どうせ自分には無理と決めつけてしまっているのです。

人間関係に苦手意識を持っているのは過去の経験からきている場合が非常に多いです。

苦手意識を持っていると、相手に対して自分の本音が伝わりにくいので人間関係が上手くいかない方が多いです。
苦手ということを認めてあげると、自分に素直になれるでしょう。

まずは苦手意識がある事を認めてあげることが必要です。

常に相手の顔を伺い、様子を見ている

相手の顔を伺ってしまったり、様子をみていると自分らしさを出せずに人前でも堂々とした態度が取れなくなってしまいます。

相手の言動を気にしてしまうと、相手のことをを信用しにくくなってしまいます。

相手の対応を伺うことは円滑な人間関係を築くのには大事なことですが、相手の顔色を伺いすぎると、人と話すのが臆病になり、いつまでたっても自分を出せない状態になってしまいます。

自分の意見ばかりを通し、相手の言うことを聞かない

自分の意見を通すことは悪いことではありませんが、自分の意見を主張しすぎると相手側も疲れてしまいますよね。
周りの状況や相手がどう考えているのかを聞き入れず、自分の意見を押し通すだけでは成り立ちません。

人間関係は、相手が合ってこそという考えを持ち、自分の意見を言うときは、周りのことも考えて発言するといいでしょう。

人はいろいろな価値観を持っています。
自分とは違う価値観を持っている人がいたとしてもそれが正しいことなのか、間違っていることなのか誰にもわからないので、決して自分の意見が全てなのだと決めつけることはできないのです。

自信がなく、自分自身のことが嫌いな人

自分に自信がない人は、人間関係がうまくいかないものです。
自分に自信が無いことで、相手より優位に立とうとして上から目線になったり、相手の意見を聞き入れることができなかったりします。

そのため、まずは自分を好きになる事から始めていく必要があります。

自分を好きになり、自信を持つことができると、相手に対して心の余裕も持って接することができます。
また、自分の伝えたいことや本音も堂々と伝えることができるようになります。

相手は、本音を伝えてくれる人だと感じると、心を開きやすくなるでしょう。

人間関係を改善する方法

自分の考え方を見直す

人間関係がうまくいかない場合、周りのせいにしてしまって孤立しているという状況が考えられますが少なからず自分にも非があります。

まずは自分にも非があることを認めましょう。

例えば、人のうわさ話や悪口を言っていた・自慢話や嘘をついたり仕事をサボったりしていたなど他の人から顰蹙(ひんしゅく)を買ってしまうような行為はいくらでもあります。

確かにこういった行為は誰でもしていることだと思います。
なんで自分だけが、と思うかもしれませんがやらないに越したことはないのでできるだけこのような行為はしないようにすると良いでしょう。

悪口などは、聞いている側を不快な気分にさせてしまい、あなたに対して心を開いてくれなくなってしまう可能性があります。
自慢話は嫉妬や反感を買ってしまうので人間関係に大きく響くトラブルのもとになってしまうでしょう。

気づかない間に、人の気分を害してしまうような行為や周りから嫌われてしまうようなことをしてはいませんか。

相手の気持ちをしっかり考える

相手の気持ちをしっかり考えて発言したり行動することは大切です。
人間関係とは二人以上の人間同士の関わりのことなのでお互いが思いやって譲り合ってこそうまく成り立ちます。

しかし、それを独りよがりになって自分の欲求や意見を他人に押し付けてしまってはうまくいかなくなってしまうのも納得でしょう。

これは人間関係がうまくいかなくなってくると他人と関わりがなくなってくるので独りよがりになってしまいがちなので、注意をする必要があります。

まずは相手の気持ちを考えて思いやることから始めてみましょう。

誰にでもいい顔をしすぎない

八方美人というのは時に職場では必要なスキルになってきますが、やりすぎてしまうと嫌われてしまいます。

誰に対してもいい顔をし、自分の意見が無い人だと思われてしまうと、信用されません。

また、自分の発言に矛盾が発生した場合は、相手の反感を買ってしまう可能性もあります。

人間関係で気を付けるべきポイント

相手の話をしっかりと聞いてあげる

相手の話をしっかり聞いてあげることが必要です。
興味を示して、相手の話を促進するようなフレーズを会話に盛り込んであげましょう。
それだけで、相手はあなたに対して非常に話やすくなるでしょう。

相手の言葉に共感する

共感を得ることを目的として会話をする人は決して少なくありません。
悩みを打ち明けているのか悩みを相談しているのかを捉え間違えると大変なことになります。

悩みを打ちあけている時は、相手は聞いてもらいたい、ただ共感してもらいたいという状況だと考えて下さい。
ここで相手を否定する発言をしたり、解決策のようなものをいくつか提示してしまうと、相手に、「聞いてもらえなかった」や「そこまで求めてない」といった感情にさせてしまいます。

そのため、共感を意識して、まずは相槌を打つようにしたり、共感していることを意識した言葉をかけてあげることが大切です。

会議の場合でも共感できる部分を探してそこを強調すればお互いに聞く姿勢を整えやすくなります。

仕事の人間関係を築くために

仕事の中であなた自身が成長することが、必要不可欠です。
誰もが人間関係に悩むものです。

人間関係の壁にぶつかるたびに、一つ一つ解決していきましょう。
また、職場での人間関係に悩みを持っている人は非常に多いのですが、良い人間関係を築くことができている人は最高によい環境に身を置いていると考えるべきです。

転職ファインダー

キャラクター紹介キャラクター紹介

転職ファインダマン

転職ファインダマン
転職エージェント研究所の所長。転職のことなら何でも知ってる。おせっかい。

助手

助手
ファインダマンの助手。元大手企業の人事担当。冷静。たまに読者に喋りかける。

鈴木 一郎

鈴木 一郎
転職活動中のサラリーマン。転職の悩みを毎回研究所に持ってくる。

ピックアップピックアップ記事

プロと転職成功者の体験談から導く!転職活動で成功する人と失敗する人の違い

【転職の疑問を解決!】転職エージェントが無料の理由

登録前にチェック!転職エージェント利用メリットとデメリット

おまとめ記事転職まとめ記事

転職ファインダー

トップへ戻る
トップへ戻る